【漫画】鯨川リョウ先生の『マルセイ!!』(第1巻)初回特典・感想~ギリギリを攻める、その意気込み~

鯨川リョウ先生の『マルセイ!!』(第1巻)の感想です。
鯨川リョウ先生は今作の他に秘密のレプタイルズ』(現在5巻まで発売中)を描かれています。

マルセイ!!(1) (裏少年サンデーコミックス)
小学館 (2018-05-11)
売り上げランキング: 742

秘密のレプタイルズ』(第1巻)の感想はこちらになります。

初回特典


イラストカードでした(とらのあな購入特典)

作品紹介

前代未聞の全力おバカエロコメできました!

こんなの私、はじめて…!!
性犯罪を取り締まる組織『性犯罪特殊対策チーム』通称『マルセイ』。
これは卑劣な性犯罪者から日夜市民を守る、
マルセイたちの血と汗と涙のぶっ飛びエロコメである!!
しかし侮るなかれ、本作はただのエロコメに非ず――
時にエロく、時にメロウ、そして萌え×燃え。
オトコのココロに活を入れる、
未だかつてないエンタメ作となっている!

紳士淑女の皆様よ、この新世界のトビラを開いてごらんなさいな。
きっと新たな世界が見えるから。

【編集担当からのおすすめ情報】
とんでもない作品ができました。
しかも単行本では『マンガワン』上で泣く泣く隠すしかなかった場所も
ほぼ収録&加えて大量の描き下ろしも。

となれば、こんなの買うしかないじゃない…!

Amazonより引用

なかなかに挑発的な作品紹介の文章ですね。素敵です。

新人婦警の但木心(ただしき こころ)が彩玉県警捜査3.5課「性犯罪特殊対策チーム」である通称「マルセイ」に配属されてしまったことから物語が始まります。

感想

エグすぎる危険球を放り投げる作品

この作品の売りはなんと言ってもおバカなエロ描写。
新人婦警が「性犯罪特殊対策チーム」というお堅い名前の部署に配属されたのに、基本的にやることは囮調査。

栄えある初囮は、性犯罪の鉄板中の鉄板である「痴漢」。

………わかりますよ?
もちろん作中でも痴漢はその行為を擁護されることなく、また犯人も捕まる際には「サイテー」などと罵られますが、日々、女性が電車やバス等々に怯えながら乗車してるのに、そんな不謹慎なネタをギャグにしていいのか!というお叱り意見があることを。

痴漢とは女性の敵であると同時に、ごくごく一般的な善良な男性にも疑惑の目や時には冤罪を発生させるという男性の敵でもあり、ひいては痴漢は全人類の敵である。

そんな痴漢行為を擁護しなければ茶化してもいいのか?

物語開始当初に出てくる痴漢行為に限らず、今作で出てくる摘発される行為は、男女問わずトラウマになっていう人もいるはず。

しかし不謹慎だからこそ茶化したい。

そんなエロコメディを見たい。

こんな願望、あってもいいんじゃないでしょうか?

それは決して自分自身がやりたいとかいうわけでもなく、ただただ純粋に面白おかしくして読んでみたいだけの願望なのです。

たまにいいこと(?)言う………こともあるかも?

ハードボイルドな顔したおっさんが、エロを絡めて妙にいいことをいう。


やたら説得力があるような、ないような

同意しにくいのに、一瞬納得しかける説得力があります。

敵味方問わず、基本的に今作に出てくる男性キャラって女の敵なんですよね。
でもなぜか憎めない。

それは今作が典型的な勧善懲悪な展開であると同時に、上のおっさんと同様に台詞がいちいち説得力あるんですよね。
性犯罪者のくせに。

結びに

性犯罪というナイーブな問題を真剣におバカに茶化して取り扱ってるので、その点ではかなり危険な作品と言ってもいいかも。
現状ではストーリーの展開上、ややシリアスになることもあるものの、頭空っぽにして読むことのできる作品です。
今後、この作品がどのように向かっていくのかわかりませんが


但木心の物語は始まったばかりだ

俺からは以上です。

マルセイ!!(1) (裏少年サンデーコミックス)
小学館 (2018-05-11)
売り上げランキング: 742
秘密のレプタイルズ 1 (裏少年サンデーコミックス)
鯨川 リョウ
小学館 (2016-09-16)
売り上げランキング: 12,690
秘密のレプタイルズ 5 (裏少年サンデーコミックス)
鯨川 リョウ
小学館 (2018-05-11)
売り上げランキング: 2,289

参考になりましたら
いいね!お願いします


メディア

【漫画】鰤尾みちる先生『篠崎くんのメンテ事情』(第1巻)感想~優しくも不思議な世界へ~
鰤尾みちる先生の『篠崎くんのメンテ事情』(第1巻)の感想です。 鰤尾みちる先生にとって初単行本作品なようですが、kidnleでは『愛されただけ愛したい!』という作品を2話分発表しています(※BL作品なので注意してください)。 鰤尾 みちる KADOKAWA (2018-06-22) 作品紹介 えっ人間の首って取れるでしょ!? フツーに! 最近“首が取れやすい”ことが悩みのごく普通のサラリーマン・篠崎の元に、突然現れた少女・ユーヤケ。 ユーヤケが言うには、篠崎はユーヤケの祖母である魔術師に体を魔改造され、体内に大量の機械が搭載されているらしい!? ユーヤケに体内の機械の定期メンテナンスを受けることになった篠崎だが……。 新鋭・鰤尾みちるが描くちょっとフシギなゆるゆる魔改造ライフ開幕──! Amazonより引用 首が取れることを、人には言わないけどみんなが普通にできること、と思い込んで生きてきた、ごく一般的なサラリーマンである篠崎裕介が、少し変わった少女の赤月ユーヤケと衝撃的な出会いをしたことから物語が始まります。 赤月ユーヤケとの衝撃的な出

続きを読む

【漫画】丈先生『宇崎ちゃんは遊びたい!』(第1巻)感想~ウザいヒロインが可愛い作品~
【漫画】原作安井ミイト先生、漫画伊藤京介先生『栞せんせい、もうヤメてっ!』(第1巻)感想~不朽の名作にツッコんでみよう~
【漫画】十三木考先生『トラップヒロイン』(第1巻)感想~可愛いは正義なり~
【漫画】紀ノ目先生『ロジカとラッカセイ』(第1巻)感想~不思議な不思議な世界へ~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】小西幹久『リィンカーネーションの花弁』(3~4巻)初回特典と感想。
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
『君死ニタマフ事ナカレ』(第2巻)初回特典と感想。絶賛期待中の迷走作!?(あるいはその逆)
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
【漫画】『渡くんの××が崩壊寸前』(第1巻)の初回特典・感想。
【漫画】水色すいみん先生『クリミナーレ!』(第1~3巻)初回特典・感想 ハイテンション&ノンストップなクライム・ハイスクールコメディを体験しよう
【漫画】西島大介先生『ディエンビエンフー』(第1巻)初回特典・感想 カルト的人気を誇った未完作品の復活
LADY JUSTICE<レディ・ジャスティス>(荻野ケン)第1巻の感想。
アイドルマスター ミリオンライブ!(門司雪)第2巻の初回特典・感想。心が震えるぜ…
懲役339年(全4巻)感想。漫画と言うには勿体無い、映画のような作品だった。