【漫画】殆ど死んでる先生『異世界おじさん』(第1巻)感想~異世界から戻ってきた戦士の物語~

殆ど死んでる先生の『異世界おじさん』(第1巻)の感想です。
殆ど死んでる先生の初単行本作品かと思います。

異世界おじさん 1 (MFC)
殆ど死んでる
KADOKAWA / メディアファクトリー (2018-11-21)

作品紹介

17年間の昏睡状態から目覚めたおじさんは、異世界からの帰還者だった……。
甥っ子たかふみと共同生活を始めたおじさんが語る、新感覚異世界&異文化コメディ!

17年間の昏睡状態から目覚めたおじさんと、甥っ子のたかふみとの共同生活を描いた作品です。


異世界から舞い戻ってきたおじさんと普通の青年の物語

感想

異世界からの帰還と現実のギャップ

異世界から帰還する、というのはなかなか目新しい気がしますが………本当に酷い作品(褒め言葉)だ………。
取りあえず表紙の美少女は結構全編にわたって出てきますが、おじさんが異世界に置いてきたのでこちらの世界では存在せず。
つまり17歳の時にトラックに轢かれて17年間異世界で放浪の旅をして戻ってきた30代半ばのおじさんと、青年になった甥っ子の二人がメインの登場人物という。
この説明だけでかなり異常な作品感が漂ってますね。


回想シーンを除いて第1巻では殆どはこの二人だけで話が進みます

異世界でも辛いことだらけだったようで、おじさんの顔は異世界基準では魔物のように醜くオークの亜種に思われていたとか、行く町ではまず戦闘になるとか、たまにサラッとどぎつい話を出してきたりします。


現実(異世界)は残酷だ………

そんななか唯一良くしてくれた表紙の子のフラグはバキバキに折り続けて、しまいには適当な町に置いてしまうという。
徹底的に異世界転生モノの主人公に向かないおじさん。


表紙の女の子は回想シーンのみ出てくる存在

また甥っ子のたかふみもおじさんの境遇に同情しつつも、自分自身のフラグも折り続けている様子。
なかなか似た者同士な二人。


あんまり人のことを言えないたかふみであった

ジェネレーションギャップを感じよう

S〇GA大好きなおじさんと、S〇NYとSE〇Aが争ってたなんて知らなくてゲーム機会社といえばSO〇Yか任〇堂な青年。
よくわかります。
SEG〇ってイマイチ人気はないけどコアなファンが永遠に支えてくれると思ってましたよ、私も。

あとこ〇亀が終わって衝撃だった様子。
まぁ確かにあの作品って終わるもんなのかって思っちゃいますけどね。


今でもこの作者は元気に描いていますね

結びに

面白い………!って作品でした。
なんというのか、不快と快感のギリギリのラインなんですよね。
おじさんが異世界でも、現実でもかなり酷い扱いを受けているのに、そこまで不快になれない。
あまり気にしていない(現実的な概念に乏しい)おじさんが持つキャラクター性で許されている気がします。

そして殆ど死んでる先生の絵のタッチと内容が、嫌なぐらいマッチしています。
どんな話の展開がこれから続くのか、さっぱりわからない作品です。


村に入ったらまず戦闘になるとは………

俺からは以上です。

異世界おじさん 1 (MFC)

異世界おじさん 1 (MFC)

posted with amazlet at 18.12.06
KADOKAWA / メディアファクトリー (2018-11-21)


メディア

【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
中村ひなた先生の『やさしいヒカリ』(第1巻)の感想です。 中村ひなた先生は今作以外では、主にイラストを描かれていたようです。 中村 ひなた 講談社 (2018-11-07) 作品紹介 例えば、どこか遠くで暮らすとしたら――。 息つく暇のない生活を送るサラリーマン・三宅が再就職で行き着いたのは、穏やかに時間が流れる月輪島。 女子高生が案内人の、新たな暮らしが始まる! 潮風薫るリラックス・ドラマ開幕!! 激務のサラリーマン生活を辞めた主人公の三宅飛鳥が、離島の簡易郵便局の局長をする為に月輪島に行くことから物語が始まります。 月輪島の簡易郵便局へ転職した主人公の三宅 感想 優しい時間の流れ 物語冒頭では激務で死にかけている主人公・三宅の描写があり、それ以降は非常にゆったりとした流れで描かれています。 ほのぼのとした話が中心に描かれており、三宅とヒロインの女子高生である日和子との掛け合いがホンワカとします。 三宅とヒロイン(?)の日和子 第1巻では簡易郵便局での話はあまりなく、基本的には島民との交流を中心に描かれています。 その描写の中

続きを読む

【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!
【漫画】多田乃伸明先生『鬼の又鬼のアモ』(第1巻)感想~濃厚な和風テイストのするファンタジー作品~
【漫画】詩原ヒロ先生『オンラインの羊たち』(第1巻)感想~現代へのノスタルジーを感じよう~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

『流れ星に願うほど僕らは素直じゃない』(1巻)感想。挑戦的な作品!?
【漫画】横槍メンゴ先生『めがはーと』感想 愛と命をめぐる、読み切り作品集
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
春の包帯少女(全4巻)佐藤ミト 著 を読んだ感想について。
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
『ぐらんぶる』(1~5巻)特典と内容紹介。バカ、絶好調
【名作】素足のメテオライト全5巻(小西幹久作)感想。あなたにとって「神」とは?「普通」とは?
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
『MEMENTO-archivez-』(第1巻)初回特典・内容紹介・感想。2巻でこの作品の真価が判る。