【漫画】山口さぷり先生『ごすじん大好きポン太の憂鬱 』(第1巻)感想~愛犬の可愛らしい日常を~

山口さぷり先生の『ごすじん大好きポン太の憂鬱 』(第1巻)の感想です。
山口さぷり先生はこの作品のほかに『ロウリュガール』があります。

ごすじん大好きポン太の憂鬱 1 (電撃コミックスEX)
山口さぷり
KADOKAWA (2018-09-25)

作品紹介

愛犬がもっと愛しくなる! 柴犬ポン太とごすじんのすれ違い日常4コマ!!

柴犬のポン太はごすじんのことが大好き!でも、なぜか浮かない顔……
犬のあるあるエピソードを飼い犬の目線で描いた、すれ違い日常系4コマ!!
哀愁がありカワイイ、新感覚のペット漫画です。

柴犬のポン太とごすじん(ご主人)のさくらの日常4コマのコミックスが発売!
ポン太はごすじんのことが大好きなのに、なぜかいつも憂鬱な展開に……
ポン太とごすじんの間で起こるすれ違い、そして哀愁のあるポン太の姿は、愛しくてたまりません!!
また、ごすじんのさくらとポン太との出会いを描いた描き下ろしエピソードも収録!
この1冊を読めば、あなたの愛犬がさらに愛しくなります!!

柴犬のポン太と、ご主人(ごすじん)であるさくらの日常を描いた作品です。


ポン太とさくらの日常

感想

4コマ目の妙

基本的に4コマ漫画の構成をとっているこの作品。
1~3コマ目のポン太は2頭身というのか、コミカルな描写になっています。

しかしオチである4コマ目。
この4コマ目が常にリアル(とは言ってもコミカルさはありますが)になっているのが大きな特徴。
ラストの4コマ目にある、ポン太のがっかり(憂鬱)な場面描写が非常に秀逸。


四コマ目がリアル系に

柴犬の目線から描かれるちょっと憂鬱でがっかりな「スレ違い」が上手く表現されています。

ポン太とごすじんの可愛い日常

作者である山口さぷり先生の、柔らかく優しい独特の絵柄から描写される、1匹と1人の可愛い日常が非常に魅力的です。

擬人化されているわけではない、現実的な柴犬として描写されているので、意思疎通は出来ているようで実は今一つな関係。
だからこそ実際に柴犬を飼っている人(私は飼っていた、になりますが)には、わかる、と思わずうなずいてしまう場面も多くあります。


私もこんな感じで吠えられた経験あります

人間にとって都合がいいことは柴犬にとっては憂鬱なところも多くあるけど、ポン太はさくらのことが、さくらはポン太のことが、大好きで大切な存在。
読むと和める良作です。


ほのぼのとした日常が描かれています

結びに

ホンワカとする4コマでした。
柴犬を飼っている人にも、飼いたいと思っている人にも、そして飼っていた人にも読んで欲しい作品。

巻末には愛犬のあるあるエピソードも募集しており、投稿するとなにかサプライズがあるよう。
第2巻以降にも、この1匹と1人のほのぼのエピソードに期待しながら。


ポン太の苦悩は続く

俺からは以上です。

ごすじん大好きポン太の憂鬱 1 (電撃コミックスEX)
山口さぷり
KADOKAWA (2018-09-25)
売り上げランキング: 97,989
ロウリュガール

ロウリュガール

posted with amazlet at 18.12.06
ナンバーナイン (2018-10-12)


メディア

【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
中村ひなた先生の『やさしいヒカリ』(第1巻)の感想です。 中村ひなた先生は今作以外では、主にイラストを描かれていたようです。 中村 ひなた 講談社 (2018-11-07) 作品紹介 例えば、どこか遠くで暮らすとしたら――。 息つく暇のない生活を送るサラリーマン・三宅が再就職で行き着いたのは、穏やかに時間が流れる月輪島。 女子高生が案内人の、新たな暮らしが始まる! 潮風薫るリラックス・ドラマ開幕!! 激務のサラリーマン生活を辞めた主人公の三宅飛鳥が、離島の簡易郵便局の局長をする為に月輪島に行くことから物語が始まります。 月輪島の簡易郵便局へ転職した主人公の三宅 感想 優しい時間の流れ 物語冒頭では激務で死にかけている主人公・三宅の描写があり、それ以降は非常にゆったりとした流れで描かれています。 ほのぼのとした話が中心に描かれており、三宅とヒロインの女子高生である日和子との掛け合いがホンワカとします。 三宅とヒロイン(?)の日和子 第1巻では簡易郵便局での話はあまりなく、基本的には島民との交流を中心に描かれています。 その描写の中

続きを読む

【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!
【漫画】多田乃伸明先生『鬼の又鬼のアモ』(第1巻)感想~濃厚な和風テイストのするファンタジー作品~
【漫画】詩原ヒロ先生『オンラインの羊たち』(第1巻)感想~現代へのノスタルジーを感じよう~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

『流れ星に願うほど僕らは素直じゃない』(1巻)感想。挑戦的な作品!?
【漫画】横槍メンゴ先生『めがはーと』感想 愛と命をめぐる、読み切り作品集
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
春の包帯少女(全4巻)佐藤ミト 著 を読んだ感想について。
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
『ぐらんぶる』(1~5巻)特典と内容紹介。バカ、絶好調
【名作】素足のメテオライト全5巻(小西幹久作)感想。あなたにとって「神」とは?「普通」とは?
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
『MEMENTO-archivez-』(第1巻)初回特典・内容紹介・感想。2巻でこの作品の真価が判る。