勤務先の高校内で、18歳未満の少女に対しわいせつな行為をしたとして、茨城県立高校の教諭が逮捕されました。高校の関係者からの通報で発覚したということです。 概要 児童福祉法違反(淫行させる行為)の容疑で逮捕されたのは、茨城県水戸市小吹町の県立高校教諭・堀江長史容疑者(46)。 2016年9月17日、勤務先の高校の国語準備室内で、18歳未満と知りながら、少女にわいせつな行為をした疑い。12月7日、高校の関係者からの通報で発覚したという。 調べに対し堀江容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。県警は容疑者のパソコンなどを押収し、余罪の有無などを調べる方針。 ソース:産経ニュース 事件発生場所 茨城県ひたちなか市の県立高校 ひたちなか市には、 勝田高等学校 勝田工業高等学校 佐和高等学校 那珂湊高等学校 海洋高等学校 のあわせて5つの県立高校があります。 容疑者について 名前:堀江長史 年齢:46歳 住所:茨城県水戸市小吹町 職業:高校教諭(茨城県立高校) ...