【漫画】七尾ナナキ先生『ピウイ~ふしぎないきもの~』感想~ふしぎなふしぎな生き物~

七尾ナナキ先生の『ピウイ~ふしぎないきもの~』の感想です。
七尾ナナキ先生は今作の本編である『Helck 』(全12巻)を描かれています。

ピウイ~ふしぎないきもの~ (裏少年サンデーコミックス)
七尾ナナキ
小学館 (2018-11-12)

作品紹介

よめば ふしぎと いやされる。

「こんにちは!ボク、ピウイ!」

鳥みたいで鳥じゃない。
いつも元気に挨拶して
周りの人を幸せにする
ふしぎないきもの。
ピウイの冒険 短編コメディー。

作者の七尾ナナキ先生の代表作(というか現状唯一の単行本作品)である『Helck』<ヘルク>(全12巻)のスピンオフ作品になります。


今作の主人公(?)のピウイ

感想

本編との違いについては

まず本編の『Helck』<ヘルク>(全12巻)といえば、魔界の新魔王決定戦に人間の勇者ヘルクがやってきて「人間滅ぼそう。」と言い放つ衝撃のスタートを切った作品です。
ギャグ調で始まった本編も、物語が進めばヘルクの物語冒頭の言葉の意味も、そしてシリアスでありながらも、ユーモアのある、非常に深みのある作品でした。


シリアスな部分もありますが、基本的にはコメディな今作

さて今作の主人公、というのかメインキャラは、その本編である『Helck』に出てくる謎のキャラクター。
鳥のようで鳥じゃないという謎の生命体、不思議な生き物のピウイです。
単行本ではわかりづらいですが、実際には黄緑色っぽい色をしています。

本編とは違ってシリアス部分はかなり抑え気味であり、ギャグもそこまで力強いものではありません。
しかしそれでもギャグとシリアスの塩梅さ加減は、さすが七尾ナナキ先生らしい雰囲気という感じで、十二分に味が出ていると感じました。

本編を読まれていない方がどう思わるのかわかりません。
ただ私の感覚としては、今作のストーリーの展開的に本編を読んでないと分かりづらいところが、一部にはあるような感じがします。

癒される?

帯には『よめば、ふしぎといやされる。』とありますが、癒される………かな?
七尾ナナキ先生自体が、ストーリー性のある漫画を描く作者というのもあるのか、純粋な「癒し」というのはあまりないかなって感じました。
要は、「ピウイという生き物が可愛いだけ」という作品ではなく、ピウイの行く先々で色々なことが起こりました、結果オーライばかりです、という話になっています。
なので、素直に癒しを求めている人には若干肩透かしを食らうような気がします。
途中途中にある四コマ漫画の部分は、確かに単純な「癒し」ではあると思います。
まぁピウイ、確かに若干ウザいけど可愛いのはわかりますけどね。


素直な性格をしているのでサラッとはしています

結びに

七尾ナナキ先生、『Helck』終わった後は何を描いているんだろって思っていたら、まさかのスピンオフ描いていたとは………。
ピウイは作者もお気に入りなんだろうな、と思っていましたが、まさかスピンオフ描くまでとは。
最後の方ですが、本編のキャラがチラッと出てくるのがなかなかに憎い演出ですね。

ナンバリングされておらず、しっかりと完結してしまっているので、続刊はないのかな?
七尾ナナキ先生の描く女の子はほぼほぼ気が強そうで(実際に強いですが)かなり好みです。
そんな七尾ナナキ先生の次回作に期待しつつ


七尾ナナキ先生の描かれる女の子の「気の強そうな」感じはたまりません

俺からは以上です。

ピウイ~ふしぎないきもの~ (裏少年サンデーコミックス)
小学館 (2018-11-12)
売り上げランキング: 21,718
Helck(1) (裏少年サンデーコミックス)
小学館 (2014-08-18)
売り上げランキング: 29,026


メディア

【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
もりしげ先生の『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)の感想です。 もりしげ先生は今作以外にも『花右京メイド隊』(全14巻)や『フダンシズム-腐男子主義-』(全7巻)などがあります。 もりしげ 秋田書店 (2018-12-07) 作品紹介 父親の海外赴任で、幼い弟と2人暮らしとなった陽一郎の家に、白雪と名乗る純白の美少女メイドが…!? そして、赤いのやら黒いのも…!!? ヤリ過ぎメイドのご奉仕コメディ♪ メイドの白雪が陽一郎の家に派遣されたことから物語が始まります 父子家庭で父親が海外赴任となった天國 陽一郎<あまくに よういちろう>と幼い弟の龍之介の家に、白雪と名乗る美少女のメイドが派遣されたことから物語が始まります。 感想 ナチュラルなラッキースケベさよ ま、もりしげ先生ですからね、ラッキースケベの描写なんてまさにお手の物ですよ。 そんな軽い口調で言えるほど、自然な形でラッキースケベが挿入されています。 いや、展開自体はメチャクチャに強引なんですけど、あまりにも自然に話に入っているので全く不自然さを感じないですよね。 切り取って見てみたら、強

続きを読む

【漫画】アジイチ先生『できそこないの姫君たち』(第1巻)感想~グループの不和も描かれている、濃厚な百合作品~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

会社の奴には絶対知られたくない(全1巻)狂気と正気の描写の狭間で一体何が起こるのか!
【漫画】栗井茶『アオイココロが地球を割る(削る)』(第1巻)初回特典と感想。
【漫画】寺井赤音先生『あまちんは自称♂』初回特典・感想 うーん…酷い!(褒め言葉)
【漫画】丈先生『宇崎ちゃんは遊びたい!』(第1巻)感想~ウザいヒロインが可愛い作品~
スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
『君死ニタマフ事ナカレ』(第2巻)初回特典と感想。絶賛期待中の迷走作!?(あるいはその逆)
【漫画】新井英樹『なぎさにて』(第1~2巻)感想・評価・レビュー。リアリティゆえの暑苦しさを堪能せよ。
峰浪りょう先生の『初恋ゾンビ』(第1~2巻)紹介と感想。設定に振り回されるのもまた楽しや!?
【漫画】季月えりか『千恋*万花』(第1巻)初回特典と感想。よい宣伝漫画。
原作臼井儀人&漫画塚原洋一『野原ひろし 昼メシの流儀』(第1巻)初回特典・感想 スピンオフ作品の宿命を背負った作品