【澤井国一容疑者(63)】自動車運転処罰法違反(過失傷害)で送検。危険運転致傷も視野に入れ捜査中。罪状の違いと過去の同様事例について。

神戸市中央区のJR三宮駅前で乗用車が暴走し、歩行者5人が重軽傷を負った事故で、澤井国一容疑者が自動車運転処罰法違反(過失傷害)で送検されました。

8月22日追記:澤井被告が危険運転傷害罪で起訴されました。
10月3日追記:初公判について

bousou出典:Youtube

概要

  • 5月5日、神戸県警は、沢井国一容疑者を自動車運転処罰法(過失運転傷害)で神戸地検に送検した。
  • 現場の道路にブレーキの形跡がないこともわかっている。(上動画でもブレーキランプが点灯していない)
  • 沢井容疑者に簡易鑑定をしたところ、薬物や飲酒・てんかんの痕跡は認められなかった。
  • 持病があり、それが原因で正常な運転ができなくなった可能性もあると見ている。
  • 「数年前の自動車事故により頭の手術をし、手術後、手が震えたり顔が揺れたりする後遺症が出ていた」との証言が多数ある。
  • 複数回の事故歴があり、2016年4月に免許を更新したばかり
  • 沢井容疑者は「モニュメントにぶつかったのは覚えているが、はねた覚えがない。なぜ事故が起きたか分からない」と供述。
  • 県警は、危険運転致傷容疑の適用も視野に入れ捜査をすすめている。

産経新聞その1その2

8月22日追記:

逮捕後、澤井被告が「事故のことは覚えていない」と供述したため、神戸地裁が鑑定留置*を行い調べたところ、てんかんの持病があったことが判明しました。

事故前までに澤井被告は、てんかんの診断を受けたことはありませんでしたが、神戸地裁は、澤井被告が以前にも意識障害を伴う事故を起こしていて、危険性を十分認識していたと判断、危険運転傷害罪での起訴に踏み切りました。

*鑑定留置とは、被疑者・被告人に精神障害などの疑いがあり、刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神や心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置することです。(コトバンクより)

10月3日追記:

自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)罪に問われた無職・沢井国一被告の初公判が3日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれました。

沢井被告は罪状認否で事故を起こした事実は認めましたが、「過去に運転中に意識障害を起こした認識がなく、(事故当時)てんかんの発作を起こしたことも分からなかった」と述べ、起訴内容を否認しました。

 

神戸地検は、沢井被告が2015年8月と10月にも運転中に意識を失って人身事故を起こしており、危険性を認識しながら運転したとして、法定刑の重い危険運転罪で起訴しました。

 

しかし、沢井被告はこの2件の事故についても、「居眠りやハンドルの操作ミスが原因と認識していた」と主張し、弁護側は危険運転罪の成立について争う姿勢を示しました。

2017年3月29日追記:

自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)罪に問われた無職沢井国一被告(64)の判決が神戸地裁であり、佐茂剛裁判長は、懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役4年)の有罪判決を言い渡しました。

 

佐茂裁判長は、被告が過去に意識障害に陥り、医師からてんかんを疑われたことや、2015年にも意識喪失による追突事故を起こしていたことなどから、「何らかの病気で、正常な運転に支障が生じる恐れを認識していた」と判断。「家族らからの警告を真摯に受け止めず運転を繰り返して事故を発生させ、認識の甘さは厳しく非難されるべきだ」と述べました。

ニュースソース:時事通信

過失運転傷害と危険運転致死傷の違い(概要)

20151127akusistu2
※新法:自動車運転死傷行為処罰法

危険運転致死傷が適用される条件としては、主に8つの行為があります。そのうち今回該当する可能性のあるものは、

6.殊更に赤信号を無視する運転

8.自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある病気の影響で、正常な運転に支障がある状態での運転

適用罪状(抜粋)

罪状 一般 無免許
危険運転致傷罪 準酩酊等運転と病気運転を除く 15年以下の懲役 6月以上の有期(20年以下)懲役
危険運転致傷罪 準酩酊等運転と病気運転 12年以下の懲役 15年以下の懲役
過失運転致死傷罪 7年以下の懲役もしくは禁錮、 10年以下の懲役
または100万円以下の罰金

容疑者について

sawai

  • 名前:沢井国一(63)
  • 住所:神戸市中央区港島中町
  • 職業:無職
  • 家族構成:妻と長男と死別、次男(22)との二人暮らし
    ※22歳の次男も事故車両に同乗していた

繁華街で発生した過去の暴走事故

発生 現場 死傷者数 原因
2012年4月 京都・祇園 8人死亡、12人けが てんかん
2014年2月 福岡・天神 12人けが 危険ドラッグ
2014年2月 JR名古屋駅 14人けが 故意
2014年6月 JR池袋駅 1人死亡、6人けが 危険ドラッグ
2014年6月 大阪・御堂筋 3人けが 低血糖
2015年8月 JR池袋駅 1人死亡、4人けが てんかん
2015年10月 JR宮崎駅 2人死亡、4人けが てんかん
2016年2月 大阪・梅田駅 3人死亡、8人けが 心疾患
2016年5月 兵庫・三宮駅 5人けが <調査中>

自分の病気がわかっていれば、事故を未然に防げた事件が多い点が気になります。

太字は新法適用後ですが、減少の兆しがみられないことから、さらなる法整備も必要なのかもしれません。

しかし今回の事故については、同乗者が危険を知らせたり(追記:呼びかけには応答しなかったようです)、車を停止させたりするの緊急措置ができなかったものでしょうか。様々な疑問が残り続ける事件です。


ニュース

【原田雅志容疑者(34)】吉野家に車で突っ込んだ住所不定、職業不詳の男が出頭/奈良・斑鳩
1: シャチ ★ 2019/05/14(火) 22:08:19.74 ID:b4CxQJSn9 5/14(火) 21:49配信 産経新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000604-san-soci  奈良県斑鳩町幸前で今月1日、牛丼チェーン「吉野家25号線斑鳩店」に軽乗用車が突っ込み、店内にいた客2人が軽傷を負った事件で、この軽乗用車の所有者で事件直後から逃走していた住居不定、職業不詳の男(34)が14日午後、奈良県警西和署に出頭した。同署は道交法違反(ひき逃げ、無免許運転)容疑で逮捕状を請求した。捜査関係者への取材で分かった。  男は現場に車を放置したまま約2週間逃走しており、同署は逃走の経緯や理由などについても調べる。  事件は1日午前5時40分ごろ発生。男が運転する軽乗用車が対向車線を横切る形で国道25号沿いの店舗に突っ込んだ。当時店内にいたともに20代の男性客と女性客の計2人が軽傷を負ったが、男は車を乗り捨てて逃走。同署がひき逃げ事件として男の行方を追っていた。 以下

続きを読む

【悲報】渋谷系のカリスマこと小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
【動画】『魔の交差点』、ただの一時停止違反で草
【警察仕事しろ】僧衣で運転、送致せず 福井県警「違反事実確認できず」 [1/26
【車カス】ロードスター煽り運転者、特定される 何故か被害者じゃなく同じロードスター乗りにだけ謝罪

「その他(車)」記事をもっと見る

その他(車) 人気記事

岐阜市中鶉の県道交差点で女性(56)がひき逃げされ重傷。事故のあった場所は?
【連石敦太容疑者(つれいしあつた、61)】群馬県前橋市の医師がバスと事故を起こし酒酔い運転で逮捕
【事故】東京都練馬区東大泉3丁目2付近で車が男児2人をはねる事故 運転手の女が逮捕(速報)
【神インストラクター】運転手が失神したバスのハンドルを操作し危険を回避した高校生に感謝状/京都府警
【松岡ちなさん】セクシー女優がひき逃げされ全身打撲裂傷右腕麻痺の怪我を負い休業宣言していたことが明らかに。
【古賀慎一朗容疑者(22)】下関市の「あおり運転」で会社員を逮捕、”暴行容疑”で
【須合剛士(21)】飲酒運転でひき逃げ。はねた男性に頭蓋骨骨折の重傷を負わせる。顔写真やFacebookは?
【稲垣一樹容疑者(23)】※Facebook存在。小学生ひき逃げ疑いで男が逮捕。
【東京・中野区】青海街道でパトカーが追跡中のバイクに追突。そのまま数十メートル引きずる事故が発生。
呉市職員・松浦茂雄容疑者(53)が酒気帯び運転で現行犯逮捕。当て逃げもしていたか?