【漫画】黒田じっこ先生『明日はともだちじゃない』(第1巻)感想~初々しい二人に身もだえよう~

黒田じっこ先生の『明日はともだちじゃない』(第1巻)の感想です。
黒田じっこ先生ですがゾンビ漫画の『リビングデッドキッチン』(第1巻)も同時に発売されています。

明日はともだちじゃない 1 (ヤングジャンプコミックス)
黒田 じっこ
集英社 (2018-10-19)

作品紹介

恋に落ちる瞬間を描いた60の物語。ピュアラブストーリーオムニバス。
何気ない一言、思わず口にしてしまった本音、触れ合う手と手。
瞬時に、微妙に、それでいて取り返しがつかぬほど、変わってしまう、2人の関係性。
「恋が始まる、30秒の瞬間」を切り取った、ショートオムニバス60本収録の第一集。

恋人関係にない二人が、恋に落ちる瞬間を初々しく描いた作品です。


恋人未満の二人を描いた作品です

のたうち回りたくなる

この作品ですが、読んでいてのたうち回りたくなります。
なんというか、心地よさに包まれるというのか、非常に幸福感にあふれた気持ちにさせてくれます。

出会ってから(殆どが元々の知り合いばかりですが)恋に落ち、その瞬間までを大体3ページ程度にまとめられております。
これがねぇ、上手いんですよね。
オチの部分がさりげない告白ばかりで、気が付いた瞬間に「おお、いいね」って思うんですよ、思っちゃうんですよ。


さりげない始まり方に、さりげない終わり方、そこがいいと思える作品

二やっとさせてくれる作品ばかりで、ちょっと切ない話もありますが、基本的には全編通じて非常に優しい世界観で綴られています。
どの作品も3ページ程度のショートオムニバスが詰められているので、展開は早いなって思うこともありますが、気軽に読むことができます。

お気に入りの一品を見つけられるといいですよね。
私はなかなか一つに決められませんでしたが、あえて言えば#20と#46に出てくる山上君と神田さんの話が好きですね。


この二人が一番好みかなって思いました

結びに

さり気なさが凄くいいアクセントとなっている、とてもいい作品でした。
欠点を言えば、たまに前に出てきたキャラが再登場するのですが、思い出すのに時間がかかることかなぁ。
「なんかこのキャラみたことあるな」って思ってページめくり返すことがありました。
この点はちょっともったいないかも。

全2巻で、11月19日に第2巻の発売となっています。
まだ未購入で未読でありますが、読むのが楽しみです。


時々ファンタジーな世界観もあります

俺からは以上です。

明日はともだちじゃない 1 (ヤングジャンプコミックス)
黒田 じっこ
集英社 (2018-10-19)
売り上げランキング: 79,467
明日はともだちじゃない 2 (ヤングジャンプコミックス)
黒田 じっこ
集英社 (2018-11-19)
売り上げランキング: 49,692
リビングデッドキッチン 1 (ヤングジャンプコミックス)
黒田 じっこ
集英社 (2018-10-19)
売り上げランキング: 51,643


メディア

【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
中村ひなた先生の『やさしいヒカリ』(第1巻)の感想です。 中村ひなた先生は今作以外では、主にイラストを描かれていたようです。 中村 ひなた 講談社 (2018-11-07) 作品紹介 例えば、どこか遠くで暮らすとしたら――。 息つく暇のない生活を送るサラリーマン・三宅が再就職で行き着いたのは、穏やかに時間が流れる月輪島。 女子高生が案内人の、新たな暮らしが始まる! 潮風薫るリラックス・ドラマ開幕!! 激務のサラリーマン生活を辞めた主人公の三宅飛鳥が、離島の簡易郵便局の局長をする為に月輪島に行くことから物語が始まります。 月輪島の簡易郵便局へ転職した主人公の三宅 感想 優しい時間の流れ 物語冒頭では激務で死にかけている主人公・三宅の描写があり、それ以降は非常にゆったりとした流れで描かれています。 ほのぼのとした話が中心に描かれており、三宅とヒロインの女子高生である日和子との掛け合いがホンワカとします。 三宅とヒロイン(?)の日和子 第1巻では簡易郵便局での話はあまりなく、基本的には島民との交流を中心に描かれています。 その描写の中

続きを読む

【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!
【漫画】多田乃伸明先生『鬼の又鬼のアモ』(第1巻)感想~濃厚な和風テイストのするファンタジー作品~
【漫画】詩原ヒロ先生『オンラインの羊たち』(第1巻)感想~現代へのノスタルジーを感じよう~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】横槍メンゴ先生『めがはーと』感想 愛と命をめぐる、読み切り作品集
『流れ星に願うほど僕らは素直じゃない』(1巻)感想。挑戦的な作品!?
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
【漫画】いとまん『発症区』(第1巻)初回特典と感想。表紙詐欺だが内容上々!作者の成長にも期待したくなる作品
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
春の包帯少女(全4巻)佐藤ミト 著 を読んだ感想について。
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】高橋脩先生『ラストギアス』(第1巻)感想~ちょっとダークな幼馴染みラブコメ作品~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~