【獣医師不足?】日本には獣医師が足りている?足りていない? その現状について。

加計学園で獣医学部を新設する問題に関連し、獣医師の数が足りているか否かも注目されています。

今回はその現状について簡潔に考察してみたいと思います。

(画像出典:「おはよう朝日です」ABC系列)

獣医師は増えている

1998年には29,643人であった獣医師数ですが、2014年には39,098人に増加しています。

※獣医学部は増加せず

ただし注目したいのが勤務形態の内訳であり、以下の円グラフのようになっています。

比較的均一に分散しているようですが、ペットなどを扱う小動物診療が約4割を占め、1998年から約1.8倍になっています。

公務員獣医師の不足

つまり小動物診療の現場においては、「獣医師は足りている」と主張することはできますが、不足傾向にある分野があります。

その最たるものが、獣医師の公務員枠、公務員獣医師です。

自治体職員として家畜の防疫対策や食肉等の衛生検査を行う重要な役割を果たしており、近年では、鳥インフルエンザや口蹄疫問題に対処することも多く、その重要性が高まっています。

しかし、公務員獣医師の定員を定める自治体の20都道県のうち、12道県で定員に満たない状況にあります。(2012年)

また、最近の報道では、募集定員を下回る自治体も多いことがわかっており、公務員獣医師不足問題は深刻化傾向にあります。

【不足都道府県】

北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、長野県、山梨県、静岡県、石川県、福井県、岐阜県、滋賀県、三重県、大阪府、和歌山県、鳥取県、岡山県、島根県、香川県、徳島県、高知県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、鹿児島県

関連:【読売】足りない!公務員獣医師…自治体は奪い合い(反応まとめ)

実はペットも減少傾向

猫の日などが話題になったりと、ペットが増加傾向に在るかと思いきや、減少傾向にあるのが現実です。

ペットフード協会調べのグラフは以下の通りです。

犬は一方的な減少、また猫までもが2015年を境に減少傾向という状況になっています。

「◯◯離れ」のうち「ペット離れ」も深刻となっているようです。

したがってペットの獣医師は、いずれ余ってしまうという命運が待ち構えています。
そのため既存団体は、これ以上獣医師が増えると働き口の問題に発展するのでは?という懸念があるようです。

北海道大学の喜田教授は、「獣医師の数が足りている現状では、むしろ既存の獣医学部の統合再編で教育の中身を充実させるべき」と話しており、現状の獣医師の数を増加させるのではなく、働き方の内訳を変動させるべきであるというのが一つの考えです。

結論:見方によって足りているとも不足ともとれる

公務員獣医師は不足気味ですが、ペット獣医師は余り気味(になってくる)という現状であり、どちらの見方も誤りとは言い切れません。

公務員獣医師はやはり検疫や、場合によって殺処分等を担当する、非常に重責を担う仕事の種類であるため、同じ獣医師であっても公務員獣医師を目指す方も少ないのはやむを得ないことであるとも考えられます。

ただし、絶対数を増加させることが結果として公務員獣医師の増加につながることなので、獣医学部を新設するということは決して愚策とも言い切れないでしょう。

いずれにしても、特に近年の鳥インフルエンザや口蹄疫対策など、食の根本的安全に直接関係することがらであるため、何らかの方法で公的な獣医師の数を増やすような仕組みづくりは必要であるかと思います。

 

参考になりましたら
いいね!お願いします


ニュース

【南北連絡チャンネル】23ヶ月ぶり、韓国と北朝鮮との間に再開された連絡チャンネルとは?
約2年ぶりに、北朝鮮と韓国との間の連絡チャンネルが再開されました。 これは電話がとFAXが使えることを確認し、南北の担当者が互いに名前を呼び合うものです。 このやり取りがあったのが南北境界線のある板門店です。 【速報】北朝鮮軍兵士1人 韓国に亡命、銃撃なし 連絡チャンネルとは? 「連絡チャンネル」とは、韓国と北朝鮮が軍事的緊張が高まった時に、双方が落とし所を探る手段です。 これは合計42回行われており、板門店には33回線が接続されているということです。 しかしこの回線は2016年2月に通信遮断されました。そのきっかけは、北朝鮮のミサイル実験にあります。 北朝鮮の度重なるミサイル開発の結果、南北経済協力事業である、開城(ケソン)工業団地の稼働停止に至ったのです。 この経済協力事業は、韓国にとっては労働力の取得、北朝鮮にとっても雇用の確保など、両国にとってメリットが大きい事業であったため、経済的損失はどちらにも大きく、この事業が断念されたことは両国にとって大きなわだかまりとなりました。 元はといえば、北朝鮮の独断専行により中止にな

続きを読む

【景気拡大】53ケ月連続の記録更新でバブル超え ― 内閣府「景気動向指数研究会」その概要と真偽・反応は?
【司法妨害】「コミー・メモ」に揺らぐトランプ政権、その経緯と概要、政権交代の可能性もあり?
【被爆事故】茨城の原子力施設の内部被曝事故、概要とJCOとの違い等について
【獣医師不足?】日本には獣医師が足りている?足りていない? その現状について。

「ニュースに関する知識」記事をもっと見る

ニュースに関する知識 人気記事

【裁判員制度】裁判員6割超が辞退、辞退者が増えている理由と課題について。辞退はほぼ任意で可能? 
鬼怒川氾濫に耐えたヘーベルハウス、津波に耐えた一条工務店の家。災害に強い家の特徴とは。
なぜ今?酒類業界が定めるアルコール飲料CMの自主規制について。
「成年」の意味、成人年齢引き下げにおける様々な問題点とは?【2016/1/11】
ミシュラン2016発表!たこ焼き店が11店も掲載される!
桜や桃を食い尽くすクビアカツヤカミキリとは?生態、発見場所や対策方法についてまとめてみました。
機能性表示食品の利点とは何か!?問題点・届出状況について。
九州で絶滅したはずのクマの目撃騒動。フンの分析から判明したその正体はイタチの仲間!?
シェンゲン協定の概要と問題点。パリ同時多発テロを受けて国境管理を復活させる動きも。
LEDランプのメリットやデメリット、LEDの使用例と今後について。2020年以降はLEDしか使えなくなる!?