【漫画】時田時雨先生『レンタル彼女月田さん』(第1巻)感想~一風(?)変わったレンタル彼女に振り回されよう~

時田時雨先生の『レンタル彼女月田さん』(第1巻)の感想です。
時田時雨先生の初単行本作品かと思われます。

レンタル彼女月田さん(1) (モーニング KC)
時田 時雨
講談社 (2018-10-23)

作品紹介

コンビニの女性店員にお釣りを渡されるのも緊張してしまうほどの超絶奥手男子・星野理人(26)。
女性に慣れ、男として成長するため、勇気を振り絞って予約したのはレンタル彼女!
しかし、やってきたのはちょっと(?)変わった女の子・月田さん!
予想の斜め上のさらにその上をゆく月田さんに星野君はタジタジ。

二人の絶妙な関係がクセになる新感覚ラブコメディー!!!

超奥手な主人公である星野 理人<ほしの りと>が、女性になれる為にレンタル彼女を予約したことから物語が始まります。


主人公がレンタル彼女をレンタルしたことから物語が始まります

感想

ちょっと(?)変わったレンタル彼女

星野君がレンタルした彼女の名前は月田 まひる<つきた まひる>。
この月田さんですが、化粧中に家から出てきて、マンホールを踏んで歩いてきたりと、ちょっと(?)変わっています。


小学生時代にやったことあるような、ないような微妙な行動

紙で作ったピアスをしてきたり、化粧を片目だけいつもの2倍頑張ったから残りの片目はナチュラルでいい。
ちょっとというよりも、ほぼ奇行に近いですね。


カラーじゃないからわかりづらいですが、実際に見たら相当奇妙に見えるでしょうね………

ヒロインの可愛さとは

私の個人的な意見としては、月田さんの奇行は可愛いとは思います。
周りからジロジロみられてひそひそ話される程度には、しっかりとした奇行ばかりで、星野君を振り回しまくってます。
でもまぁ人には迷惑かけてないようですし、変わった人ぐらいにはいいかなって思いますね。


迷惑はかけて………いないよね?

作品紹介で「ラブコメディー」と銘打ってますが、第1巻ではそこまで「ラブ」感はあまりないように感じました。
出会いのきっかけはともかく、現状では星野君は月田さんのことに興味を持っている様子もあります。
また月田さんもレンタル彼女としてはあまり指名されない為に、連続で指名してくれる星野君を気にはなっているようす。


ちょっとだけ珍しい照れ顔の月田さん

この作品にも、ラブコメらしい、言おうとしてる途中で邪魔されてしっかり言えない、そんな展開が多くあります。
そんな中でもいい感じになっているところも多くあり、二人の今後に期待したいところ。

結びに

二人の会話がかみ合わない部分もあり、お互いのおぼつかなさが垣間見え、なかなかに面白い作品でした。
第2巻以降では、二人の関係も大きく変わりそうな話も出てきそうなので期待ですね。


クセの強い月田さんとの今後に期待

俺からは以上です。

レンタル彼女月田さん(1) (モーニング KC)
時田 時雨
講談社 (2018-10-23)
売り上げランキング: 91,760


メディア

【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
もりしげ先生の『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)の感想です。 もりしげ先生は今作以外にも『花右京メイド隊』(全14巻)や『フダンシズム-腐男子主義-』(全7巻)などがあります。 もりしげ 秋田書店 (2018-12-07) 作品紹介 父親の海外赴任で、幼い弟と2人暮らしとなった陽一郎の家に、白雪と名乗る純白の美少女メイドが…!? そして、赤いのやら黒いのも…!!? ヤリ過ぎメイドのご奉仕コメディ♪ メイドの白雪が陽一郎の家に派遣されたことから物語が始まります 父子家庭で父親が海外赴任となった天國 陽一郎<あまくに よういちろう>と幼い弟の龍之介の家に、白雪と名乗る美少女のメイドが派遣されたことから物語が始まります。 感想 ナチュラルなラッキースケベさよ ま、もりしげ先生ですからね、ラッキースケベの描写なんてまさにお手の物ですよ。 そんな軽い口調で言えるほど、自然な形でラッキースケベが挿入されています。 いや、展開自体はメチャクチャに強引なんですけど、あまりにも自然に話に入っているので全く不自然さを感じないですよね。 切り取って見てみたら、強

続きを読む

【漫画】アジイチ先生『できそこないの姫君たち』(第1巻)感想~グループの不和も描かれている、濃厚な百合作品~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

懲役339年(全4巻)感想。漫画と言うには勿体無い、映画のような作品だった。
春の包帯少女(全4巻)佐藤ミト 著 を読んだ感想について。
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
久米田康治『かくしごと』(第1巻)感想と紹介。先生の新たな風を楽しもう。
【漫画】桑原太矩先生の『空挺ドラゴンズ』(第1巻)初回特典・感想、確かな画力で描かれる、空の旅をお楽しみ下さい
【漫画】安藤正基先生『八十亀ちゃんかんさつにっき』(第1巻)初回特典・感想 名古屋への偏見を深めよう(違
【漫画】蘇募ロウ先生『なんでここに先生が!?』(全1巻)初回特典・感想 可愛い先生に悶えよう!
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】黒神遊夜先生原作、神崎かるな先生作画『武装少女マキャヴェリズム』(第6巻)の感想及び『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』の初回特典など その歴史を追いつつ想いを語ります
【漫画】横槍メンゴ先生『めがはーと』感想 愛と命をめぐる、読み切り作品集