【毎日王冠2017】ライオンかつひこ徹底分析&予想 トリガミにならないために

予想

今回出馬票を見て印を付ける馬はぱっと決まりました。

①ソウルスターリング
②マカヒキ
⑤ヒストリカル
⑦グレーターロンドン
⑧リアルスティール
⑫サトノアラジン

ではなぜ彼らを選んだかということと、この組み合わせだとうまく馬券を考えないとトリガミにもなりかねないので今からそのロジックを述べていきたいと思います。

過去に秋初戦の3歳牝馬でここを叩き台に持ってきてさらに好走した若駒は記憶にないんやけどやって来ましたソウルスターリング

これは絶妙な選択だと思う。

ソウルスターリングは仮にここでごりごりの牡馬陣に負けたとしても力関係上実績に傷はつかないし勝ったら尚良し。

同世代に秋初戦負けるよりよっぽど印象は良いので陣営としてはのびのび叩き台に使えるというなんともクレバーなローテーション!

調教も良いみたいなんでここは素直に本命でいいかと。

そして現在予想では2番人気のグレーターロンドン

彼のファンは、
「世間に見つかってしまった!」
と、かなり秘蔵っ子の上り馬。

デビュー戦まで、またその次走まで仕上りは遅かったが徐々に才能を開花。

その場その場で必要最低限の力の使い方で条件戦を連勝し、その勢いのまま安田記念4着。

まだまだ発展途上なのでここで好走しても何らおかしくはない。

そして問題がリアルスティールマカヒキ

1方が海外G1優勝し、1方はダービー馬。

結局どちらも海外を挟んで限られた現役生活に支障をきたしたとは思う。

どちらが現時点で信頼できるかと言えばグレーターロンドンが安田記念で好走し人気してるならマカヒキも前走大阪杯で4着ならば復調してもおかしくはない。
しかし鞍上がここ最近重賞で全然振るってないウチパクなのが気がかりだが・・・
そして当日の馬場が湿りぎみなことを考えるとヒモのジョーカーはヒストリカルが面白い。

道悪の好走歴には定評があるし去年も稍重の毎日王冠で3着。

条件がそろえば高齢馬がヒモで穴を開けることはもはや定番。

人気決着になりそうな気配がプンプンあるのでこれはヒモには抑えておきたい。
最後にサトノアラジン

過去10年安田記1~3着馬は壊滅的でウォッカの2着2回とリアルインパクト2着1回以外は、
(0.0.1.9)と壊滅的。

ただサトノアラジンの安田記念でのエンジンのかかり方は1800になっても見せ場は作れると思います。

予想印

では印を打ちます

  • ◎①ソウルスターリング
  • ○⑦グレーターロンドン
  • ▲②マカヒキ
  • △⑫サトノアラジン
  • ☆⑤ヒストリカル
  • ☆⑧リアルスティール

※土曜の芝状況などをかんがみて以下の予想に変更しています。

  • ◎①ソウルスターリング
  • 〇⑤ヒストリカル
  • ▲⑦グレーターロンドン
  • △②マカヒキ
  • ☆⑫サトノアラジン
  • ☆⑧リアルスティール

買い目

単勝

三連単1着固定

①-②⑤⑦⑧⑫

三連単2頭軸マルチ

①=⑤-②⑦⑧⑫

馬連、ワイド流し

⑤-①⑦

感想

⑧-⑫-⑦

いわゆるタテ目でしたね。

ソウルスターリングは天皇賞秋に向かうということで負けはしましたがやはり試走ということでデータは得られたんでしょうね。

内に包まれて最後弾けれる根性が欲しかったけどフランケル産駒のソウルスターリングというイメージが先行していて過大評価になっていた部分も否めません。

牝馬はこじれると立ち直るまで大変ですが今回はそういう負け方じゃなかったので本番は上積みがあると思いますが迫力不足にも感じました。

見守りましょう。

ヒストリカルは今後重賞ではもう厳しいかな💦

参考になりましたら
いいね!お願いします

folder

ブログランキングに登録しました!
▼皆さまご支援御願いいたします♪

競馬 ブログランキングへ

予想的中履歴一覧

2018年(2戦2勝)

  • 京都金杯: 3連単114.8倍的中!→予想記事へ
  • 日経新聞杯:予想印的中!→予想記事へ

    【予想印】

    ◎⑦パフォーマープロミス
    ○③モンドインテロ
    ▲⑩ソールインパクト
    △②ロードヴァンドール
    ☆①サンタフェチーフ
    ☆⑧ミッキーロケット
    ☆⑨ガンコ

    【買い目】

    ⑨-⑧-①②③⑦⑩
    ⑨-①②③⑦⑩-⑧
    ①②③⑦⑩-⑧-
    ①②③⑦⑩-⑨-⑧
    -①③⑩-⑧
    ⑦-⑧-①②③⑩
    ①②③⑩-⑦-⑧
    ①②③⑩-⑧-⑦

    【結果】

    ⑦-②-⑨

2017年


競馬ライター《ライオンかつひこ》プロフィール
その昔スーファミのウイニングポストで競馬にハマる。
当時ライガーという冠名を使っていたが凱旋門賞2勝を含む13冠馬は《ハーゴン》だった。
初の予想的中は1995年有馬記念の馬連。
マヤノトップガンを本命にした理由は「菊花賞は強い馬が勝つ」という格言を知りその年の菊花賞馬だったから。
その翌年の天皇賞春でナリタブライアンを本命に予想していたが負けてしまい、その後何年も競馬を離れる。
そして現在趣味としてギャンブルとして、あーでもないこーでもない予想をするが、その精度を着実に上げている、
目標は3桁万円の換金!

株・マネー

【日経新春杯2018】ライオンかつひこ徹底分析&超絶鉄板予想! ミッキーロケットをどう考えるかで決まる!!【最終確定版】
予想 前年度1~3着馬はほぼ馬券に絡まない。 理由は斤量増加。 前年優勝馬はたいがい2キロくらい増量になる。 去年優勝馬のミッキーロケットは、 2017年斤量55キロ 2018年斤量57.5キロ 2.5キロの増量はかなり不利にはなるが今回12頭しか出走がなくそんなに有力馬も出ていないので切るには悩ましいが本命にはしない。 そして今年も外国人騎手騎乗だととりあえず注目します。 ③モンドインテロ C.ルメール騎乗 前走チャレンジCでは0.1秒差の4着。 C.ルメール騎乗の時は大崩れがないのもプラス。 ⑦パフォーマープロミス デムーロ騎乗 条件戦勝ち上がりの馬。 ステイゴールド産駒で長い距離は歓迎。 この馬自身もずっと2000以上で使われているので買いやすい。 前走以外は馬券内に入るも勝ちきれない印象だが今回テン乗りのデムーロの豪腕でいいところまで引っ張ってくるんじゃなかろうか? その他気になる馬 ②ロードヴァンドール GIでは二桁順位と全く歯が立たないが前走中日新聞杯では0.3秒差の3着だが2

続きを読む

【京都金杯2018】ライオンかつひこ徹底分析&鉄板予想! 本年もよろしくお願いします【的中🎯】
【有馬記念2017】ライオンかつひこ徹底分析&予想!! ヒモをどうするかだけ
【香港ヴァーズ2017】ライオンかつひこ徹底分析&鉄板予想! この距離ならば速攻本命
【チャンピオンズカップ2017】ライオンかつひこ徹底分析&予想

「競馬予想」記事をもっと見る