【漫画】國本隆史『ネトラレミノル』(第1巻)初回特典と感想。寝取られ/寝取らせの定義付け難しさ

國本隆史先生の『ネトラレミノル』(第1巻)を紹介します。
18禁かと思っていましたが実際には一般でした。
今作が初単行本作品のようです。

ネトラレミノル 1<ネトラレミノル> (コミックフラッパー)
國本隆史
KADOKAWA / メディアファクトリー (2016-05-23)
売り上げランキング: 1,979

初回特典

ネトラレミノル
イラストカードでした(メロンブックス購入特典)

商品紹介

ミノルは学園一の美少女・めぐみと付き合うが、S○Xする際になぜか興奮しない。
あるとき、彼女が他の男から言い寄られると自分が興奮することに気づいてしまう。

寝取られフェチに目覚めた彼の歪な純愛がはじまる!

Amazonより引用

寝取られ

NTR(寝取られ)を題材にした作品。
18禁の作品であればシチュエーション的に珍しいものではないのですが、今作は紛れもなく一般向け。

本当にネトラレ?

とはいうものの、今作は寝取られ(NTR)というよりも寝取らせに近いような気がします。

それは、例えば主人公の千林ミノルの彼女である二ツ山めぐみが自発的にミノル以外の異性(別に同性でもいいですが)に性的な接触をしようとしているなら確かに「ミノルから見てめぐみが誰かに寝取られてしまった」になると思います。

ただ今作では、ミノルが性的興奮を得る為に意図的にめぐみを自分以外の相手に性的な接触をさせようとしているので「ミノルはめぐみを他の誰かに寝取らせようとしている」という構図になっているからです。

カンダウリズム

IMG_1987
作中ではミノルの性癖はカンダウリズムであると説明している

IMG_1988
NTRとは本質的に違うような・・

やはりこの説明だと、やはり「寝取られ」とは言い難いような気がするんですよ。

個人的な解釈ですが、寝取られってマゾヒズムの一種であると思うんですよね。
ですが寝取らせってどちらかといえばサディストのような気がします。

選択権の違いでしょうか。寝取られは好きな相手に選択権がありますが、寝取らせって自分に選択権がありますから。

考えられる寝取られの一例

IMG_1986

これはミノルの妄想ですが、この画像(ミノルの顔からして興奮はしていないですが)なんかは典型的な「寝取られ」だと思うんですよ。

ミノルの手の届かないところでめぐみが他の男と性的な関係になっていて、その状況に興奮しているのであれば、寝取られかなって思います。

寝取らせ

IMG_1985

寝取られの根底にもある、自分が無力故に他の男に支配されることに関するマゾ的な歓び。

他人の性的視線もコントロールの外であることを考えると、寝取られ系と考えることも可能です。

その視線をあえて誘発するかどうかで「寝取られ」か「寝取らせ」か定義が分かれてゆくのでしょう。

IMG_1990

電車で痴○をさせること、これなんかは正しくカンダウリズムなのでしょう。「寝取られ」といった印象は受けないです。

定義付けの難しさ

もっとも、数多ある性的嗜好のジャンルの中でもやたらこだわりを持った人が多いのがこの寝取られ属性。
私の考えているこの寝取られ/寝取らせの考えも、他の人からすれば納得いかないとは思います。
性的嗜好って細分化されればされるほど細かいところにこだわりを持ってしまうのは仕方ないのですが、バッサリと言ってしまえば「寝取られ」というジャンルはややこしいの一言。
ネット上で寝取られの話に出てくれば、それが本当に寝取られかどうかで揉めること必須の属性であります。

感想

「寝取られ」の正しい正しくないを言い出すとキリがないので、それを除いた今作の感想を書きます。

IMG_1983

ディープでニッチなものを題材にしているのですが、やはり一般掲載でもあるので表現は非常にオブラードに包まれています。
また絵柄もコミカルに描かれている為、そこまで深刻な印象は抱かずに比較的軽い気持ちで読むことが出来ます。

反面として漫画の技法というのか、表現の仕方がどことなく古臭く感じるところが多々あります。
絵柄についてもお世辞にも上手いとは言い難く、決して読みやすい作品ではありません。

コミカル部分とシリアス部分などの描き分けではなく、そもそもとして絵柄はかなり安定感のないのが気になります。

IMG_1992

こう言う描き方を是とできるか否か

今後のこの特殊な嗜好とどう折り合いをつけていくのが話の焦点になるのでしょうか。

まとめ

寝取らせ属性と親和性が良い属性って、多分幼馴染み属性なんだと思います。
今作の二人は違いますが、基本的に作る側からすれば「寝取られ」を題材としたいのであれば、「寝取られ」の部分を重点的に描写したいと思うはずです。

つまり重点的に描写したいと思う部分以外は出来るだけ削ぎ落としておきたいとも思うはず。
そうなってくると「幼馴染み属性」という友達以上恋人未満の関係がお手軽に作り出せる属性を使わない手はありません。
結果、大量の幼馴染みが寝取られる運命に。

まぁそれはいいんですよね。
誰がどの作品のどのキャラに対して言ったのかは忘れましたが、寝取られた幼馴染みは基本的に「他の男が欲しいと思うほどいい女なんだ」ってことですから。

IMG_1995
寝取られる(寝取らせる)のは魅力的なヒロインだからこそ

………簡単に間男に捨てられる展開もありますがね。

俺からは以上です。

A子
ノーコメントで

参考になりましたら
いいね!お願いします


漫画・映画・アニメ

【漫画】須賀達郎先生『帷子しずくはリードしたい!』(第1巻)初回特典・感想~幼馴染みと野球の組み合わせは正義………~
須賀達郎先生の『帷子しずくはリードしたい!』(第1巻)の感想です。 須賀達郎は今作以外にも『マックミラン高校女子硬式野球部』(及び『マックミランの女子野球部』)や『2年2組のスタジアムガール』といった萌えと野球を融合させた漫画を多数手掛けております。 なお、須賀達郎先生の『マックミラン高校女子硬式野球部』は、私のランキングの一つである「野球漫画のおすすめはやっぱりこれ!独断と偏見のベスト25!」で第11位でした。 須賀達郎 泰文堂 初回特典 イラストカードでした(とらのあな購入特典) 作品紹介 厳つい見た目に反して気弱な性格が弱点のプロ野球選手、帷子ユウリ。 プロ入りしてから伸び悩んでいたユウリは、幼馴染の"しずく"とケッコンすることに。 ところが、しずくはユウリをぐいぐい引っ張る""女房役""だった…! ? Amazonより引用 東京スピードワゴンズの選手である帷子ユウリ<かたびら>と、その新妻であるしずくの野球×ラブコメ作品です。 幼馴染み二人のイチャつきっぷりが見ていて眩しい作品 感想 野球と、そして可愛い幼馴染み! 作

続きを読む

【漫画】あららぎあゆね先生『リンナ警部は呼吸ができない』(全3巻)初回特典・感想 ~ラブコメで駆け抜けた名作~
【漫画】19名の作者が作る『エクレア bleue あなたに響く百合アンソロジー』完全レビュー~百合を愛するすべての人に~
【漫画】青辺マヒト先生『悪舌のモルフォ』(第1巻)初回特典・感想~美少年×元美少年の物語~
【漫画】山本崇一朗先生『恋文-山本崇一朗短編集-』初回特典・感想~ああ、素晴らしき山本崇一朗ワールド~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】金沢真之介先生『クノイチノイチ!』(第1~2巻)初回特典・感想 全くノ一が激怒するであろう問題作
【漫画】白正男&山戸大輔先生『テコンダー朴』(第2巻)感想 差別と戦い続ける主人公が感動的な作品
【漫画】寺井赤音先生『あまちんは自称♂』初回特典・感想 うーん…酷い!(褒め言葉)
「ふだつきのキョーコちゃん」「からかい上手の高木さん」魅力溢れる山本崇一朗作品のレビュー。
懲役339年(全4巻)感想。漫画と言うには勿体無い、映画のような作品だった。
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
【漫画】植野メグル『はじめてのギャル』(第1巻)初回特典・感想・レビュー。「からかい上手」なギャルはいかが?
【漫画】僕男先生『バレーの球語』(第1巻)初回特典・感想 表紙にだまされるな、これは熱い
【漫画】きただりょうま先生『ド級編隊エグゼロス』(第1巻)初回特典・感想
スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)