【漫画】林ふみの先生『異世界ちゃんこ 横綱目前に召喚されたんだが』(第1巻)感想~異世界とちゃんこの融合合体作品!~

林ふみの先生の『異世界ちゃんこ 横綱目前に召喚されたんだが』(第1巻)の感想です。
林ふみの先生は『好角家 愛敬紗英 今日の一番』に続く、相撲(?)漫画となります。

異世界ちゃんこ 横綱目前に召喚されたんだが【カラーページ増量版】 (1) (バンブーコミックス)
林ふみの
竹書房 (2018-10-30)

作品紹介

【モンスターを相撲で倒して、ちゃんこで食す!】

大相撲初場所・千秋楽。
二場所連続優勝を果たした大関・高良山は、念願の横綱昇進を確実なものにした…
しかしその瞬間、目の前には巨大なモンスターが!?
高良山は魔法によって異世界に召喚されてしまい…!?
元の世界に戻る手段が分からない上に、腹も減った。「そうだこのモンスターで《ちゃんこ》にしよう!」

異色のグルメ冒険譚、ここに開幕!!

大関の高良山<たからやま>が横綱への昇進を確実にした直後、突然異世界に住むエリーセ・イーリス・フランカの三姉妹に召喚されたことから物語が始まります。


いきなりモンスターを倒せと言われる主人公

感想

異世界モノと力士のちゃんこに焦点を当てた作品

タイトルの通りではありますが、今作は異世界召喚モノと、力士の料理である「ちゃんこ」に焦点を当てた作品となっています。
一応第1巻のところでは、基本的には鍋料理をメインとして扱っています(作中では力士の料理ひっくりめて「ちゃんこ」という、という説明は入っています)。


ちゃんこの説明もあります

力士要素としては他に、モンスターを倒した時の決まり手がカットインとして入っています。
とはいうものの、あまり相撲には詳しくないので、どこまで正確に描かれているのかはわかりませんが………。


大体は見開きのカットインとして決まり手が入っています

若干ヒロインとしての影が薄い気もするのですが、一応メインは長女のエリーセなのかな?
戦闘に関しては、高良山もかなり強いのですが、高良山一人で無双するわけでもなく、ヒロインの3人を含めた周りの協力のもと倒しているのは好印象ですね。


主人公だけが無双するわけじゃないところがいいですね

主人公の性格が良い

主人公の高良山ですが、なかなかにいい味をした主人公です。
人生の一大イベントの時にムリヤリ召喚されたのに「俺が召喚されて皆が助かったのならそれでいい」と言い、行く先々で人助けを進んで行うという。
まだですが、さすが横綱候補、といったところ。


なかなかカッコいい一言

ダラダラ旅を続けるわけではなく、高良山が自分自身の世界へ戻ることという最終的な目標があるのがいいですね。

結びに

異世界モノであり、またタイトルからラノベ当たりの原作があるのかと思いましたが、オリジナル作品だったんですね。
ちょっとだけ意外でした。

作者が力士好きなんだろうなって思ってしまうぐらい、力士への愛情が端々から出てきています。
主人公の高良山の性格がまずいいですからね。
あとヒロインも店を開くという目標があるので、ちょいちょい金稼ぎをして、少し金に汚い感じもしますが、ご愛嬌のレベルかと思います。
今後はヒロインの見せ場がもっとあるといいな、と思いました。

旅の目標が決まっている作品ではありますが、今後もどのような展開を迎えるのか、第2巻以降にも期待ですね。


三姉妹の活躍にも期待

俺からは以上です。

好角家 愛敬紗英 今日の一番(1) (アース・スターコミックス)
林ふみの
泰文堂
売り上げランキング: 164,310


メディア

【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
もりしげ先生の『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)の感想です。 もりしげ先生は今作以外にも『花右京メイド隊』(全14巻)や『フダンシズム-腐男子主義-』(全7巻)などがあります。 もりしげ 秋田書店 (2018-12-07) 作品紹介 父親の海外赴任で、幼い弟と2人暮らしとなった陽一郎の家に、白雪と名乗る純白の美少女メイドが…!? そして、赤いのやら黒いのも…!!? ヤリ過ぎメイドのご奉仕コメディ♪ メイドの白雪が陽一郎の家に派遣されたことから物語が始まります 父子家庭で父親が海外赴任となった天國 陽一郎<あまくに よういちろう>と幼い弟の龍之介の家に、白雪と名乗る美少女のメイドが派遣されたことから物語が始まります。 感想 ナチュラルなラッキースケベさよ ま、もりしげ先生ですからね、ラッキースケベの描写なんてまさにお手の物ですよ。 そんな軽い口調で言えるほど、自然な形でラッキースケベが挿入されています。 いや、展開自体はメチャクチャに強引なんですけど、あまりにも自然に話に入っているので全く不自然さを感じないですよね。 切り取って見てみたら、強

続きを読む

【漫画】アジイチ先生『できそこないの姫君たち』(第1巻)感想~グループの不和も描かれている、濃厚な百合作品~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

懲役339年(全4巻)感想。漫画と言うには勿体無い、映画のような作品だった。
春の包帯少女(全4巻)佐藤ミト 著 を読んだ感想について。
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
久米田康治『かくしごと』(第1巻)感想と紹介。先生の新たな風を楽しもう。
【漫画】山本アリフレッド先生の『理系が恋に落ちたので証明してみた。』(第1巻)初回特典・感想。理系は相手の気持でも計算してろ
【漫画】桑原太矩先生の『空挺ドラゴンズ』(第1巻)初回特典・感想、確かな画力で描かれる、空の旅をお楽しみ下さい
【漫画】安藤正基先生『八十亀ちゃんかんさつにっき』(第1巻)初回特典・感想 名古屋への偏見を深めよう(違
【漫画】蘇募ロウ先生『なんでここに先生が!?』(全1巻)初回特典・感想 可愛い先生に悶えよう!
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】黒神遊夜先生原作、神崎かるな先生作画『武装少女マキャヴェリズム』(第6巻)の感想及び『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』の初回特典など その歴史を追いつつ想いを語ります