1: 2016/12/12(月)15:21:18 ID:EEO  メデジンの病院に入院し、昏睡状態に置かれていたネトだが、現在は自発呼吸や会話ができるまでに回復したとのこと。だが墜落事故のことを覚えてはおらず、知らされてもいないようだ。 ネトは医師に対し、決勝の試合がどうなったかを何度も質問したとのことだ。自分が入院しているのはプレー中の何らかの負傷によるものだと考えている様子で、自分に何が起こったのかも質問しているという。実際には決勝は中止となり、シャペコエンセに優勝のタイトルが贈られることが決定している。 事故の事実をネトに伝える上では、慎重な対応が取られることになる。「回復に悪影響を及ぼしかねない感情的ショックを避けるため、言わない方が良いと心理学者から勧められている。心理学者からのより詳しい見解を待ちたい」とシャペコエンセのクラブドクターはコメントしている。 【全文は以下よりお読み下さい】 http://www.footballchannel.jp/2016/12/12/post189546/ 以下、反応 出典:http://haya...