1: 2017/07/23(日) 15:10:26.76 ID:TXg+EDdJ0 BE:819973909-2BP(2000)  静岡県小山町の富士山須走口7合目付近に、登山ルートとは違う方向を指した矢印の落書きが多数 描かれていることが分かった。 矢印の先に沢や岩場があるケースもあり、事故につながる危険があるとして進入禁止のロープを張るなどしている。 同町商工観光課によると、落書きは、須走口7合目の山小屋「見晴館」近くで見つかった。 約300mにわたり、スプレーのような白色の塗料で約2m間隔で描かれており、18日時点で42か所確認。矢印のほか丸形もあったという。 6月20日に、山小屋の開業準備のため現地を訪れた関係者が見つけた。昨年9月の営業終了時にはなかったという。 同町の担当者は「誰がどんな意図で描いたのか分からず、困惑している。登山者の安全のため消したいと考えており、国などと対応を検討している」と話している。 http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170719/20170719-OYT1I50015-L.j...