【漫画】あぬ先生『なんで生きてるかわからない人 和泉澄25歳』(第1巻)感想~人はなぜ生きてしまうのか~

あぬ先生の『なんで生きてるかわからない人 和泉澄25歳』(第1巻)の感想です。
あぬ先生の初単行本作品かと思われます。

なんで生きてるかわからない人 和泉澄25歳 1 (ゼノンコミックス)
あぬ
徳間書店 (2018-10-20)

作品紹介

ツイッターリツイート19,000&いいね39,000の話題作がコミックス化!!
フリーターで生きがいもない和泉澄(25歳)。
毎日が窮屈で、退屈で、息苦しくて…つい思考はマイナスへ。
ふと考えてしまう「なんで私、生きてるんだろ?」という疑問。

そして始まる後悔という名の蟻地獄。
いつまでたっても明日に希望を見い出せない。
日常に隠れる些細な変化に気付けず、不安に毎日を過ごす人々へ贈るネガティブ・ショートストーリー。

特に生き甲斐もなく、ただ毎日を消化しているマイナス思考を持った和泉澄の日常を描いた作品です。


今作の主人公です

感想

漠然とした不安

今、日本では「不満はない、しかし漠然とした不安はある」という若者が多いと聞きます。
この作品の主人公である、和泉澄もその一人と言えます。


なんとなく日常を消費してしまう生活

25歳のフリーターでありつつも、現状に特に不満はない。
しかし漠然とした、社会や他人に対する大きな不安はある。


負のスパイラルに陥ると考えがちな思考かも

第1巻ではあまり語られていないのですが、学生生活は普通にこなせていた。。
しかし巻末の第2巻の予告を見ると、大学に卒業後、就職した先で大きな挫折を味わったようです。
それが立ち直れぬまま、ズルズルと今に至る流れになったのでしょう。

はっきりとわかっている不満と違い、何かをすれば即解決するわけでないはっきりとしない不安。
そんなの心の持ちようだといわれても、なかなか心は切り替えられないもの。

現状に不満はない。でもなんとなく、漠然とした不安がある。
そんな人には共感を得られる作品だと思います。

対人関係の難しさ

物質的な欲求も希薄な澄。
人生に目的や目標を見つけられず、その中で友人や同僚に対して関係を築くことの難しさを感じる毎日。
電話に出ると相手が冷たく感じることや、SNS等での友達との話が辛くなったり。


現実から目を背けてしまう時もありますよね

人と仲良くなったというポジティブな気持ちはわからないのに、人に距離を置かれたというネガティブな瞬間はすぐに理解できる。
あくまでも救いのない、それでも一生懸命に生きている、平凡な日常が描かれています。


私にもよくわかる場面

結びに

第1巻ではただただつらい毎日が描かれており、救いを求める形にするのではなく、読者に共感を求める形をとっています。
風刺的でなかなかに面白い作品でした。

第2巻では澄の過去や、そのほかの登場人物を主体に置いた話も展開されるようです。
澄のこれからにも期待して


第2巻以降では澄以外のキャラにもスポットライトが当たる予感

俺からは以上です。

なんで生きてるかわからない人 和泉澄25歳 1 (ゼノンコミックス)
あぬ
徳間書店 (2018-10-20)
売り上げランキング: 71,511


メディア

【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
中村ひなた先生の『やさしいヒカリ』(第1巻)の感想です。 中村ひなた先生は今作以外では、主にイラストを描かれていたようです。 中村 ひなた 講談社 (2018-11-07) 作品紹介 例えば、どこか遠くで暮らすとしたら――。 息つく暇のない生活を送るサラリーマン・三宅が再就職で行き着いたのは、穏やかに時間が流れる月輪島。 女子高生が案内人の、新たな暮らしが始まる! 潮風薫るリラックス・ドラマ開幕!! 激務のサラリーマン生活を辞めた主人公の三宅飛鳥が、離島の簡易郵便局の局長をする為に月輪島に行くことから物語が始まります。 月輪島の簡易郵便局へ転職した主人公の三宅 感想 優しい時間の流れ 物語冒頭では激務で死にかけている主人公・三宅の描写があり、それ以降は非常にゆったりとした流れで描かれています。 ほのぼのとした話が中心に描かれており、三宅とヒロインの女子高生である日和子との掛け合いがホンワカとします。 三宅とヒロイン(?)の日和子 第1巻では簡易郵便局での話はあまりなく、基本的には島民との交流を中心に描かれています。 その描写の中

続きを読む

【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!
【漫画】多田乃伸明先生『鬼の又鬼のアモ』(第1巻)感想~濃厚な和風テイストのするファンタジー作品~
【漫画】詩原ヒロ先生『オンラインの羊たち』(第1巻)感想~現代へのノスタルジーを感じよう~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】横槍メンゴ先生『めがはーと』感想 愛と命をめぐる、読み切り作品集
『流れ星に願うほど僕らは素直じゃない』(1巻)感想。挑戦的な作品!?
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
【漫画】いとまん『発症区』(第1巻)初回特典と感想。表紙詐欺だが内容上々!作者の成長にも期待したくなる作品
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
春の包帯少女(全4巻)佐藤ミト 著 を読んだ感想について。
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】高橋脩先生『ラストギアス』(第1巻)感想~ちょっとダークな幼馴染みラブコメ作品~
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~