【映画】『フォルトゥナの瞳』徹底レビュー 有村架純のルーツ(五位堂~)に思いを馳せる

註:本記事は口語テイストになっておりますがので、適当に読んでください(´・ω・`)♪

五位堂駅、といえば石田ゆり子のCMが少し話題になりました。皆さん覚えているでしょうか?

【鉄道】石田ゆり子のキリンビールCM、近鉄五位堂駅説濃厚

そしてこの映画、近鉄が完全協力して撮影されたものとなっています。

噂はちらほら聞いてたのですが、シーンが佳境になるにつれ、近鉄度合いが増してゆき、完全に橿原神宮前駅やん!みたいな感じに。

面白いのですが、舞台のちぐはぐ感は否めないような?

舞台のちぐはぐ感、それが最大の感想

舞台は神戸、auショップは銀座、鉄道は近鉄(奈良~大阪)

主人公らの経営する自動車塗装工場のガレージは町はずれの工場地帯っぽい

というガチャガチャな取り合わせなので、よくよく見ると違和感ありありです。

要は都会なのか否かなのかようわからん!ということです。

近鉄はほぼほぼ地上駅ですから、その雰囲気や空気感で人がまばらか否かがわかります。

なので、都会なのに田舎という斬新なテイストを味わうことができるかもしれません。

駅も実在しない駅です。きさらぎ駅テイスト。

でも本当は舞台があったほうがいいのにって思いません?

鉄道をワンポイントリリーフに起用する新海誠作品が描く鉄道も、実在の町や駅をベースとしたものです。本作の主人公、神木きゅんが演じる瀧くんも四ツ谷駅や千駄ヶ谷、代々木駅などで乗り降りしましたよね。

そういった要素がこの作品には一切ない。なぜだろうか‥不思議

有村架純(有村姉妹)のルーツをたどる旅

まあトリビアすぎる話ですが、有村架純は奈良県生まれです。

育ちは神戸のようですが、一時五位堂幼稚園に入っていたようです。

つまり生まれた町を離れ神戸に行き、そして岩手… とまあ八面六臂の活躍。

そんなアイデンティティが交錯するものとして神戸と近鉄が選ばれたのでしょう。

上述したとおり、五位堂は地名でもあり、近鉄を代表する駅の一つでもあります。

嘘…だって? 神のみぞ知る世界のメインキャラクターなんだから!

五位堂結(ゆい)…この作品のヒロインはは基本的に近鉄の駅名をもじった名前です。

つまり有村架純=近鉄と言っても過言ではありません。だからこそ五位堂が奮闘したというわけです(嘘。橿原神宮前駅)

飛行機は事故るが鉄道は事故らない!

百田原作である、『永遠のゼロ』に思いを馳せるわけではありませんが

(と書いて閑話休題。正式には”零(れい)”と呼ばなければならないようですね)

やや不謹慎めに言うと飛行機は事故る、でも鉄道は……という屈強な意図を感じました。

映画の最初のシーンでは「pull up!」という音がけたたましく鳴り響きます。

これは123便事故の音声記録で我々は一度は耳にした衝撃シーンかもしれません。(11:26~)

「WHOOP WHOOP PULL UP!」と劇の開幕に併せ流すのはなかなかの有機だが、コックピット内でしか聞けなかったろう音と考えると、適切な表現だったのかは、どうだろう。

近鉄は最強

ネタばれになりますが最大の事故を救うシーンが登場します。神木くんが近鉄に立ちはだかるのだ。

すわ塩狩峠か!と思いきや超強力なブレーキングシステムにより目の前で止まる!

ふあっマジか!とワイびっくり。いやそりゃ全面協力して人跳ねる映画取る鬼畜はないわな……

ともかく近鉄の技術力の高さにも驚くべきではあるだろう。

(閑話休題。近鉄は自らが『復旧に何日かかるかわからない』とした橋脚がゆがんだ路線について、わずか一日で復旧を完了させたという生ける伝説がある→この記事

近鉄万歳!

北村有起哉医師の違和感

この人医師で自分も、フォルトゥナの瞳を持っているようですが、それでいて人に干渉するな、というわけですから、医師としての仕事はどのように果たすのか、というのは一種の謎です。

しかも人に干渉しない理由はというと、(自分の得にならないから)わかります。片足を擦るようにあるくボロボロになった彼は壮絶な経験をしてきたのでしょう。しかしそれでもなお医師であるからこそ、本当は一貫性のあるキャラクターの方が良かったのではないかなと感じるところ。

もちろん、主人公の命をいつくしむ偽悪者であるかもしれません。「塩狩峠」でいうところのふじ子だな…(怒られるわ!

まとめ

つまりこの作品は「塩狩峠 in 近鉄」といったところでしょうか。

塩狩峠 (新潮文庫)
 ちょっとしたギャグ要素も含めながら、面白く感動的に仕上がっていたかなと思います。

DAIGOの即死とか正直笑うやろw

ただやはり本当の感動と比較すると、作られた感動は弱いなぁ……

と、いつもレイテ島からの手紙を思い出すわいでありました…‥

(百田尚樹は探偵ナイトスクープの構成作家であった)


メディア

【映画】『フォルトゥナの瞳』徹底レビュー 有村架純のルーツ(五位堂~)に思いを馳せる
註:本記事は口語テイストになっておりますがので、適当に読んでください(´・ω・`)♪ 五位堂駅、といえば石田ゆり子のCMが少し話題になりました。皆さん覚えているでしょうか? 【鉄道】石田ゆり子のキリンビールCM、近鉄五位堂駅説濃厚 そしてこの映画、近鉄が完全協力して撮影されたものとなっています。 噂はちらほら聞いてたのですが、シーンが佳境になるにつれ、近鉄度合いが増してゆき、完全に橿原神宮前駅やん!みたいな感じに。 面白いのですが、舞台のちぐはぐ感は否めないような? 舞台のちぐはぐ感、それが最大の感想 舞台は神戸、auショップは銀座、鉄道は近鉄(奈良~大阪) 主人公らの経営する自動車塗装工場のガレージは町はずれの工場地帯っぽい というガチャガチャな取り合わせなので、よくよく見ると違和感ありありです。 要は都会なのか否かなのかようわからん!ということです。 近鉄はほぼほぼ地上駅ですから、その雰囲気や空気感で人がまばらか否かがわかります。 なので、都会なのに田舎という斬新なテイストを味わうことができるかもしれません。 駅

続きを読む

【XRP/BTC/ETH】3月4日の予想&ふり返り 【雑談】『フォルトゥナの瞳』の感想をうだうだ云うオッサン
【くまのコールテンくん動画】あの動画を探している方へ。
「映画館離れ」が深刻!  映画はテレビで放送されるまで待つ人は4割もいることが判明(2ch)
【シン・ゴジラ】牧悟郎元教授は何を好きにしたのか?についての仮説

「映画コラム」記事をもっと見る