【漫画】鈴木小波先生『ヒダルとヒルダ』(全1巻)感想~おかしなおかしなグルメ旅物語~

鈴木小波先生の『ヒダルとヒルダ』(全1巻)の感想です。
鈴木小波先生といえば代表作に『ホクサイと飯さえあれば』(現在7巻まで)と『燐寸少女』(現在6巻まで)があり、他にもいろいろと描かれています。

ヒダルとヒルダ (ヤングキングコミックス)
鈴木小波
少年画報社 (2018-10-30)

作品紹介

人を食べないと死んでしまうタタリ神・ヒダル神にとり憑かれてしまった就活女子の蛭田さん。
人間の代わりに日本各地の様々な美味しい食べ物を食べさせることに…腹ペコ神様とお憑かれ女子のほんわかグルメ旅!

就活が上手くいかない女子の蛭田さんと、その蛭田さんにとり憑いているいるタタリ神のヒダル神のグルメなお話です。


今作のメインの二人です

感想

就活女子漫画

今作は、作者である鈴木小波先生の代表作の『ホクサイと飯さえあれば』(現在第7巻まで)と同じくグルメ漫画にカテゴライズされる作品かと思います。
その中で『ホクサイと飯さえあれば』との大きな違いとしては、今作の主人公の蛭田ちゃんは絶賛就活浪人中の無職。
ヒダル神の為に日本の様々な美味しい食べ物を食べる為に日本各地を旅しつつ、蛭田ちゃん自身も自分探しの旅をしています。
最初は無職なのですが、途中で派遣社員(さらには正社員へ一歩手前まで行く)にはなります。

就職活動で疲れた女子を主人公に据え、異形の者の友達の願いをかなえる為に、日本各地の方々を旅する。
その過程で、ともに成長してく姿が描かれています。


立ち止まって、初めて気付くことも多いですよね

今まで周りに合わせて流れて生きてきたのに、この日本では唐突に訪れてくる就職活動。
グルメ漫画の中に、就職活動で悩んでいる人たちにも共感を得られるところを入れている作品となっています。


人生、そんなもんですよね

グルメな旅漫画

ヒダル神の為に、無職や派遣社員なのに日本各地を旅させられる蛭田ちゃん。
一番最初は食べられてもいいと言いながらも、途中ではなんだかんだ言いながらも楽しくなり、最後には二人はなくてはならない存在になるところがいいですね。
文句言いながらも言いながらも、蛭田ちゃん自身楽しんでそうで、毎回毎回ほっこりさせてくれます。
『ホクサイと飯さえあれば』と違い、基本的には自炊はしない食べ歩きな漫画ですが、最後の方でちょっと猟奇的な、というのかヤンデレ的な料理を作ります。


怖いわ!

あと確かに日本各地ではあるのですが、東は東京、西は島根とある意味で現実的な移動距離に。


定番の料理も扱っています

結びに

鈴木小波先生の得意なところを集めた作品かなって思える今作は、全1巻となっています。
今まで流れて生きてきて、初めて立ち止まって、知らないことの多さに気付く展開は非常に好きです。
歩いているときにちょっとだけ立ち止まったら、意外と全く違う景色が見えてくることって確かにありますよね。
まだまだ始まったばかりの人生に少し疲れた女子の蛭田ちゃんと、ヒダル神のお話でした。


ここから始まった、二人の物語

俺からは以上です。

ヒダルとヒルダ (ヤングキングコミックス)
鈴木小波
少年画報社 (2018-10-30)
売り上げランキング: 20,558
ホクサイと飯さえあれば(7) (ヤンマガKCスペシャル)
鈴木 小波
講談社 (2018-07-20)
売り上げランキング: 58,033
燐寸少女 (6) (角川コミックス・エース)
鈴木 小波
KADOKAWA (2018-02-02)
売り上げランキング: 77,790
盛り合わせガール (ヤングキングコミックス)
少年画報社 (2015-10-22)
売り上げランキング: 76,428


メディア

【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
もりしげ先生の『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)の感想です。 もりしげ先生は今作以外にも『花右京メイド隊』(全14巻)や『フダンシズム-腐男子主義-』(全7巻)などがあります。 もりしげ 秋田書店 (2018-12-07) 作品紹介 父親の海外赴任で、幼い弟と2人暮らしとなった陽一郎の家に、白雪と名乗る純白の美少女メイドが…!? そして、赤いのやら黒いのも…!!? ヤリ過ぎメイドのご奉仕コメディ♪ メイドの白雪が陽一郎の家に派遣されたことから物語が始まります 父子家庭で父親が海外赴任となった天國 陽一郎<あまくに よういちろう>と幼い弟の龍之介の家に、白雪と名乗る美少女のメイドが派遣されたことから物語が始まります。 感想 ナチュラルなラッキースケベさよ ま、もりしげ先生ですからね、ラッキースケベの描写なんてまさにお手の物ですよ。 そんな軽い口調で言えるほど、自然な形でラッキースケベが挿入されています。 いや、展開自体はメチャクチャに強引なんですけど、あまりにも自然に話に入っているので全く不自然さを感じないですよね。 切り取って見てみたら、強

続きを読む

【漫画】アジイチ先生『できそこないの姫君たち』(第1巻)感想~グループの不和も描かれている、濃厚な百合作品~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

懲役339年(全4巻)感想。漫画と言うには勿体無い、映画のような作品だった。
春の包帯少女(全4巻)佐藤ミト 著 を読んだ感想について。
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
久米田康治『かくしごと』(第1巻)感想と紹介。先生の新たな風を楽しもう。
【漫画】山本アリフレッド先生の『理系が恋に落ちたので証明してみた。』(第1巻)初回特典・感想。理系は相手の気持でも計算してろ
【漫画】桑原太矩先生の『空挺ドラゴンズ』(第1巻)初回特典・感想、確かな画力で描かれる、空の旅をお楽しみ下さい
【漫画】安藤正基先生『八十亀ちゃんかんさつにっき』(第1巻)初回特典・感想 名古屋への偏見を深めよう(違
【漫画】蘇募ロウ先生『なんでここに先生が!?』(全1巻)初回特典・感想 可愛い先生に悶えよう!
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】黒神遊夜先生原作、神崎かるな先生作画『武装少女マキャヴェリズム』(第6巻)の感想及び『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』の初回特典など その歴史を追いつつ想いを語ります