1: 2017/11/22(水) 10:44:18.90 ID:CAP_USER9 公式戦29連勝の新記録を樹立した将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が21日、 大阪市の関西将棋会館で指された第66期王座戦1次予選で平藤真吾七段(54)を126手で破り、 公式戦通算50勝(未放映のテレビ対局を除く)を達成した。 プロデビュー56戦目での50勝到達は、 羽生善治棋聖(47)ら過去4人いる中学生で棋士になった中では最速となった。 落ち着いた指し回しで熱戦を制した藤井は「全体的には自信のない局面が続いていた」と振り返り、 大台到達に「1局1局指してきたのが節目(せつもく)の数字となりました」。 デビュー50勝目の区切りのことを「節目(ふしめ)」とは言わず、「節目(せつもく)」という言葉で表現した。 最多連勝記録を30年ぶりに更新した中学3年生は羽生の「記録」も打ち破った。 羽生善治はプロデビュー66戦目で50勝目を挙げた。プロデビュー後、1年2カ月10日の達成だった。 藤井は羽生よりも10戦速く56戦目、プロデビュー後、...