【漫画】武田一義先生『ペリリュー ─楽園のゲルニカ─』(第1~2巻)感想 美しい島から見た戦争マンガ

武田一義先生の『ペリリュー ─楽園のゲルニカ─』(第1~2巻)の感想です。
本作は私のランキングである『2016-2017年おすすめ漫画ランキング【第4弾】~総合ランキングBEST100』の第9位にランクインしております(ランキングは2016年に発売された第1巻までで判断してます)。

※本作は、戦争まんがである為に銃撃戦やそれに伴う流血シーンなどが描写されていますので、ご注意ください(この記事では比較的マイルドな画像を選んでいます)。

武田一義先生の他のコミック作品は『さよならタマちゃん』(全1巻)と『おやこっこ』(全2巻)があります。

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 2 (ヤングアニマルコミックス)
武田一義 平塚柾緒(太平洋戦争研究会)
白泉社 (2017-01-27)
売り上げランキング: 673

作品紹介

米軍上陸から3日。

西浜の死闘を生き延びた田丸は、仲間と共に洞窟に身を潜めていた。
昭和19年9月、酷暑のペリリュー島。
昼夜を問わず迫る米軍の掃討部隊、そして経験したことのない強烈な喉の「渇き」が彼らを襲う──。
水を得るにも命懸け。
そんな戦場の現実に慣れていく自分に戸惑いを覚える田丸。

戦うために生きているのか、生きるために死なねばならないのか──。

「戦争」が「日常」にあった時代、若者が見た”真実”の記録。

Amazonより引用

本作は各巻冒頭に「史実を参考に再構成されたフィクション」と但し書きがあります。
第1巻のあとがきにもあるように、見た目を重視(この時代の眼鏡のレンズは基本的に丸いですが、主人公の田丸だけは差別化の為に四角に)した部分も多々あります。
なので、作品で描写されているからと言って、それが絶対に正しい時代考証を元に描写されているとは考えない方が良いかと思います。
あくまでも、ノンフィクション寄りのフィクション作品と考えた方がいいでしょう。

IMG_4944
左がこの作品の主人公である田丸均

感想

戦場から見た戦争(気に入った点)

本作の特徴は何といっても「戦場から見た戦争」。
視点が現場で戦う兵士が完全に主体となっています。

IMG_4946

お国を守る為に、日本から遠く離れた南の島へ行かされる戦争。
その美しい南の島が、一夜にして焼け野原になる戦争。

IMG_4948

一緒に戦った仲間が一瞬にして死んでいく戦争。
飲み物も安全な場所もない、戦争。

IMG_4949

脳漿が飛び散ったり、血だまりで転んだり、といったそんな生々しい「戦争の日常」が、武田一義先生の可愛らしい絵柄で描写されています。

 

当時を知る者が減ってきた現在。
何が「正しい考え」だったのかもわからないような、非常に難しい話です。

IMG_4950

むやみに現場の兵士を神格化させるわけでもなく、逆に貶めるわけでもない。
「生きて日本に帰る」と思う人もいれば、「ここで死ぬ」と思う人もいる。
そんな、当たり前であったであろう話を淡々と描写されています。

しかしそれ故に、戦場での兵士も「色々な考えを持っている」と思える作品になっています。
作者から、本作を読んだ読者には「こう考えて欲しい」という訴えはなく、ただひたすらに70年以上前に起こった日常が描かれています。

まとめ

戦争マンガであり、かなり血生臭いシーンが入りながらも、絵柄に助けられた部分も多くあり、とても読みやすい作品となっています。
小学生が読んでも差し支えないような絵柄ではあり、学校などにおいても良さそうな気はしますが、内容は非常に生々しく、悩むところではあります。

ひとえに、本作は戦争まんがである為に、読む人によって大きく価値観が変わりそうではあります。
しかしぜひとも多くの人に読んで貰いたい作品だと思います。

IMG_4947

俺からは以上です。

B子
戦争は嫌だね
C子
それ以外の言葉が出ませんね(´・ω・`)
ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 1 (ヤングアニマルコミックス)
武田一義 平塚柾緒(太平洋戦争研究会)
白泉社 (2016-07-29)
売り上げランキング: 1,956
ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 2 (ヤングアニマルコミックス)
武田一義 平塚柾緒(太平洋戦争研究会)
白泉社 (2017-01-27)
売り上げランキング: 673
さよならタマちゃん (イブニングKC)
武田 一義
講談社 (2013-08-23)
売り上げランキング: 11,722
おやこっこ 上巻 (イブニングKC)
武田 一義
講談社 (2015-03-23)
売り上げランキング: 79,934

今日のピックアップ


【AMAZON】~本日の特選~

流行りのウェアラブルネックスピーカーのセールが21日から!

青軸ゲーミングキーボード(マクロ設定可)のセール開始間際!
ペットにもおすすめの携帯扇風機

【GEARBEST】~本日の特選~

※現役最高機種の一角を担うOnePlus7 が5万円を切る攻勢がつづきます。
Zenfone6も安い。 あとペンタブレットなどもかなり評価は高いようです。

商品名 倉庫 クーポンコード クーポン価格(円) 限定回数 終了日 備考
スマホ&周辺商品
OnePlus 7 4G Phablet International Version – Red HK
GBDPBJ256 48599 円 150 8月31日
OnePlus 7 Pro 4G Phablet 8GB RAM 256GB ROM International Version – Blue HK
GBMPOEUPRO 70415 円 50 8月31日
ASUS Zenfone 6 6.4 inch 6GB + 128GB Full-screen Global Version Smartphone – Black HK
GBMPOUZF6 62855 円 50 8月31日
TbaoT1515.6inchIPSPortableTouchScreenMonitor-BlackEUPlug/WithBattery/TouchScreen China
GBCNTBAO729 19115 円 200 8月31日
VEIKKA500.9cmUltra-thinDigitalTabletDrawingPanel8192PressureSensitivity-Black China
GB-CNVKA50 5183 円 100 8月31日

裏情報

ご利用は自己責任にて!

ebay

・OFFICE 365(テスト用途にお使いください)

・Adobe Photoshop CC 2019

・Audials One 2019

ヤフオク

ヤフオク

・Microsoft Windows 10 professional 正規

※paypalの方が安いが安全性を期して…?

・ESET INTERNET SECURITY

アカウント分割販売…でしょうか。

EA自動売買

2011年から実稼働している信頼と実績の自動売買投資ツール「Wall street Forex Robot」を、 通常約3万円のところ、9800円の価格でご提供します。 Telegramから@LHofficialへご連絡ください。※完全正規品です

トレードコスト世界最安保証!

Tradeview

Tradeviewは完全A-Book(注文を呑まない優良業者)であることがあらゆる検証で確定しており、 加えて手数料についても最大限の優遇を行っています。(「口座タイプと特典」参照) そして万一の際には3.5万ドル(約400万円)の補償。この補償水準は業界平均の約4倍と、世界屈指です。 サブサイト「逆転のFX」では、投資全般に関係する最高レベルの情報を提供してまいります。

口座タイプと特典(MT4に限ります)

  • ILC(Innovative Liquidity Connector):世界最小スプレッド、手数料250円(通常500円)
  • X-Leveledge(スタンダード):高水準スプレッド(手数料80%OFF)、手数料なし

こちらのリンクので入会ください。2つ開設いただいた場合に、最安価格が適用されます。

メディア

【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
もりしげ先生の『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)の感想です。 もりしげ先生は今作以外にも『花右京メイド隊』(全14巻)や『フダンシズム-腐男子主義-』(全7巻)などがあります。 もりしげ 秋田書店 (2018-12-07) 作品紹介 父親の海外赴任で、幼い弟と2人暮らしとなった陽一郎の家に、白雪と名乗る純白の美少女メイドが…!? そして、赤いのやら黒いのも…!!? ヤリ過ぎメイドのご奉仕コメディ♪ メイドの白雪が陽一郎の家に派遣されたことから物語が始まります 父子家庭で父親が海外赴任となった天國 陽一郎<あまくに よういちろう>と幼い弟の龍之介の家に、白雪と名乗る美少女のメイドが派遣されたことから物語が始まります。 感想 ナチュラルなラッキースケベさよ ま、もりしげ先生ですからね、ラッキースケベの描写なんてまさにお手の物ですよ。 そんな軽い口調で言えるほど、自然な形でラッキースケベが挿入されています。 いや、展開自体はメチャクチャに強引なんですけど、あまりにも自然に話に入っているので全く不自然さを感じないですよね。 切り取って見てみたら、強

続きを読む

【漫画】アジイチ先生『できそこないの姫君たち』(第1巻)感想~グループの不和も描かれている、濃厚な百合作品~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】ビーノ先生『女子高生の無駄づかい』(第2巻)初回特典・感想―相変わらずのギャグの切れに脱帽!
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】岡本倫先生原作、横槍メンゴ先生作画『君は淫らな僕の女王』(第2巻)初回特典・感想 絶妙なバランスで成り立っている奇作
【名作】素足のメテオライト全5巻(小西幹久作)感想。あなたにとって「神」とは?「普通」とは?
春の包帯少女(全4巻)佐藤ミト 著 を読んだ感想について。
【漫画】ビーノ『女子高生の無駄づかい』(第1巻)初回特典と感想。女子高生を無駄遣いした作品。
【漫画】道明宏明『さよならジュリエッタ』(第1巻)紹介・感想。複雑な設定にありながら一本筋の通った想いに心が揺さぶられる。
【漫画】武田一義先生『ペリリュー ─楽園のゲルニカ─』(第1~2巻)感想 美しい島から見た戦争マンガ
【漫画】鯨川リョウ先生の『マルセイ!!』(第1巻)初回特典・感想~ギリギリを攻める、その意気込み~
【漫画】七尾ナナキ先生『ピウイ~ふしぎないきもの~』感想~ふしぎなふしぎな生き物~