死亡した母親の名義の身体障害者用の駐車禁止除外指定車標章を使い、不正に路上駐車したとして、芸能プロダクション社長の女が逮捕されました。 概要 偽計業務妨害の容疑で逮捕されたのは、大阪市北区の芸能プロダクション「CIEL」社長・中家弘子容疑者(60)。 5月12日、大阪市中央区東心斎橋の路上で、乗用車に死亡した母親名義の身体障害者用標章を掲げて駐車し、駐車監視員の業務を妨害した疑い。 同市北区茶屋町の路上で4月、監視員が標章を掲げた車を発見し、現場に来た中家容疑者が「母は老人ホームに入っている」などと説明したため、交通反則切符を交付。その後、母親が2014年5月に死亡していたことが判明し、捜査していた。 調べに対し「母が亡くなった3年前から使用していた」と容疑を認めている。 ニュースソース:産経ニュース 事件発生場所 大阪府大阪市中央区東心斎橋 容疑者について 名前:中家弘子 年齢:60歳 住所:大阪府堺市北区金岡町 職業:芸能事務所・社長 ネット上の反応 via:http://ai.2ch...