【漫画】文ノ梛先生『旅とごはんと終末世界』(第1巻)感想~終末世界で褐色少女と犬とごはんを~

文ノ梛先生の『旅とごはんと終末世界』(第1巻)の感想です。
文ノ梛先生にとっての初単行本作品なようです。

旅とごはんと終末世界 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
文ノ梛
スクウェア・エニックス (2018-11-22)

作品紹介

世界の終わりで今日もおいしいごはんを。

人の時代が終わりを迎え、ゆるやかに静止してゆく世界。
ロボットの人 蘇芳は、犬の人 ミュートを連れ添い自分を設計した博士≪ご主人様≫を捜す旅をしていた。
道中で出会う、停止した時計塔、朽ちた学校、街だった廃墟。
かつてそこに居た人々の名残りを感じながら蘇芳たちは今日も旅をし、おいしいごはんを作って食べる。
もうすぐ終わる世界を巡る、終末スローライフ。

ロボットの人である蘇芳が、犬の人であるミュートを連れて、自分を設計した博士<ご主人様>を探す物語です。


今作の主人公はこの二人(?)

感想

終末の優しい世界観

人の世界が終わりを迎え、滅びつつあるという世界観を持っており、非常に寂しげで、退廃的な雰囲気が作品の端々から感じられます。
しかしその中にあって、蘇芳とミュートのメインの二人(?)は、少なくとも表面的には寂寥感を持っている雰囲気はありません。
まぁ一人はロボットで、もう一人は一部(?)がサイボーグ化されたような犬なので、人との価値観は違うのかも知れない、というところが大きいのかもしれませんが。


寂しい世界観でありながら、悲壮感はないのが特徴

それでも、この二人(?)以外で登場してくるキャラたちも、大きな悲壮感は今のところ感じられず。
もちろん、絵柄の雰囲気も相まって、「寂しさ」は大いに感じられるのですが、悲劇的な感じはありません。

おそらくは、この人たちは滅びゆく世界を受け入れているのだろうな、と思わせてくれます。
しかしこんな終わり方なら悪くないだろうな、って思えるのがとてもいいですね。

命の味

旅の途中で立ち寄った家に住んでいた男性の比良坂遊糸(作中では「ユウシ」と呼んでと言われていました)が、蘇芳の作ったシチューを食べて「命の味がする」というシーンがあります。


今作の一番大切な部分であると思います

非常に印象的なシーンであり、この作品の根幹の部分に当たるのではないかと思いました。
私自身は、食に対してはそこまで大きなこだわりはないものの、生き物である以上は何かを食べ続けないと生きていけません。

豊かな日本にいると忘れがちな、食べるということの大切さ。
このユウシは、ただ日々を消費するために、食べるということを重視していませんでした。
作中では美味しくできているのですが例えば現実的にも美味しさだけではなく、ただ純粋な食べるという行為を、改めて考えさせてくれた気がします。
もちろん、美味しいに越したことはありませんけどね。

結びに

タイトルや読み始めの頃からは、結構重たい作品かと思いましたが、読み進めていくと大変ほっこりさせてくれる作品でした。
もちろん、終末の世界であるので、一種の寂しさはあるものの、悲壮感はなく、読後感はとても良かったです。

ほとんど謎ばかりの世界であるのですが、今後その謎が解き明かされていくのか、期待しています。


少し寂しさも感じさせつつ、温かい気分にさせてくれる作品でした

俺からは以上です。

旅とごはんと終末世界 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス (2018-11-22)
売り上げランキング: 1,028


メディア

【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
もりしげ先生の『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)の感想です。 もりしげ先生は今作以外にも『花右京メイド隊』(全14巻)や『フダンシズム-腐男子主義-』(全7巻)などがあります。 もりしげ 秋田書店 (2018-12-07) 作品紹介 父親の海外赴任で、幼い弟と2人暮らしとなった陽一郎の家に、白雪と名乗る純白の美少女メイドが…!? そして、赤いのやら黒いのも…!!? ヤリ過ぎメイドのご奉仕コメディ♪ メイドの白雪が陽一郎の家に派遣されたことから物語が始まります 父子家庭で父親が海外赴任となった天國 陽一郎<あまくに よういちろう>と幼い弟の龍之介の家に、白雪と名乗る美少女のメイドが派遣されたことから物語が始まります。 感想 ナチュラルなラッキースケベさよ ま、もりしげ先生ですからね、ラッキースケベの描写なんてまさにお手の物ですよ。 そんな軽い口調で言えるほど、自然な形でラッキースケベが挿入されています。 いや、展開自体はメチャクチャに強引なんですけど、あまりにも自然に話に入っているので全く不自然さを感じないですよね。 切り取って見てみたら、強

続きを読む

【漫画】アジイチ先生『できそこないの姫君たち』(第1巻)感想~グループの不和も描かれている、濃厚な百合作品~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】寺井赤音先生『あまちんは自称♂』初回特典・感想 うーん…酷い!(褒め言葉)
【漫画】丈先生『宇崎ちゃんは遊びたい!』(第1巻)感想~ウザいヒロインが可愛い作品~
【漫画】くま先生の『オークが女騎士を育成してみた』(第1巻)初回特典・感想 可能性を秘めた作品に期待
【漫画】原作・カルロ・ゼン先生、キャラデザ・篠月しのぶ先生、コミカライズ・東條チカ先生『幼女戦記』(第1巻) エリートサラリーマンが入った幼女の活躍にご期待ください
【漫画】白正男&山戸大輔先生『テコンダー朴』(第2巻)感想 差別と戦い続ける主人公が感動的な作品
【漫画】佐倉色先生『とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話』(全1巻)感想 そして”ねとらぼ”との確執は続く…
【漫画】田村茜先生「モブ子の恋」(第1巻)感想、この作品に出てくる人達の優しさで現実世界を包み込んで欲しい
【漫画】鯨川リョウ先生の『マルセイ!!』(第1巻)初回特典・感想~ギリギリを攻める、その意気込み~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
2014年、個人的に傑作だったコミックです。伊勢ともか著「懲役339年」