【漫画】黒谷知也先生『三護さんのガレージセール』感想~ガレージセールでつながるコミュニケーション~

黒谷知也先生の『三護さんのガレージセール』の感想です。
黒谷知也先生は今作以外にも『書店員 波山個間子』や『幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい』があります。

三護さんのガレージセール (バンブーコミックス)
黒谷 知也
竹書房 (2018-10-29)

作品紹介

在宅勤務の林三護さんは、気忙しくない会話を求めて 郊外でガレージセールをはじめました。
旬の果実を収穫したり、おでんやダンスを楽しんだり、 いつしか心惹かれる人がやってきたり…
ここには、都会のひとり暮らしでは得難い交流が 待っていたのです。

在宅勤務の林 三護<はやし さんご>が気兼ねのいらないコミュニケーションを求めて始めたガレージセールを中心に描いた作品です。


今作の主人公の林三護

感想

温かい交流

何かと気忙しい今の時代。
例えば職場での会話は良くしても、プライベートでの会話があまり多くない人も多いのでは。
どうしても職場での会話というものは、上司部下の関係もあり、また話も出世や仕事であったり。
そんな損得勘定というのか、気難しさも伴っていることが多いのではないでしょうか。

この作品でも、一応は三護はお店の人で、ガレージセールに来る人はお客さま、という関係はあります。
しかし三護自身、在宅勤務ということもあり、ガレージセールの売り上げにはあまり気にしておらず、ふれあいを求めてガレージセールを開いてるという。


人の集まり場になることもしばしば

その時に交わされる、三護とお客さまとの何気ない会話ややり取りから交流が広がっていく。
例えば、主人公の三護が読み終わった文庫本を、ガレージセールで売って。
それを購入した人が、実はその文庫本の中に四つ葉のクローバーが挟まっていて。
その四つ葉のクローバーを返しに、再びガレージセールに来て三護と会話して、交流が広がる。

その人が主婦であり、娘の話が出てきて、その娘も友達とともにガレージに来たり。
登場人物の生活は直接描写されていないものの、ガレージという基本的な舞台が狭い場所なのに、非常に奥行きを感じさせてくれます。

人物が活き活きとしている

主人公のことをリンゴと呼ぶ(林三護から林をりん、護をご、で)元々も友人であるせっちゃんがいるものの、それ以外はガレージセールで知り合った人たちばかり。
ガレージセールで交流のある人から野球の助っ人を求められたり、またはガラスのカメを売ったら翌日もなぜか売れて、なんだかんだいきさつがあって梅の収穫を手伝ったり。


人とつながるガレージセール

ガレージを通じて、いろいろな人との交流が見えてきて、楽しいです。

結びに

なかなかコミュニケーションが取りにくい現代社会。
この作品は、ネガティブな理由もありながら、率先してコミュニケーションをとりたくて行動しているところに魅力を感じます。
そんな現代社会で、心が温まる作品に出合えた気がします。

巻数のナンバリングがされていませんが、ぜひとも第2巻、そしてそれ以降も読みたい作品です。


人間関係の奥行きを感じさせてくれるのがいいです

俺からは以上です。

三護さんのガレージセール (バンブーコミックス)
黒谷 知也
竹書房 (2018-10-29)
売り上げランキング: 91,573
幸福はアイスクリームみたいに溶けやすい (IKKI COMIX)
黒谷 知也
小学館 (2014-10-30)
売り上げランキング: 106,520
書店員 波山個間子 (1) (it COMICS)
黒谷 知也
KADOKAWA (2017-02-15)
売り上げランキング: 125,819


メディア

【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
もりしげ先生の『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)の感想です。 もりしげ先生は今作以外にも『花右京メイド隊』(全14巻)や『フダンシズム-腐男子主義-』(全7巻)などがあります。 もりしげ 秋田書店 (2018-12-07) 作品紹介 父親の海外赴任で、幼い弟と2人暮らしとなった陽一郎の家に、白雪と名乗る純白の美少女メイドが…!? そして、赤いのやら黒いのも…!!? ヤリ過ぎメイドのご奉仕コメディ♪ メイドの白雪が陽一郎の家に派遣されたことから物語が始まります 父子家庭で父親が海外赴任となった天國 陽一郎<あまくに よういちろう>と幼い弟の龍之介の家に、白雪と名乗る美少女のメイドが派遣されたことから物語が始まります。 感想 ナチュラルなラッキースケベさよ ま、もりしげ先生ですからね、ラッキースケベの描写なんてまさにお手の物ですよ。 そんな軽い口調で言えるほど、自然な形でラッキースケベが挿入されています。 いや、展開自体はメチャクチャに強引なんですけど、あまりにも自然に話に入っているので全く不自然さを感じないですよね。 切り取って見てみたら、強

続きを読む

【漫画】アジイチ先生『できそこないの姫君たち』(第1巻)感想~グループの不和も描かれている、濃厚な百合作品~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
会社の奴には絶対知られたくない(全1巻)狂気と正気の描写の狭間で一体何が起こるのか!
【漫画】川崎直孝先生『ちおちゃんの通学路』(1~4巻)初回特典と感想。これからもお世話になります!
【漫画】栗井茶『アオイココロが地球を割る(削る)』(第1巻)初回特典と感想。
【漫画】國本隆史『ネトラレミノル』(第1巻)初回特典と感想。寝取られ/寝取らせの定義付け難しさ
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】19名の作者が作る『エクレア bleue あなたに響く百合アンソロジー』完全レビュー~百合を愛するすべての人に~
【漫画】鯨川リョウ先生の『マルセイ!!』(第1巻)初回特典・感想~ギリギリを攻める、その意気込み~
アイドルマスター ミリオンライブ!(門司雪)第2巻の初回特典・感想。心が震えるぜ…