【漫画】ひのなつ海先生『あかいろ交差点』(第1巻)初回特典・感想(ネタバレ注)変化していくヒロインは良いものだ

ひのなつ海先生の初単行本である『あかいろ交差点』(第1巻)の感想です。

あかいろ交差点 (1)
ひの なつ海
一迅社
売り上げランキング: 5,199

初回特典

IMG_4043
イラストペーパーでした(未来屋書店購入特典)。

商品紹介

君を知ったら、運命になるのだろうか。

一年前の入学式での出会い以来、蒔田恵太は、 大原たまきになぜか拒絶され、避けられ続ける日々。
二年生で同じクラスになったことをきっかけに、 意を決してたまきに理由を問い詰める恵太だったが、 彼女の口から飛び出したのは予想外すぎる告白だった……。

comic POOLで大好評連載中の犬系男子×猫系女子の青春グラフィティが 描き下ろし本編と番外編を収録して登場!

Amazonより引用

感想

変化していくヒロインが可愛い(気に入った点)

IMG_4025

始業式の時に、たまきは初対面であるはずの恵太に「話しかけないで」と一方的に拒絶。

しかし、別々のクラスにもかかわらず、なぜかその後も委員会や学校でのイベントでことあるごとに鉢合わせする二人。
そのたびにたまきは恵太へを睨みつけ、拒絶し続けます。

しかし2年生になった二人は、ついに一緒のクラスに!
そこでもやはり拒絶される恵太は、「なんで嫌っているのか」をたまきを問い詰めます。

IMG_4026たまきのトンデモカミングあうと。「赤い糸で繋がってるの!」

 

IMG_4027

彼女には「運命の赤い糸が見える」そして、「自分(たまき)の運命の赤い糸が繋がった人が恵太であった」という。

拒絶していたのは、「赤い糸」によって「自分の運命が決まってしまっていると思いたくない」という理由。

元から人をあまり寄せ付けないクールビューティーな雰囲気を纏ったたまきですが、抗えない運命によって、少しずつ、本当に少しずつ変化していくのが非常に可愛いです。

IMG_4028

また1年生の時は「意図的に避ける必要があることから日常的に恵太を意識していた」、というのも侮れない部分です。
まんま好き避けじゃん、という、なかなかに美味しい設定ですね。

 

IMG_4045

「運命の赤い糸」で繋がっているとは言え、現段階ではクラスメイトの関係からまだまだ恋愛感情には至らない二人ですが、どのように結ばれてゆくのか、恋の行方に期待せざるを得ません。

気に入った箇所

この「運命の赤い糸」ですが、たまきは時たま見える時や触れる時がありますが、恵太には基本的に全く見えないし触れることもできません。(たまに引っ張られる感覚はある)。

この部分の描写が最大限活かされているのは、表紙と裏表紙です。

IMG_4022
(表表紙)

IMG_4023(裏表紙)

実は誰よりも恵太のことを意識しているたまき、そんなことはつゆ知らずの恵太。

彼女の淡い恋心もが伝わってくるような素敵な表紙です。

まとめ

完全に表紙買い(J.のメモ帳を編集中に表紙が非常に気に入って)した作品です。

単行本ではかなり加筆修正、掲載されている順番が変更されていますが、作者のpixivで読むことが出来ますので見比べてみるのも面白いかもしれません。

結構気の強いヒロインで主人公にきつくあたる場面も多い今作ですが、淡い絵柄や内容も非常に温かい作りになっており、読んでいてほんわかします。
2巻以降で段々とステップアップしていく二人に期待の作品です。

IMG_4046

俺からは以上です。

B子
堕ちてゆくヒロインか!なかなか楽しそう
A子
○○○には勝てなかったよ……ですか
C子
「赤い糸」ですからね!変な言い方しないでください!!
あかいろ交差点: 1 (comic POOL)
一迅社 (2016-10-31)


メディア

【漫画】もりしげ先生『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)感想~もりしげ先生の原点回帰?~
もりしげ先生の『おしかけメイドの白雪さん』(第1巻)の感想です。 もりしげ先生は今作以外にも『花右京メイド隊』(全14巻)や『フダンシズム-腐男子主義-』(全7巻)などがあります。 もりしげ 秋田書店 (2018-12-07) 作品紹介 父親の海外赴任で、幼い弟と2人暮らしとなった陽一郎の家に、白雪と名乗る純白の美少女メイドが…!? そして、赤いのやら黒いのも…!!? ヤリ過ぎメイドのご奉仕コメディ♪ メイドの白雪が陽一郎の家に派遣されたことから物語が始まります 父子家庭で父親が海外赴任となった天國 陽一郎<あまくに よういちろう>と幼い弟の龍之介の家に、白雪と名乗る美少女のメイドが派遣されたことから物語が始まります。 感想 ナチュラルなラッキースケベさよ ま、もりしげ先生ですからね、ラッキースケベの描写なんてまさにお手の物ですよ。 そんな軽い口調で言えるほど、自然な形でラッキースケベが挿入されています。 いや、展開自体はメチャクチャに強引なんですけど、あまりにも自然に話に入っているので全く不自然さを感じないですよね。 切り取って見てみたら、強

続きを読む

【漫画】アジイチ先生『できそこないの姫君たち』(第1巻)感想~グループの不和も描かれている、濃厚な百合作品~
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】ビーノ先生『女子高生の無駄づかい』(第2巻)初回特典・感想―相変わらずのギャグの切れに脱帽!
【漫画】寺井赤音先生『あまちんは自称♂』初回特典・感想 うーん…酷い!(褒め言葉)
懲役339年(全4巻)感想。漫画と言うには勿体無い、映画のような作品だった。
スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
【漫画】ビーノ『女子高生の無駄づかい』(第1巻)初回特典と感想。女子高生を無駄遣いした作品。
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】岡本倫先生原作、横槍メンゴ先生作画『君は淫らな僕の女王』(第2巻)初回特典・感想 絶妙なバランスで成り立っている奇作
【漫画】黒神遊夜先生原作、神崎かるな先生作画『武装少女マキャヴェリズム』(第6巻)の感想及び『しなこいっ』『竹刀短し恋せよ乙女』の初回特典など その歴史を追いつつ想いを語ります
【漫画】新島秋一先生『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』(第1巻)初回特典・感想、「はい、かわいいと思います!!」
【漫画】鯨川リョウ先生の『マルセイ!!』(第1巻)初回特典・感想~ギリギリを攻める、その意気込み~