【漫画】飯田ぽち。先生『姉なるもの』(第1巻)初回特典・感想 田舎で紡ぎ出す姉初心者の姉と弟の物語

飯田ぽち。先生の『姉なるもの』(第1巻)の感想です。
本作はComic Walkerで連載されています。

飯田ぽち。先生は「ぽち小屋。」という同人サークルで同人の活動はされていますが、本作が商業では成年・一般含めて初単行本のようです。

姉なるもの 1<姉なるもの> (電撃コミックスNEXT)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2016-12-17)
売り上げランキング: 5

初回特典

IMG_4565
クリアファイルでした(とらのあな購入特典)

作品紹介

天涯孤独な少年・夕はある日、美しくも冒涜的な何かと出会った。

【千の仔孕む森の黒山羊】と呼ばれる「それ」に、夕は自分の姉になることを願う。
すると「それ」は「千夜」と名を変えて、彼の姉になり――?

クトゥルフ神話の最果てで、姉弟の愛を描く『姉なるもの』、第1巻堂々発売。

Amazonより引用

同人サークルである「ぽち小屋。」から出ています『姉なるもの』という同タイトルの成年向けの同人誌がベースとなっています。

 

同人誌の取り扱いですが、とらのあなでの取り扱いはこちら、メロンブックスでの取り扱いはこちらになります(共に成年向けのサイトですので、18歳未満の方はご注意ください)。

 

追記:Amazonでも取り扱っているようです。1はこちら、2はこちら、3はこちら、3.5はこちらになります(全てアダルト商品につき18歳未満の方は購入できません)。

5歳の時に両親が事故死した為、天涯孤独の身となり親戚の家をたらい回しにさせられてきた、主人公である夕。

母の従弟にあたる一人暮らしのおじさんと一緒に暮らしていたが、そのおじさんが入院したことにより、一人暮らしをすることに。

そして、おじさんの保険証を探しに、おじさんから入るなと言われていた蔵に入ってしまい、謎の存在と出会います。

謎の存在に「願い事は何か」と聞かれて「家族に、お姉ちゃんになって欲しい」と伝える夕。

IMG_4558
姉とは具体的にどうするのか、と聞かれて答える夕

結果として謎の存在が

IMG_4559
夕方の夕に対して、夜から名前を付ける

晴れて夕の姉・千夜となり、二人は奇妙な共同生活を行うことに。

感想

姉であること(気に入った点)

元々、悪魔などと呼ばれる存在であった千夜。
なので、人間社会の常識には疎い状態であり、姉弟の関係など全く分かっていません。

幼くして両親を失い、家族の愛情を知らないまま成長してきた夕もまた、姉とは一体どのような存在であるのかを知らない状態です。

IMG_4557

そんな「姉」初心者の二人。

IMG_4560

色々なことを知り、夕の姉になろうとする千夜の姿は非常に可愛らしく、とても良いです。

IMG_4561

姉になる為に、色々なことをする二人。
見ているだけで心が温かくなります。

謎と暗さ(気に入った点)

話の終わりに夕のモノローグが入る時があります。

IMG_4568

このモノローグが基本的に過去形なんですよね。
なんでこんな形式にしているのか。

またおじさんが入院した理由も、話の途中で精神的な原因があることが示唆されているものの、はっきりとした理由はわからず。

第2巻以降で説明が入るのでしょうか。

また姉初心者である夕と千夜のイチャイチャっぷりを感じさせてくれる反面、作品全体からおどろおどろしい暗い雰囲気が醸し出されています。
不快にならない程度に謎が出ていること、そして明るさと暗さのバランスが非常に良く出来ていると思います。

まとめ

成年向けでエロ全開であった同人誌に比べて、一般向けである単行本では露骨なエロはかなり控えめになっています。

ただ抜群のスタイルを誇る千夜であり、また肉質的な描写であるので、存在するだけでフェティシシズムを感じさせてくれ非常にグッドです。

また、今作の舞台は田舎であり、田んぼやあぜ道、月明かりなどの描写も多く、ノスタルジックな印象を与えてくれます。

夕のモノローグの一部が過去形であったり、千夜の過去やおじさんが瀕死の状態になった理由など、分からない謎が多く含まれています。

この謎が解明されつつ、しっかりと千夜は夕の姉になれるのか、

IMG_4569

今後の二人に期待です。

俺からは以上です。

A子
姉萌え作品が増えるのはいいことだわ
C子
でもまだまだ妹萌えの強さには敵わないでしょ
B子
姉でもあり妹でもある真ん中って一番おいしいよね
姉なるもの 1<姉なるもの> (電撃コミックスNEXT)
飯田ぽち。
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2016-12-17)
売り上げランキング: 5

謎と言えば、帯の推薦が『だがしかし』(現在第6巻まで)の作者であるコトヤマ先生なんですよね。
IMG_4566出版社も違えば、漫画のジャンル(女性キャラからフェチを感じる作品同士、という共通点はありますが)もあまり被っていない。
元々両先生同士で繋がりがあったのか、飯田ぽち。先生が『だがしかし』の同人を描いた縁なのか。
ちょっと不思議な人選です。

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)
コトヤマ
小学館 (2014-12-08)
売り上げランキング: 7,367

【PR】投資に興味がある方は!

私LHは、このたびTradeviewアンバサダー(紹介者)として、世界最高のホワイトラベルであるFXブローカー、Tradeview Ltdから認めていただくことになりました。
FX裏情報を語ったり、世界のトップEA開発者らと協同した日本向けEAの開発など、仮想通貨含め、FXに関するいろいろな事業を展開してゆく予定です。
Tradeviewは仮想通貨も10倍レバで取引できるブローカーであり、その観点から投資情報をお届けしたいと考えております。

Tradeviewは完全A-Book(注文を呑まない優良業者)であることが確定しており、
加えて手数料についても最大限の優遇をはかっています。
そして万一の際には3.5万ドル(約400万円)の補償と、フルバックアップシステムの
ブローカー。もちろん私のIBでは、BTCやXRPもトレードできます。

もちろんTVの宣伝だけではなく、投資全般に関係する上質な情報を提供してまいりますので、今後ともご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

仮想通貨・FXに関する極上品質の専門サイトを作成しました!

必ず得する情報・裏情報が満載です。ぜひご覧ください。

TV×LH公式リーフレットです。各項目の解説はリンク先にあります。

メディア

【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
もりしげ先生の『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)の感想です。 もりしげ先生は今作以外にも『花右京メイド隊』(全14巻)や『フダンシズム-腐男子主義-』(全7巻)などがあります。 もりしげ 秋田書店 (2018-12-07) 作品紹介 父親の海外赴任で、幼い弟と2人暮らしとなった陽一郎の家に、白雪と名乗る純白の美少女メイドが…!? そして、赤いのやら黒いのも…!!? ヤリ過ぎメイドのご奉仕コメディ♪ メイドの白雪が陽一郎の家に派遣されたことから物語が始まります 父子家庭で父親が海外赴任となった天國 陽一郎<あまくに よういちろう>と幼い弟の龍之介の家に、白雪と名乗る美少女のメイドが派遣されたことから物語が始まります。 感想 ナチュラルなラッキースケベさよ ま、もりしげ先生ですからね、ラッキースケベの描写なんてまさにお手の物ですよ。 そんな軽い口調で言えるほど、自然な形でラッキースケベが挿入されています。 いや、展開自体はメチャクチャに強引なんですけど、あまりにも自然に話に入っているので全く不自然さを感じないですよね。 切り取って見てみたら、強

続きを読む

【漫画】アジイチ先生『できそこないの姫君たち』(第1巻)感想~グループの不和も描かれている、濃厚な百合作品~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】寺井赤音先生『あまちんは自称♂』初回特典・感想 うーん…酷い!(褒め言葉)
【漫画】ビーノ先生『女子高生の無駄づかい』(第2巻)初回特典・感想―相変わらずのギャグの切れに脱帽!
懲役339年(全4巻)感想。漫画と言うには勿体無い、映画のような作品だった。
スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
【漫画】ビーノ『女子高生の無駄づかい』(第1巻)初回特典と感想。女子高生を無駄遣いした作品。
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】岡本倫先生原作、横槍メンゴ先生作画『君は淫らな僕の女王』(第2巻)初回特典・感想 絶妙なバランスで成り立っている奇作
【漫画】黒神遊夜先生原作、神崎かるな先生作画『武装少女マキャヴェリズム』(第6巻)の感想及び『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』の初回特典など その歴史を追いつつ想いを語ります
【漫画】新島秋一先生『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』(第1巻)初回特典・感想、「はい、かわいいと思います!!」
【漫画】鯨川リョウ先生の『マルセイ!!』(第1巻)初回特典・感想~ギリギリを攻める、その意気込み~