【空気清浄機】Xiaomi「Pro Air Purifier for Home」の使用感レビュー バルミューダ超えの驚異的な浄化力、わずか1時間で汚れが500→2に!

Xiaomiといえば廉価版で高品質のイヤフォンや携帯電話などですっかりおなじみですが、白物家電も様々販売しています。

基本的には他者製品を模倣して安く販売する、というのが同社の戦略のようで、例えば携帯ならiPhone系に対するMi MIXや、カメラならGo Proに対する Yi Camera、その他数え切れないほど、商品を似せて来ています。

それでいて価格が安いのですが、その理由としては、代理店販売を行わないということも挙げられるかと思います。中間コストを排除し、直接販売するため、価格が抑えられるというわけです。

さて、今回は空気清浄機についてレビューしたいと思います。

商品名は「Xiaomi Pro Air Purifier for Home」。シャオミ製空気清浄機の最上位モデルとなります。

Xiaomi Pro Air Purifier for Home

同商品は、バルミューダの空気清浄機「AirEngine(エア エンジン)EJT-1100SD-WK」とスペックを非常に寄せ、そしてそれを上回る性能を実現した商品です。

シャオミの空気清浄機としてよく売れているのは、Original Xiaomi Smart Mi Air Purifierという、日本円にして15,000円のモデルです。

こちらは小型でありながら、適用床面積が37㎡となっており、リビングなどでは十分ですが、最も強力とも目されているバルミューダの空気清浄機の適用面積である60㎡には及びません。

最上位モデルの「Xiaomi Pro Air Purifier for Home」は60㎡対応と、バルミューダ製のものとほぼ同じ性能を持っています。

比較表

メーカー バルミューダ シャオミ
商品名 AirEngine EIT 1100SD  Smart Mi Air Purifier
価格 49,798円(税込) 43,949円(税込)
適用床面積 ~60㎡ ~60㎡
最大浄化能力 396㎥ 500㎥
本体サイズ 250×250×700mm 260×260×735mm
重量 8.0kg 9.7kg
スマホ連携 有(専用アプリ)
液晶表示 温度・湿度・汚染度等
吸い込み 左・右 前・左・右
吐き出し 上部 上部
脱臭機能 有り 有り
フィルター交換 500時間 500時間
生産地 中国 中国

※カタログスペックを参考にしていますので、実際と異なる場合があります。

比較すると、Xiaomiのほうがやや大きく、また最大浄化能力も高いようです。

浄化能力の500㎥/hは、25メートルプールの水量とほぼ同等ですから、その凄さがわかるかと思います。

また液晶表示やスマホ対応など、ユーザーの使い勝手にこだわっている面もあります。

それでいて価格が5,000円も安いというのは、驚きです!

商品外装

商品はGearBestから手配いたしました。

サイズですが、やはり大きいです。重さも10kg近いのでずっしりしています。

そして開封して驚くべきはこのファンの部分。

カタログスペックであまり意識していませんでしたが、ZEPEALのサーキュレーターと比較してもこのサイズ。

パナソニックの空気清浄機「F-VKJ20」と比較すると以下のような感じです。

説明書類

全て中国語で、正直ほとんどわかりません。

ただ、直感的に操作ができるのと、英語のオンラインマニュアルが存在するので、それほど難しくはありません。

基本的には上部のボタン長押しで電源ON、同じボタンでモード切り替え(Auto/夜間静音/高速)を行うだけです。

Wi-Fi接続方法

まずはアプリのダウンロードですが、説明書のQRを読み込めばOKです。

また液晶表示部分に、浄化レベルと温度、湿度が表示されます。

起動すると画面が出てきます。

 

当該製品を追加。

Wi-Fiに接続するパスワードを設定すると、以下のように案内があります。

iPhoneの場合は設定からWi-Fiに移動し、接続先を現在のものから、「zhimi-airpurifuer…」に選択します。

すると同期が始まります。

無事完了するとON/OFFやモード切替、そして浄化具合(サークル内の数値)を確認することができます。

なお一旦Wi-Fi接続先を切り替えましたが、同期が完了すると元の接続先に戻っています。

また本体でもその浄化具合が確認できます。外枠の色は空気の綺麗さ、きれいならば緑汚ければ赤になります。

数値パネルについては、上部数値が汚れの度合い、下部はそれぞれ温度/湿度/運転モードを表しています。

エアフィルタの取替がシンプル

国内メーカーでは、集塵フィルタと脱臭フィルタなどと別々に分かれているものもありますが、このフィルタは三相構造となっており、これだけで完結しています。

つまり取替はこれを外して新しいものにすればいいだけという、非常にシンプルなものとなっています。

2kg近くとボリューム感があり、中国と比較して空気がきれいな日本だと、カタログ値よりも保つかもしれません。

なおフィルタもGearBestで販売されています。

ちなみに通常版のほか、エンハンスドバージョンや、抗菌(アンチバクテリア)バージョンも販売されています。充実していますね~

Original Filter Antibacterial Version for Xiaomi Air Purifier

空気浄化能力は?

バルミューダ社製の空気清浄機ではWファン構造としています。

これは強力な循環器流を乱すことで部屋中の空気を吸込むというものです。

注:画像はバルミューダ社HPより

吸気ファン(下部)と排気ファン(上部)のWファンによる大容量の空気循環を可能とするものです。

Xiaomiも同じ構造をしている上に、吸気ファンの性能がより高いですから、全く同じかこれ以上の効果を期待できます。

使用感レビュー

実際に体感するのも難しいところ……なので、蚊取り線香を炊いてから、動かしてみてその実力をチェックしてみることにしました。

蚊取線香をたく前の数値(汚れ度合い)は31です。

条件を整理しますと、

  • 部屋の広さ:6畳
  • 蚊取線香使用時間:2時間
  • 蚊取線香前の数値:31
  • 蚊取線香使用直後の数値:492
  • 動作モード:Auto

となります。

1時間連続動作をさせてみた

スマホと本体中央部の表示は連動しています。

空気は”汚れている”と判断されています。外枠が赤色になっていますね。

やはり蚊取線香の煙は空気清浄機にとっては、なかなか汚染効果があったようです。

開始時間は(ちょっと見にくいですが)携帯表示の通り19時1分です。

これからどのように数字が変わってゆくでしょうか。

時刻の経過はスマホ画面上部もご参照ください。

1分後

最初は唸り音を上げて動作します。流石に汚れ過ぎと判断したため、ターボでの動作でしょう。

そして、早くも半分になりました。

2分後

更に減少していきます。

3分後

早くも100を切りました。

5分後

64になり、空気清浄具合はグリーンになります。

75あたりを閾値として、色が赤→緑に変わりました。

注:ループ再生です

わずか5分以内でここまでの浄化力……にわかには信じがたくもあります。笑

さらに続けていきます。

12分後

蚊取線香を炊く前の数値(31)を下回りました。

すごい……

約1時間後

なんと2にまで!

ほとんどクリーンになりました!!

肝心の臭いは?

正直に申し上げると、全くなくなったとはいえませんが、体感で9割方軽減されています。

素晴らしい脱臭力を感じるところです。

連続動作をしていたら、3時間足らずでほとんど臭いはなくなることでしょう。

感想

わずか1時間でここまできれいになるとは、流石に凄いと断定していいのではないでしょうか。

悪く言えば中華製なので、数値をそのまま信頼できるかという疑問はあるかもしれませんが、実際に煙を炊いた後の変化ですから、一定の信頼を置いてよいかと思います。

むしろ国産の空気清浄機などではこういった数値での表示がないため、一体どのくらい浄化されたのかがわかりにくかったという側面もあります。

今まで4台ほど、空気清浄機を試してまいりましたが、これまで感じたことのない驚異的な浄化力&脱臭力を目でも鼻でも体感することができました。

この商品はかなりおすすめではないかと思います。

folder

PayPalで買える中国大手サイト、「GearBest」の激安クーポン一覧です。毎日更新しています。

クーポン適用は絶対的にお得!

※GearBestでの購入方法はこちら、当サイトメインレビュー対象のXiaomiカテゴリはこちら

▼クーポンの使い方を動画にしてみました▼

  • アカウント登録方法はこちら
  • 購入方法をじっくりご覧になりたい方はこちら

の記事をご覧ください。

保証規定について

主な保証は

  • 3日間の初期不良保証(送料GearBest負担)
  • 45日間返金保証(送料購入者負担)
  • 1年間修理保証(送料GearBest負担)

と充実!詳細は以下の公式ブログをご参考ください。

http://gearbestjapan.com/gearbest-service/

テック・ゲーム

【リーク】Xiaomi Mi 10まもなくリリースか ギアべストで111万円と価格掲示が!?
新型コロナが中国本土を深刻に蝕んでいる昨今……深圳封鎖の余波はどうなのか? 心配ですが現地より便りが届きました。 新型コロナウィルスで 今 、全国は休暇中となります。 弊社の出勤時間も延期になってしまった。 お手数をかけしてしまうことがあれば、大変申し訳ございません。 これから一緒に頑張りましょう!(^^♪ 今日商品部から新しい製品の発売情報があります。 xiaomiの今年初めての新規スマホーmi 10はまもなく弊社にて発売開始します。 https://www.gearbest.com/sale/ 465322301-465322201/ またよろしくお願いいたします。 ……ということで本来は新春セールの目玉として Xiaomi Mi 10を大々的に売り出したかったところだと思いますが、 ややトーンは抑えられながらの年のはじまりとなりそうです。 販売部によれば”今日”とのことなので、まもなく価格情報も確定してゆくでしょう。

続きを読む

ワイ、xiaomiのmi 9t proを買おうかガチでお悩み中🥺
【Xiaomi】シャオミやらかす!監視カメラ確認しようと思ったら 他人の家の中が映りました グーグル遮断へ
【話題】中国のスマホメーカー「シャオミ」は日本市場で成功するか
【速報】Xiaomi、未来から来たトンデモスマホを発表してしまう ロマンしかねえ…

「Xiaomi」記事をもっと見る