【岡野達徳容疑者(43)】大麻取締法違反で逮捕。自身の「目白接骨院」で営利行為か。

東京・豊島区の接骨院の診察室で、大麻を知人を販売・所持していたとして、柔道整復師の男が逮捕されました。

okano1

日テレNEWS24より

概要

  • 逮捕されたのは豊島区にある目白接骨院の経営者で柔道整復師の岡野達徳容疑者(43)
  • 2016年2月、接骨院の診察室で、知人の男に大麻樹脂約3グラムを2万4000円で売るなどした疑いで、大麻取締法違反で逮捕
  • また診察室の机の引き出しからは、ビニール入りの大麻が7袋見つかった
  • 調べに対し、「接骨院は売買に安全な場所だと思った。過去にも接骨院で何度か売った」と容疑を認めている

大麻・コカイン・ヘロイン・覚せい剤の違い

※単純所持だと5年以下の懲役だが、今回営利が絡んでいた場合、7年以下の懲役および200万円以下の罰金と罪が重くなる可能性があります。

受け渡し場所

medhiro2

Google Mapsより

  • 目白整骨院
  • 東京都豊島区目白2-21-10
  • 院長は岡野 徳美さん

容疑者について

  • 名前:岡野達徳(おかの・たつのり)
  • 住所:東京都豊島区目白
  • 年齢:43歳
  • 職業:柔道整復師で接骨院を経営
    しかし院長名義は本人ではない

反応

  • 柔道整復師の犯罪報道が増えている気がする。
    余り儲からなくなったのだろうか?
    医師の年収も一頃に比べると減っていて
    報道系と大差ない様だし、弁護士なんて着服報道ばかり。
    一般人の給料が上がる訳ないか
  • 大麻を売るために開院したのだろうか。名義は妻名義にしているようだ。

不正請求問題も明るみになってきていますが、柔道整復師などの仕事はなかなか儲からないのでしょうか。

folder

今日のピックアップ・裏ワザ

ピックアップ記事


 

【GEARBEST】~1/18日の特選クーポン~

商品名 倉庫 クーポンコード クーポン価格(円) 限定回数 終了日 備考
スマホ&周辺商品
OnePlus 7T Pro 8GB 256GB BLUE HK
GBOP7TPROJAN 72815 円 200 2月2日
OnePlus 7T 8+256 blue HK
GBOP7TG8256 59939 円 200 2月2日
Redmi Note8 Pro 6+128 WHITE HK
GBNOTE8P3 25529 円 200 2月2日
Mi 9T 6+64 Blue HK
GBMI9T501 29525 円 200 2月2日
MI 9T EU 6+64 black HK
GBMI9T500 29525 円 200 2月2日
Mi 9T 6+128 black HK
GBMI9T802 30635 円 200 2月2日
タブレット&ノートパソコン
Teclast F6 Plus China
フラッシュセール 35519 円 100 2月2日
スマートウォッチ
Amazfit GTR Lite 47mm International Version (Xiaomi Ecosystem Product) – Black HK
フラッシュセール 12209 円 100 2月9日

 

過去のクーポン一覧・購入方法はこちら

ニュース

【これは草…しとる(´・ω・`)】悲報!日本の大麻の取り締まりは「ポツダム宣言に違反する」…國母和宏被告(31)の弁護人に傍聴席唖然か 
1: ばーど ★ 2020/01/23(木) 06:49:25.00 ID:wjJQ54AZ9 「反省してま~す」の“腰パン”騒動から約10年。元五輪代表のプロスノーボーダー・國母和宏被告(31)が、再びお騒がせだ。  アメリカから大麻をワックス状にした製品を密輸したとして、大麻取締法違反と関税法違反の罪で起訴された國母。ダークスーツに濃紺のネクタイ姿、トレードマークのひげは残したままで、1月8日、東京地裁の初公判に臨んだ。  國母は起訴内容を「間違いありません」と認めたものの、大麻を使い始めたのは「14歳のころ」と告白。「大麻に関わることがすべて違法なこととは思わない」などと持論を展開し、入手ルートに関しては「黙秘します」と即答した。  司法担当記者が振り返る。 「さすがにチャラチャラしていなかったが、発言や口ぶりは自己を正当化するニュアンスもあった。被告人質問はなぜか実績のアピールに時間が割かれ、一流アスリートなら酌量されると思っているかのようでした」  法廷では、事件の経緯よりもスノーボーダーとしての経歴を中心に証言。弁護人に問われ、「ハ

続きを読む

【速報】日本大学のラグビー部員さん、大麻所持で逮捕wwwwwwwwwwwwwwwww
【悲報】複数の暴力団が協力して大量の覚せい剤を密輸するも無事押収
【注意喚起】ワイ、ガチ大麻使用者が質問答える
【峯岸みなみ】ゴミトレーダーKAZMAXついに逮捕 MDMA仕様疑い 誰?

「薬物犯罪」記事をもっと見る

薬物犯罪 人気記事

【ダンサー君島かれん】麻薬を使ったとしてシリガール逮捕「コカインだとは知らなかった」
馬場美次容疑者(75)・大上一朗容疑者(50)ら5人、指定暴力団会津小鉄会の会長らが大麻とみられる薬物を受領したとして逮捕。
【速報】大麻合法化を主張するまんさんの卒論がガチのマジでやばい
【岡野達徳容疑者(43)】大麻取締法違反で逮捕。自身の「目白接骨院」で営利行為か。
覚せい剤の密売を企てたとして、長谷川美穂被告(28)ら男女6人が逮捕・起訴。
星野真也容疑者(37)・竹山誠容疑者(30)ら3人。千葉のマンションで大麻を栽培していた男らが逮捕。販売していた可能性もありか
高相祐一容疑者(48)危険ドラッグを所持したとして酒井法子さんの元夫が逮捕。
【TBS】メディアビジネス局担当部長の男(51)、RUSH所持と傷害で書類送検 各メディアは名前を隠蔽(2ch反応まとめ)
【岩村学容疑者(50)ら】180キロ、末端価格30億円以上の危険ドラッグ所持で男女6人逮捕 過去最大の押収量 – 川崎
【薬物依存】「買うより育てた方が安い…」 若い世代を中心に大麻回帰の動き