【漫画】鬼龍駿河先生『カントリー少女は都会をめざす!? 』(第1巻)感想~田舎女子高生のほのぼのとした日常~

鬼龍駿河先生の『カントリー少女は都会をめざす!? 』(第1巻)の感想です。
鬼龍駿河先生は今作以外には、『乙女ループ』『乙女ループ・乙』があります。

カントリー少女は都会をめざす!? 1巻 (まんがタイムコミックス)
鬼龍駿河
芳文社 (2018-09-13)

作品紹介

ローカルJK、魂の叫び!!

関西のとある町に住む八重は都会に憧れ、見るもの全てを都会に変換するJK。
集団を見れば都会の行列に、大阪出身の同級生を神格化。
こんなに憧れているのにいつも畑の砂が舞う中通学。
普通の友人の日常を八重の都会妄想がぶち壊す!?

都会に憧れる地方女子高生の八重と、地方女子高生の八重よりも田舎から転校してきたみなちゃん、そして大阪出身で八重の憧れの人である大河さんの女子高生3人の日常を描いた作品です。


左がみなちゃんで、右が都会に憧れる八重ちゃん

感想

地方女子高生の日常(?)

都会に行ったことがない八重の、日々都会への溢れんばかりの羨望と妄想をするその姿が可愛い。
八重よりも田舎から転校してきたみなちゃんの、八重がたまに口走ったりする「地方のあるある」を共感する場面もありつつ、大河さんの都会感にも共感。
大阪から来た八重の憧れの人である大河さんも、八重の意味不明な都会への情熱や意味不明な質問にも丁寧に対応する。

八重からすれば、自分よりも田舎から来たみなちゃんとは親しくできるのに、都会から来た大河さんは憧憬の存在であり親しく仲良しなのにいつまでも「さん」付けで呼んでしまう。
大阪出身ということ(?)もあるのか、ボケとツッコミには慣れている大河さんも八重にはツッコミばっかり。


大阪という都会から来た大河さんは八重ちゃんの憧れの存在

八重のあまりに大きな都会への憧れは、都会出身者であるはずの大河さんもプレッシャーになっているとことが面白い。


八重ちゃんのプレッシャーが半端ない

特に部活に入っていないので、仲の良い人同士で駄弁りながら帰る、という普通の女子高生的なイベントも完備されています。


単なる駄弁りでも楽しいお年頃

優しい雰囲気が売り

メインの三人は良い子ばっかりで、終始ホンワカとした雰囲気に包まれた作品です。
ただただ純粋に都会に憧れる、でもなんだかんだ言いながら自分の住んでいる田舎が好きな八重。


なんだかんだで地元も好きな八重ちゃんが可愛いです

性格が非常によく、キャラの配置もうまくできており、非常に読みやすいです。
田舎の、地方女子高生の日常感が出ています。


八重ちゃんの都会好きには元大阪人の大河さんもタジタジ

結びに

カテゴライズとしては女子高生の日常モノ。
田舎に住んでいる人にとってはちょっと「わかる」がいっぱい詰まっています。
逆に都会に住んでいる人にとっては大河さんの気持ちがわかるのかな?

ホンワカとした今作。
第2巻以降にも期待して。


田舎の女子高生の何でもない日常が描かれています

俺からは以上です。

カントリー少女は都会をめざす!? 1巻 (まんがタイムコミックス)
芳文社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 20,841
乙女ループ

乙女ループ

posted with amazlet at 18.12.09
鬼龍 駿河
白泉社
売り上げランキング: 143,725
乙女ループ・乙

乙女ループ・乙

posted with amazlet at 18.12.09
鬼龍駿河
白泉社
売り上げランキング: 137,537


メディア

【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
もりしげ先生の『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)の感想です。 もりしげ先生は今作以外にも『花右京メイド隊』(全14巻)や『フダンシズム-腐男子主義-』(全7巻)などがあります。 もりしげ 秋田書店 (2018-12-07) 作品紹介 父親の海外赴任で、幼い弟と2人暮らしとなった陽一郎の家に、白雪と名乗る純白の美少女メイドが…!? そして、赤いのやら黒いのも…!!? ヤリ過ぎメイドのご奉仕コメディ♪ メイドの白雪が陽一郎の家に派遣されたことから物語が始まります 父子家庭で父親が海外赴任となった天國 陽一郎<あまくに よういちろう>と幼い弟の龍之介の家に、白雪と名乗る美少女のメイドが派遣されたことから物語が始まります。 感想 ナチュラルなラッキースケベさよ ま、もりしげ先生ですからね、ラッキースケベの描写なんてまさにお手の物ですよ。 そんな軽い口調で言えるほど、自然な形でラッキースケベが挿入されています。 いや、展開自体はメチャクチャに強引なんですけど、あまりにも自然に話に入っているので全く不自然さを感じないですよね。 切り取って見てみたら、強

続きを読む

【漫画】アジイチ先生『できそこないの姫君たち』(第1巻)感想~グループの不和も描かれている、濃厚な百合作品~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
【漫画】白正男&山戸大輔先生『テコンダー朴』(第2巻)感想 差別と戦い続ける主人公が感動的な作品
【漫画】丈先生『宇崎ちゃんは遊びたい!』(第1巻)感想~ウザいヒロインが可愛い作品~
『あの娘はヤリマン』初回特典と感想。れっきとしたジャンプ漫画です!(1巻)
【漫画】佐倉色先生『とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話』(全1巻)感想 そして”ねとらぼ”との確執は続く…
腹黒声優漫画!?声優ましまし倶楽部(原作:目黒ひばり、漫画:小林尽)を読んだ感想。
【名作】素足のメテオライト全5巻(小西幹久作)感想。あなたにとって「神」とは?「普通」とは?
『恨み来、恋、恨み恋。』(1~4巻)の初回特典と感想。どのヒロイン推しか悩む贅沢な作品。
『君死ニタマフ事ナカレ』(第2巻)初回特典と感想。絶賛期待中の迷走作!?(あるいはその逆)
【漫画】鈴木マナツ『コネクト』(第1巻)の紹介・感想。作風が変わり、爽やかさが眩しくもある。