森つぶみ先生の『月曜から金曜の男子高校生』(第1巻)の感想です。 先生の初単行本作品かと思われます。 森 つぶみ 日販アイ・ピー・エス 売り上げランキング: 33,975 初回特典 イラストカードでした(TSUTAYA BOOKS購入特典) 作品紹介 諭吉・光井・新渡戸・夏目 至って普通の4人が送る友情、部活、少しの恋愛模様。 月曜から金曜を高校生してるあなた。これからのあなた。 そして、高校生だったあなたに。 ちょっと笑えてちょっと切ない青春の1ページ Amazonより引用 感想 過去にあった、普通の日常を愛おしく感じさせてくれる(気に入った点) どこにでも居てそうな、ごくごく普通の4人組の男子高校生が、学校生活をメインとした日常生活を送るだけの作品です。 それぞれが思う、彼女が出来た時にしたいこと 上記の画像で左から、福村諭吉(やや熱血系)、新渡戸泰造(腰の低い真面目系)、夏目漱助(元気なお調子者)、光井賢治(なんちゃって不良系)。 やや福村がメインっぽいポジションにいるものの、明確な主人公格は存在せず。 ただひたすら...