【漫画】円山晃先生『私立浜茄子中高等学校男子寮の戸惑い』(第1巻)感想~男子校への圧倒的な信頼感~

円山晃先生の『私立浜茄子中高等学校男子寮の戸惑い』(第1巻)の感想です。
円山晃先生にとって初単行本作品かと思われます。

私立浜茄子中高等学校男子寮の戸惑い(1) (電撃コミックスNEXT)
円山 晃
KADOKAWA (2018-10-25)

作品紹介

エロいことが全て。そんな平凡な男子校に舞い降りた男装女子!

男子寮に詰め込まれた制服男子たちはリビドーに追いかけられ、リビドーに捕まり、そしてリビドーに命じられるまま動くようになる……。これはそんな哀しい宿命に囚われてしまった男子たちを眺める男装女子の感想(ツッコミ)の記録である……
とかいっても、この男装女子もけっこうリビドー強いよね。

男子校である私立浜茄子中高等学校になぜか入学している八坂 ゆうき<やさか ゆうき>(女子)の日常(?)を描いた作品です。


男子校になぜか入学した女子のお話

感想

男子校のノリと男の友情よ

第1巻では解き明かされていないんですが、男子校であるはずの私立浜茄子中高等学校になぜか入学しているゆうき(女子)。
彼女を女子と認識しているのは同じクラスメイトである白石 義久<しらいし よしひさ>のみ。
能力パラメーターを下ネタに全振りしてるであろうクラスメイトの米里を含めた、男子高校の悪ノリが非常に楽しい。


男子校への圧倒的な信頼感

最初の頃こそ、ゆうきの下着や入浴を見張るなどの色気のある話が何個か入っているんですが、いつの間にか読者へのエロの対象が八坂ではなく、普通の男同士の会話になっていくという。
なんかもう下ネタで盛り上がっている男子たちが可愛く見える作品です。

秘密の共有した男女(八坂と白石)がいつの間にかラブコメ的な展開になるのかと思いきや。
この作品は、男子校のノリに女子が混じったら?というちょっと斜め上の展開に。
本気でラブがほぼ感じられない。
マジか、嘘だろ、秘密を共有した男女だぞ!?
まぁ若干はお互い気にしてる的な感じの部分はないこともないような気がしなくもない………と自信がない言い方になりますね。


100年の恋も冷めそうな瞬間

男子校のノリというのか、暑ければ脱げばいいって短絡的な発想になるところがいいですよね。
まぁ女子校でもそこまで違いはないでしょうが。
男女共に異性の目がなければ、無頓着になる、そんなところはうまく描写されていると思います。

下ネタも多く入っており、基本的には「男子校の下ネタの話に女子が入ってくる」という流れかな。
意外と友情に篤い白石と、本能に忠実な米里がいい味出してます。


謎の言葉のオンパレード

入学の謎

まぁそもそも、なんで女子であるはずの八坂が男子校に入学してきたのかって話なんですが。
少なくとも第1巻ではそこまで語られていません。
八坂の方も女と知っている白石に対して「女扱いしろ」という場面もあるし、入学すること自体が本人の希望じゃなさそうな感じもあります。

今推測できることといえば、一応ちょいちょいと学校の設定が出てきているのですが、校則が厳しめでそれなりの進学校なので、そういうことなのかな?ということぐらいですね。

結びに

面白い作品でした。
どちらかといえばこの作品は、女子の八坂にではなく、男子校に染まり切れていない白石に萌える作品だと思います。
あとは下ネタ言いまくってますが米里は大好きですよ。
そこそこイケメンなのに、その身を呈しでも下ネタに命を懸ける熱意は尊敬の一言。

今作を買った時の想像の斜め上の展開でしたが、面白い作品でした。
第2巻が早く読みたいと思える、そんな第1巻でした。


ちょっとだけドキッとさせてくれる時もあります

俺からは以上です。

私立浜茄子中高等学校男子寮の戸惑い(1) (電撃コミックスNEXT)
円山 晃
KADOKAWA (2018-10-25)
売り上げランキング: 126,903


メディア

【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
もりしげ先生の『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)の感想です。 もりしげ先生は今作以外にも『花右京メイド隊』(全14巻)や『フダンシズム-腐男子主義-』(全7巻)などがあります。 もりしげ 秋田書店 (2018-12-07) 作品紹介 父親の海外赴任で、幼い弟と2人暮らしとなった陽一郎の家に、白雪と名乗る純白の美少女メイドが…!? そして、赤いのやら黒いのも…!!? ヤリ過ぎメイドのご奉仕コメディ♪ メイドの白雪が陽一郎の家に派遣されたことから物語が始まります 父子家庭で父親が海外赴任となった天國 陽一郎<あまくに よういちろう>と幼い弟の龍之介の家に、白雪と名乗る美少女のメイドが派遣されたことから物語が始まります。 感想 ナチュラルなラッキースケベさよ ま、もりしげ先生ですからね、ラッキースケベの描写なんてまさにお手の物ですよ。 そんな軽い口調で言えるほど、自然な形でラッキースケベが挿入されています。 いや、展開自体はメチャクチャに強引なんですけど、あまりにも自然に話に入っているので全く不自然さを感じないですよね。 切り取って見てみたら、強

続きを読む

【漫画】アジイチ先生『できそこないの姫君たち』(第1巻)感想~グループの不和も描かれている、濃厚な百合作品~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
会社の奴には絶対知られたくない(全1巻)狂気と正気の描写の狭間で一体何が起こるのか!
【漫画】川崎直孝先生『ちおちゃんの通学路』(1~4巻)初回特典と感想。これからもお世話になります!
【漫画】栗井茶『アオイココロが地球を割る(削る)』(第1巻)初回特典と感想。
【漫画】國本隆史『ネトラレミノル』(第1巻)初回特典と感想。寝取られ/寝取らせの定義付け難しさ
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】19名の作者が作る『エクレア bleue あなたに響く百合アンソロジー』完全レビュー~百合を愛するすべての人に~
【漫画】鯨川リョウ先生の『マルセイ!!』(第1巻)初回特典・感想~ギリギリを攻める、その意気込み~
アイドルマスター ミリオンライブ!(門司雪)第2巻の初回特典・感想。心が震えるぜ…