【漫画】くらの先生『さんさん桜』(第1巻)感想~日本舞踊に魅せられた若者を描く成長物語~

くらの先生の『さんさん桜』(第1巻)の感想です。
くらの先生にとっての初単行本作品とのことです。

さんさん桜 1 (ジーンLINEコミックス)
くらの
KADOKAWA (2018-11-14)

作品紹介

日本舞踊に魅せられた2人の青春成長物語!

日本舞踊の名家に生まれたが父の死をきっかけに舞台を降りた菊央。
そんななか、突然日本舞踊を習いに家にやってきた金髪碧眼のヒメ。
そんなヒメに振り回されながら菊央も、再び踊る決意をする――!

父の死をきっかけに日本舞踊を辞めてしまい怠惰な毎日を過ごしていた菊央と、そんな菊央の家に金髪碧眼で容姿端麗なヒメがやってきたことから物語が始まります。


菊央とヒメの出会いのシーン

感想

トラウマを乗り越える物語と、日本舞踊

菊央は、自分のせいで父親を殺してしまったと感じており、その為に非常に日本舞踊に対してトラウマを抱いています。
日本舞踊を教えて欲しいヒメと出会ったことにより、強制的にトラウマと向き合わされてしまう菊央。
ページ数にしてしまえば短く描かれており、さらっと流したように見えるのですが、向き合った結果立ち直った感じが非常に出ており、良かったと思いました。


切実さがひしひしと伝わるシーンでした

本編の流れに大事なところはしっかりと描きつつも、読者に対しての日本舞踊の説明としては、飛ばせる細かいところや、が横筋に逸れてしまいそうな箇所は結構バッサリと捨てている感じです。
日本舞踊を題材にしていますが、この「日本舞踊の説明」に執着しすぎずに、それでいて説明と描写は必要十分に盛り込まれていると感じました。


日本舞踏を題材に置きつつも二人の成長にも重きを置いているところが本作の特徴

私自身、この作品を読むまでは日本舞踊というモノに対してほとんど知識を持ち合わせてはいなかったのですが、読んでいて説明が長い・多いなと感じることも、逆にわからなくて何かに詰まる、ということは全くありませんでした。
今作が初連載で初単行本作品なようですが、物語の必要な部分を取捨選択するのが非常に上手い作者なんだろうな、と思いました。

ヒロイン(?)の謎と物語性

ヒロイン然として物語の動きの中核を担っているヒメですが、謎がかなり多い存在。
敢えて隠してる部分なのですが、本名が分からないのはまだいいとしても、下手したらヒロインですらなさそうな。


こんなに可愛いのに、いまのところは性別の明記されず

性別は明記されておらず、ヒメ自身も特に言っておらず、また名前もわからないので、そこからも判断できない状況。
この「敢えて隠している」のかは、今後わかるのかと思いますが、なかなかモヤモヤとさせてくれます。


いいですね………とても

いずれにせよ、基本的には好奇心旺盛で天真爛漫な小動物的な言動でありながらも、意外と人を見ている感じがするヒメは可愛いの一言。
本当に女の子であっても、実は男の子であっても、この物語のヒロインは間違いなくヒメなんだよ!って思わせてくれます。


私は男でもいいと思う

結びに

日本舞踊を通じて過去のトラウマに打ち勝ったり、二人の若者が互いに成長していく姿を描いた今作。
成長物語としても、日本舞踊を題材にした作品としても、なかなかに優秀だと感じました。

第1巻の最後には衝撃的な部分もあり、物語が一気に動きそうな予感がします。
読み応え十分な作品です。


日本舞踏への愛が感じる作品でした

俺からは以上です。

さんさん桜 1 (ジーンLINEコミックス)
くらの
KADOKAWA (2018-11-14)
売り上げランキング: 13,797


メディア

【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
中村ひなた先生の『やさしいヒカリ』(第1巻)の感想です。 中村ひなた先生は今作以外では、主にイラストを描かれていたようです。 中村 ひなた 講談社 (2018-11-07) 作品紹介 例えば、どこか遠くで暮らすとしたら――。 息つく暇のない生活を送るサラリーマン・三宅が再就職で行き着いたのは、穏やかに時間が流れる月輪島。 女子高生が案内人の、新たな暮らしが始まる! 潮風薫るリラックス・ドラマ開幕!! 激務のサラリーマン生活を辞めた主人公の三宅飛鳥が、離島の簡易郵便局の局長をする為に月輪島に行くことから物語が始まります。 月輪島の簡易郵便局へ転職した主人公の三宅 感想 優しい時間の流れ 物語冒頭では激務で死にかけている主人公・三宅の描写があり、それ以降は非常にゆったりとした流れで描かれています。 ほのぼのとした話が中心に描かれており、三宅とヒロインの女子高生である日和子との掛け合いがホンワカとします。 三宅とヒロイン(?)の日和子 第1巻では簡易郵便局での話はあまりなく、基本的には島民との交流を中心に描かれています。 その描写の中

続きを読む

【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!
【漫画】多田乃伸明先生『鬼の又鬼のアモ』(第1巻)感想~濃厚な和風テイストのするファンタジー作品~
【漫画】詩原ヒロ先生『オンラインの羊たち』(第1巻)感想~現代へのノスタルジーを感じよう~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

『流れ星に願うほど僕らは素直じゃない』(1巻)感想。挑戦的な作品!?
【漫画】横槍メンゴ先生『めがはーと』感想 愛と命をめぐる、読み切り作品集
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
春の包帯少女(全4巻)佐藤ミト 著 を読んだ感想について。
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
『ぐらんぶる』(1~5巻)特典と内容紹介。バカ、絶好調
スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
【名作】素足のメテオライト全5巻(小西幹久作)感想。あなたにとって「神」とは?「普通」とは?
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
【漫画】植野メグル『はじめてのギャル』(第1巻)初回特典・感想・レビュー。「からかい上手」なギャルはいかが?