【日本代表】左サイド・宇佐美貴史と武藤嘉紀の新たなポジション争い!「プラチナ世代」の二人を徹底分析する。

usamimutoh

先日(6月16日)行なわれたロシアW杯アジア2次予選、ハリルジャパンは格下と見られたシンガポールとスコアレスドローに終わり世間では落胆の声が相次ぎました。

ただ、そんな中でも希望が見えたのは、期待の若手が順調に代表での立ち位置を確保しつつあることではないでしょうか。

 

プラチナ世代のふたり。

昨年、ブラジルW杯惨敗後に発足したアギーレジャパンにおいて彗星の如く現れた武藤嘉紀(マインツ=ドイツ)。
そして、Jリーグ1st終了時点で得点ランキングトップ(13ゴール)に立つ宇佐美貴史(ガンバ大阪)。
さらには、中田英寿、遠藤保仁といったチームの心臓と呼ばれた選手たちが背負った背番号7を引き継いだ柴崎岳(鹿島アントラーズ)。

以上の3人は1992年生まれのいわゆる「プラチナ世代」。世界に目を向けてもネイマール(ブラジル代表)、ゲッツェ(ドイツ代表)、イスコ(スペイン代表)など強豪国のホープが集う「当たり年」とされています。

まずは、今回スポットライトを当てる宇佐美貴史・武藤嘉紀の二人のプロフィールをご紹介致しましょう。

ガンバ大阪至高の宝、宇佐美

YOKOHAMA, JAPAN - AUGUST 25:  (EDITORIAL USE ONLY) Takashi Usami #39 of Gamba Osaka celebrates the first goal during the J.League second division match between Yokohama FC and Gamba Osaka at Nippatsu Mitsuzawa Stadium on August 25, 2013 in Yokohama, Kanagawa, Japan.  (Photo by Masashi Hara/Getty Images)

(Photo by Masashi Hara/Getty Images)

宇佐美貴史
1992年5月6日生まれ。京都府長岡京市出身

ガンバ大阪のサポーターの両親のもと、幼い頃からサッカーの道へ。ガンバ大阪ジュニアユースの先輩、本田圭佑とはこの頃から面識があったという。U-13から各年代の日本代表に選ばれ一部ではそのプレーの神懸かり具合から「都市伝説」として話題に。

「ガンバ大阪史上最高傑作」として17歳で華々しいプロデビューを飾り、19歳でドイツ、ブンデスリーガの超名門バイエルン・ミュンヘンへの移籍を勝ち取りました。残念ながら、欧州の舞台で目立ったインパクトは残せませんでしたが、復帰したJリーグではリーグを代表するFWとして活躍しています。

スラロームのようなドリブル、振りの早いシュート、抜群のゴールセンス、また、特筆すべきはアシストの多さ。ガンバ大阪の前線でコンビを組むパトリックにピタリと合わせる技術も持ち合わせます。

また、19歳で幼なじみのタレントの女性と結婚。先日、日本代表ハリルホジッチ監督からダメ出しを食らった自身の体脂肪率の高さを是正すべく自慢(?)の手料理を絶賛喫食中だとか。

雑草魂!長い下積みからの飛躍、武藤

mutoh

topicks.jpより引用。

武藤嘉紀
1992年7月15日生まれ。東京都世田谷区出身

先日、大学時代の彼女との入籍を発表したばかりの日本代表に現れたニュースター。しかし、宇佐美のそれとは対照的に彼はずっと無名でした。彼の存在が大々的に知られたのは昨年、プロ1年目FC東京での活躍を認められ、時のアギーレジャパンに選出されたときでした。

FC東京ユース育ちの彼は年代別の日本代表とは無縁でしたが、トップ昇格を打診され、当時チームに在籍した長友佑都ともキャンプ等でプレーしたもの、「自分はまだプロでは通用しない。」と慶應大学へ進学。

そして2014年、再度Jの舞台へ。スピード、フィジカルとも申し分なく、右足、左足、頭とまんべんなく点が取れます。何よりそのプレースタイルはアグレッシブそのもの。ディフェンス時には、いの一番で相手ボールを追い回す様子が見られます。

そのタレント性は海外からも注目され、今年3月イングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーから正式オファーが。結局、ドイツ・ブンデスリーガのマインツへ、プレミアリーグへ移籍した岡崎慎司の後継者として迎え入れられることとなりました(背番号はエースナンバーの9!)

日本のエースはいつも、左サイドから生まれた。

思えば、日本代表のエース格は常に左サイドから生まれています。「キャプテン翼」の大空翼の影響かどうかは定かではありませんが、日本ではいわゆる10番タイプ、トップ下のテクニシャンが重宝されてきた歴史があります。

トルシエジャパン時代の中村俊輔小野伸二しかり。本田圭佑家長昭博の北京五輪でのポジション争い。ザックジャパンでは香川真司の主戦場でしたね。さらには、南野拓実奥川雅也(共にザルツブルク=オーストリア)ら…日本の期待の若手と呼ばれる人たちは常にこのポジションを経由します。
その本田を右、香川を中央に配するハリルジャパンにおいて今左サイドのポジション争いをしているのが宇佐美、武藤の二人というわけです。

かつてプレミアリーグで得点王を獲得したアンリ、ファンペルシらも元はウイングの選手でした。そして日本代表の現エース、岡崎も。サイドMFからセンターFWとしての才能を開花させた選手たちです。

3年後の覚醒を願う。

武藤がブンデスリーガにおいて点取り屋としての才能を開花させ、宇佐美のアシストから点を取る―
そんなシーンが2018年ロシアW杯で見られることを願わずにはいられません。

いよいよ、覚醒が見られる92年組。ハリルジャパンの次戦は9月3日ホームでのカンボジア戦となりますが、若い力の活躍に期待したいところです。

今日のピックアップ・裏ワザ

ピックアップ記事


 

【GEARBEST】~1/18日の特選クーポン~

商品名 倉庫 クーポンコード クーポン価格(円) 限定回数 終了日 備考
スマホ&周辺商品
OnePlus 7T Pro 8GB 256GB BLUE HK
GBOP7TPROJAN 72815 円 200 2月2日
OnePlus 7T 8+256 blue HK
GBOP7TG8256 59939 円 200 2月2日
Redmi Note8 Pro 6+128 WHITE HK
GBNOTE8P3 25529 円 200 2月2日
Mi 9T 6+64 Blue HK
GBMI9T501 29525 円 200 2月2日
MI 9T EU 6+64 black HK
GBMI9T500 29525 円 200 2月2日
Mi 9T 6+128 black HK
GBMI9T802 30635 円 200 2月2日
タブレット&ノートパソコン
Teclast F6 Plus China
フラッシュセール 35519 円 100 2月2日
スマートウォッチ
Amazfit GTR Lite 47mm International Version (Xiaomi Ecosystem Product) – Black HK
フラッシュセール 12209 円 100 2月9日

 

過去のクーポン一覧・購入方法はこちら

スポーツ

【朗報】クリロナ、空中浮遊
1: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 07:34:11.37 ID:r6TRPZ2ZM 以下、反応 4: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 07:36:08.73 ID:36PhIgVMr   8: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 07:38:08.08 ID:nrYDBYPHr >>4 すっげ   10: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 07:38:26.65 ID:UME6CbQNa >>4 ジャンプ力もやけど滞空時間がやばすぎる   38: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 07:46:08.73 ID:KxrpotIa0 >>10 「ちょっとジャンプ早すぎひん? ・・・。 ・・・?!」   18: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 07:41:19.84 ID:bYMntmS60 >>4 凄すぎて草   22: 風吹けば名無し 2019

続きを読む

【サッカー】ソン・フンミンがスーパーゴール!wwww(動画あり)
【テレビの闇、電通の闇】<サッカー日本代表国際Aマッチ>キリンチャレンジカップ2019ベネズエラ戦の視聴率、翌日午後10時現在報道なしwwwww
【えち速】ポルト中島翔哉さん、ラテン系エチエチ美女に2ショットを求められてしまう
【悪質】(動画)女性審判、イエローカードを出すフリをして選手をからかう 勃〇不可避

「サッカー」記事をもっと見る

サッカー 人気記事

記事が見つかりませんでした。