【書評】手塚治虫のエロティカ―『新潮』2016年12月

1989年に60歳で亡くなった『マンガの神様』こと手塚治虫の作業机に秘蔵されていたイラスト29点が2016年1月17日発売の「新潮」12月号で「手塚治虫のエロティカ」と銘打って初公開されました。

1856_l

今回の掲載に至る経緯

遡ること2年前、長女の手塚るみ子さんが手塚治虫の作業机の「開かず」状態になっていた引き出しの中や施錠されていたロッカーの中から役25年振りに取り出された約200点の遺稿の中に極めてエロティックなモノがあったと、るみ子さんが自身のTwitterで公表し、何点かのエロティックイラストがネット上に露わになり話題になったことから今回の特集が組まれるに至りました。

内容

イラスト

巻頭グラビアでカラーが25点 特集記事の中でモノクロが4点が掲載されていました。

公開されたイラストは擬人化されたネズミがセクシーなポーズをとっているものが多く見受けられ、実物のネズミとはおおよそかけ離れた妖艶さと、女体特有の流線美が盛り込まれていました。

24030

その他は裸体の女性がコイに変わったり逆にキツネが女性の姿になったり、あとけっこうな割合を占めていたのが乳房を基礎として形作られる異形の生物のイラストでした。

特集

4人の寄稿者達による、手塚先生と今回のイラストについての各々の語りで編成されています。

その大まかな内容をご紹介

筒井康隆氏

共にエロスについて語り合ったり、自分の上映会に手塚先生が来てくれた思い出話

「鉄腕アトム」に出てくるウランちゃんのパンツ丸出しシーンから紐解く手塚先生の熱き想い

手塚るみ子さん

今回の発表に対してのやってしまった感から、それ以上の世間に知らせたい!見て欲しい!という熱い想いへの変遷

イラストと共に封筒に同梱されていた「資料」からるみ子さんが勘ぐる手塚先生の女体に対する知られざるコンプレックスと並々ならぬ努力など

中条昌平氏

手塚先生が唱えた「漫画記号論」について

手塚先生が常日頃嘆いていた、きちんとした絵画教育を受けなかったという大きな後悔が実は杞憂だったこと

手塚先生は胸より尻派だった

濱田高志氏

手塚先生が追い求めていた「メタモルフォーゼ」について

イラスト群と過去の作品群とを照らし合わせてた綿密な関係性について

 

記事の最後には手塚作品の記念本の紹介が濱田氏からされていました。

感想

イラストの中には女性の股間に顔があり乳房の部分から足が出ている不気味な生物や、裸体の女性が溶けて肉壺になる過程などグロテスクな印象を受けるものも多々ありそこにもどことなく独特のエロスを感じ取ることができました。

メタモルフォーゼという生物の変容の様そのものにエロスを感じ取るという少々高次元?な感覚の手塚先生ならではの発想から生まれたイラストだったのでしょう

24031

 

発見されたイラストには、永井豪を初めとする漫画家達のエッチなシーンなどの切抜きやヌードグラビアなども同封されていたそうで、それらを参考にして自身のエロチックに対する技巧の上達を日々研究していたのではないかと

特集でるみ子さんが言われていた「田中圭一も真っ青な卑猥イラストもあり」という煽り文句が非常に言いえて妙でしたね

tanakaK_400x400

特集の寄稿人が一貫して主張していたのは、今回の発掘イラスト群は 仕事として作り上げた『作品』ではなく、己の思うがままにペンを走らせた『ラクガキ』であったというこからそこにこそ今回のこのイラスト群の一番の価値が見いだせるのではないかと思いました。

プロの漫画家のラクガキというのは見れる様であまり見れないものですからね

まとめ

るみ子さんが採掘した秘蔵イラストは全部で200点 その中にはあまりに艶めかしいポージングやモロの局部など公開を憚られるモノが多々あったらしくそれらを剪定し、またその中から選定しあげたものが掲載された様です。

手塚治虫が常に自身の作風のテーマに掲げていた「命の変容」が見て取れる女体の様々な変化は艶めかしくもありまたおどろおどろしくもありました。

24029

手塚先生の考える『エロス』と『メタモルフォーゼ』の関連性というのが何なのかということを非常に考えさせられる特集でした

 

でもこれ率直にいって手塚先生の何気ないラクガキであり、更にエロスが加わっていることからあまり人目にはさらされたくなかったものの様な気がしてなりません…

紳士諸君なら少なからず分かるであろうエロスに対する自分の趣味趣向の秘匿欲求 ましてエロ漫画家でもないのに自分の描いたエロ絵を死んだ後に娘にSNSで晒されるとはゆめにも思わなかったでしょう

いうなれば脱税の証拠となる個人事業主の経理書類の如く、闇金融が抱える顧客リストがごとく、タイミングを見計らって焼却しなければならない様なモノだったのではないでしょうか

 

棺桶に持っていき損ねたんですね…手塚先生……(無念

 

手塚先生自身にとってはいい迷惑だったかもですが、彼自身のエロい落書きを拝見できるなんてボクも含め手塚ファンなら一見の価値ありです。

一時期絶版になり2,000円程でボク自身は入手しましたが今は1,000円弱で手に入る様なので是非皆様も直にお手に取って『漫画の神様』の遺構を味わってみたください

とりあえず一番何が気になった点かというと

 

 

漫画の神様が描いた局部のイラストがどうしても見てみたかった

 

それではまたお会いしましょう m(_ _)m

 

新潮 2016年 12 月号 [雑誌]

新潮 2016年 12 月号 [雑誌]

posted with amazlet at 17.01.16
新潮社 (2016-11-07)
folder

今日のピックアップ・裏ワザ

ピックアップ記事


 

【GEARBEST】~1/18日の特選クーポン~

商品名 倉庫 クーポンコード クーポン価格(円) 限定回数 終了日 備考
スマホ&周辺商品
OnePlus 7T Pro 8GB 256GB BLUE HK
GBOP7TPROJAN 72815 円 200 2月2日
OnePlus 7T 8+256 blue HK
GBOP7TG8256 59939 円 200 2月2日
Redmi Note8 Pro 6+128 WHITE HK
GBNOTE8P3 25529 円 200 2月2日
Mi 9T 6+64 Blue HK
GBMI9T501 29525 円 200 2月2日
MI 9T EU 6+64 black HK
GBMI9T500 29525 円 200 2月2日
Mi 9T 6+128 black HK
GBMI9T802 30635 円 200 2月2日
タブレット&ノートパソコン
Teclast F6 Plus China
フラッシュセール 35519 円 100 2月2日
スマートウォッチ
Amazfit GTR Lite 47mm International Version (Xiaomi Ecosystem Product) – Black HK
フラッシュセール 12209 円 100 2月9日

 

過去のクーポン一覧・購入方法はこちら

メディア

三大糞トリック「双子の犯行」「語り手が犯人」
1: 風吹けば名無し 2019/12/19(木) 23:27:34.77 ID:njjhpM/L0 あと一つは? 以下、反応 4: 風吹けば名無し 2019/12/19(木) 23:28:08.08 ID:IqVvAoUtd 読者が犯人   206: 風吹けば名無し 2019/12/19(木) 23:45:02.49 ID:LNQipzpB0 >>4 これ本当ぶっ殺したくなったわ。ビブリア大会かなんかで優勝して宣伝デカくなるし   227: 風吹けば名無し 2019/12/19(木) 23:46:00.96 ID:rxITuZGm0 >>4 読んだけどまあええんちゃうと思ったけどなワイは まあ違うやつかも知れんが   513: 風吹けば名無し 2019/12/20(金) 00:06:06.72 ID:NwKxwcOk0 >>4 本屋でめっちゃ宣伝してたから読んだけど微妙やったな   645: 風吹けば名無し 2019/12/20(金) 00:17:1

続きを読む

【悲報】小説投稿サイト『ノベルアップ+』で小説大賞を取った作家さん、書籍化確約も過去のイキリヘイトが発掘され炎上→大賞辞退へwwww
女剣士「私は剣の名家、貴方のような貧民上がりには負けない」俺「どうだろうな」シュッ
【なろう系】なろう系小説ブームの変遷が知りたいのだがこれで合ってる?
ディアゴスティーニで完成させたものある?おれはない。

「本の感想」記事をもっと見る

本の感想 人気記事

【小説】『黒い家』とかいう小説
数多ある速読の流派を僕たちはまだ知らない。
湊かなえ『ユートピア』概要・感想。「良くわからない作品は支離滅裂な作品より恐ろしい」
【狼と香辛料】支倉凍砂さんが大作を著すために手にした基礎資料の数々が素晴らしい
【悲報】小説投稿サイト『ノベルアップ+』で小説大賞を取った作家さん、書籍化確約も過去のイキリヘイトが発掘され炎上→大賞辞退へwwww
新版 朝鮮かるた 韓国ことわざ100選(牛辺さとし)の感想。韓国人の行動原理が理解できるかも。
住野よる『また、同じ夢を見ていた』感想。キミスイよりも好きです。
【読書感想】住野よる『かくしごと』の未読了時の感想(ファン注意)
【朗報】「自軍300、敵軍5000の戦闘で9割勝てる戦術」のなろう小説がガガガ文庫から書籍化決定!!
【悲報】なろう作家さん、Amazonの☆1レビューに憤慨、業務妨害罪としての法的手段を検討か(まとめ)