【格安海外VPS】WIN-VPSのおすすめプランと購入方法【2018年最新版】

※2018年更新

FXの自動売買を24時間行われる場合、日本のVPSははっきり言って高すぎますよね。
しかし海外で提供されているVPSはいずれも日本よりも安上がりです。

とりわけ、WIN-VPSといいうVPS会社は、プランによってはOS選択も自由に行なえ価格も安いので、海外VPSの選択としてはかなり良いのではないでしょうか。

2017-02-04_16h29_20

しかし、WOOD/BRONZE/SILVER/GOLD/PLATINUM…と、プランが多すぎて迷ってしまうということもあります。

対スペック比で価格が安いからといって、無駄に高スペックなものを選んでしまったら逆に損、なんて事になりかねません。

この記事では、そういったコストの無駄のないよう、FXの自動売買に適したWIN-VPSのプランを見てみたいと思います。

※この記事は2017年2月現在のものです。スペック等が変更されている可能性がありますので、詳細は実際のHPにてご確認ください。

VPSのスペックはどれがいい?

スペック選びについては悩むところですが、「MT4、EAを使い倒すブログ|めたぶろ様」の以下の記事が大いに参考になるところです。

2017-02-04_15h10_15

メモリ使用量を抑えるコツが詳しく書かれているので、当該記事は必見

この方はかなり多種のEAを使い倒していらっしゃるプロEAトレーダーであるとお見受けしますが、私はそこまでの稼働を予定していないので、メモリは2GBあれば十分かなということは勉強になりました。

(逆に言えば、今までXM提供のVPSを利用してきたのですが、メモリ1GBではちょっときつかったです……)

上記の条件を前提に、各プランについて一つ一つ見ていきたいと思います。

(注意!2018年現在と仕様が異なっているため、以下は最新版に修正しています。)

BRONZE VPS

結論!ブロンズ1か2で良し!!!!

SILVER VPS

日本ではメモリ1GBのしょぼいVPSで月3000円くらいしますが、この値段ですでにウルトラハイスペックとなり、性能を持て余すことになります。

ゴールド~パラジウム~イリジウム

株式交換や会計ソフトウェア、Webサイト、ゲームサーバーなどのリソース集約型アプリケーションで活発な取引に必要な、高いCPUパフォーマンスと多くのディスクスペースとRAMが得られます。ハードウェア特性のため、GOLDプランにより、単一の仮想サーバー上で多数のアプリケーションを同時に実行することが可能になります。

シルバーですでにやばかったですが、ゴールド以上になると意味不明な領域になります。

ここまでくると、MT4での自動売買以外の用途が考えられていることでしょう。

MT4の自動売買ならBRONZE1か2で十分!!

冒頭に戻りますが、ブロンズ1~2あたりが価格帯及びスペックとして理想的です。

OSの月額料金はかかりますが、3ドルというのは糞安でびっくりしますよね。(ただしOS月額除く)

なお私のシルバー1(現ブロンズ2)の実際のタスクマネージャー画面ですが、メモリは6.0GB、CPUは2.20GHzと表示されています。

カタログ表記よりもよいスペックの場合もあります。

(参考)購入画面

2017-02-04_15h46_32

購入画面では

  • 年間購入か否か
  • サーバーOSの種類
  • 追加機能(どこでもディスク・リモートデスクトップ機能)

を選べます。

サーバーOSに関しては上記のように 様々なOSを選ぶことができます。私はWindows Server 2012 を選択しました。(追記:2年以上安定稼働しているのでまあ外れではないです)

ロケーションはいろいろなところが選べます。

2017-02-04_15h58_13

Tradeviewにするならば、United Kingdomが必須です!!応答速度1~2msの最速環境が実現できます。

その他のオプションは選択不要です。

ちなみにブロンズ1の場合は、上記の設定で年額が96ドルとなります。

安すぎワロタ…

土曜に購入すれば日曜日に使える

私は土曜日に申し込みましたが、日曜日には開通しました。

セットアップに関して、三通ほどメールが来ますが、二通目のメールにVPSへのアクセス方法が記載されています。

2017-02-06_02h21_24

Windowsの場合は、「リモートデスクトップ接続」を用いて接続することができます。

2017-02-06_02h23_21

2017-02-06_02h25_08

動作も良好です。

WIN-VPSが上手く接続できない場合は…

初回接続が上手く行かない場合がありますが、この時はサーバーパネルから強制電源オフ+電源オンをしてみるとよいでしょう。

2017-02-06_02h37_06

突然落ちてコンパネでも対処できない場合は

サポートに連絡すると対処してもらえます。

Client Area―Open New Ticketをクリック

Technical Supportをクリック。

Related Serviceで対象のサービスを、Priorityは”High”に
“Cannot Connect”などでメールを送ると、比較的早く対処してもらえます。

まとめ

10ドル台でかなり良いスペックのVPS環境を入手できる、ということがわかりました。

上述のトレーダー様が教えて下さるメモリ節約術を用いれば、ブロンズ1でも何も問題がないかもしれません。

そうなれば月額9ドル、年額84ドルという超格安運用ができるので、大いに使えるのではないでしょうか。

皆様もぜひ、ご参考にしてみてください。2017-02-04_16h21_15

株・マネー

【mql5.com】超絶セール!マクミクフルセットが1500ドルくらいで入手でき、永年サポートが受けられる件【Max Mixed Hedging DC/Twin Max-Mixed/Twin Hedge】
備忘録として残しておきます。 3月初旬現在 Max Mixed Hedging DC(セール終了) Twin Max-Mixed(今回ディスカウント中) に加え Twin Hedge が無料で貰え、伝説のヘッジEA3部作をコンプでできるっぽいです(;´・ω・) ちなみに2019年3月現在、上位を占めています。 価格がめちゃくちゃ高いのにこの人気ぶり! 備忘録としての画像 作者にしらばっくれられてもイクナイのでとりあえず画像を保存(´・ω・`) https://www.mql5.com/en/blogs/post/724197 日本語訳 あなたが今Twin_Max-Mixed_DC (現在利用可能な大きな割引)を買えば 、あなたはボーナスとして得るでしょう: Twin_HEDGE_DCは 絶対に無料で 、 他の追加の取引システムを含みます。 だからあなたは完全にあなたの取引の多様化のためのヘッジEAの完全なパッケージを持つことになります: 最大混合混合DC ツインマックスミックスDC Twin_HEDGE_DC MMH

続きを読む

【EA】WSFRの使用通貨の見直し ポンドルの政情不安 戦力外もやむなしか
【WSFR10月2週】-91.6pips! ポンドルの下落爆撃ワロタ 慌てるのはまだ早い(´・ω・`)))))【自動売買EA】
【WSFR9月4週】+30.4pips!ドルカナ複数出動で難なくこなす(´・ω・`)【自動売買EA】
【WSFR9月3週】特に問題なし 堅調すぎて怖いわ(´・ω・`)【自動売買EA】

「シストレ情報」記事をもっと見る