2016年11月、奈良県川上村の山中で、上半身に袋をかぶせられた男性の遺体が見つかった事件で、奈良県警は妻と娘を死体遺棄容疑で逮捕しました。2人の認否は明らかにされていませんが、県警は2人が男性が死亡した経緯を知っているとみて、殺人容疑も視野に調べています。 概要 死体遺棄の容疑で逮捕されたのは、奈良県安堵町西安堵の無職・川勝正枝容疑者(63)と、長女で無職・陽子容疑者(41)。 2016年8月22日から11月5日の間、同居していた正枝容疑者の夫で無職の弘さんの遺体を川上村の山中に遺棄した疑い。 県警は2人の認否について明らかにしていないが、弘さんが死亡した経緯について知っているとみて自宅などを捜査している。 ソース:日テレNEWS24 事件発生場所 奈良県川上村 画像出典:日テレNEWS24 容疑者らの住む安堵町から川上村までは車で50キロ前後とかなり距離が離れています。 容疑者について 名前:川勝正枝 年齢:63歳 住所:奈良県安堵町西安堵 職業:無職   名前:川勝陽...