【尿路結石】夏にはご用心!激痛が走る病気、尿路結石の対策。カルシウムは大事!?

夏に増える症状の一つに、「尿路結石」があります。

尿路結石は、腎臓から尿道までの、おしっこを作って排出する道のりのどこかに「石」ができる病気です。

なぜ夏になると増えるかというと、汗で体の中の水分が失われると、尿の量が減って、尿中成分が濃くなるからです。

その結果、お尿の通り道で結石ができやすくなります。

激痛ができる一方、全く症状がないケースもありますので、注意が必要です。

本記事では尿路結石の詳しいメカニズムと対策方法について書いていきたいと思います。

尿路結石の原因とは?

暑い季節に尿路結石の患者が増えると言われており、汗をかくことで尿路結石ができやすくなります。

大量に汗を書くと体の中の水分が失われます

そのため、尿の量が減りますが、その結果、尿中の成分も濃縮されて濃くなります

その結果尿路結石ができてしまうのです。

痛みはどのくらい?

痛みは脇腹から下腹部にかけてですが、「耐え難い激痛」と言われます。

痛みで救急病院に来た人が待合で吐いてしまうほどの異常な痛みになります。

この痛みは、

  • 胆石
  • 膵炎
  • 尿路結石

3大激痛といわれています。

また、症状としては血尿が出ることもあります。

尿路結石の発生部位は?

1_1_1_fig1画像出典:nurseful.jp

尿路結石は、すべての症状の90%以上が、腎臓から尿管にかけての、上部尿路で発生します

結石が細い尿管へと移動することで、激痛が走るのです。

尿結石の成分は?

大きくは、シュウ酸カルシウムリン酸カルシウムを成分とします。

シュウ酸カルシウムの結石

imgres

画像出典:www.drug-family.com

リン酸カルシウムの結石

ZU03画像出典:kiichi.com

このうち、圧倒的にシュウ酸カルシウムが多いと言われています。

食品から摂取した周産とカルシウムが体内で結合したものです。

シュウ酸はどんな食べ物に含まれている?

coffe

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ほうれん草

に多く含まれていると言われます。

カルシウムの摂取は控えるべき?

ディアナチュラ カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD 180粒

シュウ酸の結合対象となるカルシウムの摂取については、控えるべきか?と思うかもしれませんが、

むしろ、積極的に摂取するのが望ましいのです。

なぜならば、シュウ酸とカルシウムは通常、腸で結合され、便として排出されるからです。

ところがカルシウムが不足していると、シュウ酸は腸内で結合できず、腎臓で結合し、石となってしまうからです。

尿路結石の検査方法

  • CT検査
  • 超音波検査

は痛みがなくても石ができるので

対策方法

  • 1日2リットルの水分を飲む*
  • 積極的にカルシウムを摂取する
  • 満腹になるまで食べない

こういった対策が大切です。

B子
カルシウムを摂取擦るというのは盲点だねえ
A子
腸内で石にさせてやるのが大事なようです

カルシウムサプリの比較はこちらの記事を参考にしてみてください!


美容・健康

【加齢悲報】出産した女性の遺伝子は“11年老けている”ことが判明
1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) 2019/01/18(金) 20:03:47.91 ID:h61wkj0c0● BE:659060378-2BP(8000) ■出産した女性はテロメアが短くなりプラス11歳老化 女性にとって出産は人生の一大イベントになるが、 最近の研究では出産は女性を11歳老けさせるという ショッキングなレポートが報告されている。 米ジョージ・メイソン大学の研究チームが アメリカ国内の妊娠可能な女性2000人のDNAを分析したところ、 出産経験のある女性は遺伝子レベルで老化が進んでいることが突き止められた。 研究チームが女性たちのテロメアの長さを調べたところ、 出産を経験した女性は、 未経験の女性よりも平均で4.2%、テロメアが短くなっていた。 これは116塩基対が減少したことになり、 プラス11歳の老化が進んだことに等しいという。 喫煙がもたらす老化がプラス4.6歳、 肥満がもたらす老化がプラス8.8歳と考えられているが、 出産はなんとこれらよりも老化を早める要因ということになる。 出産後

続きを読む

【悲報】歯医者「ツブツブが入っている歯磨き粉はオススメしません。たまに患者さんの炎症している歯茎の中から大量に見つかる事があります」
【目】なぜ皆んなレーシックやICL手術しないの?眼鏡はダサいし、コンタクトはドライアイの原因になるし
【注意喚起】1歳未満の乳児がはちみつ食べると”乳児ボツリヌス症”で死亡の恐れ 年末年始の帰省で注意
【薬】ロキソニンめっちゃ効いてワロタ

「医療情報」記事をもっと見る

医療情報 人気記事

【ほくろと皮膚がん】見分け方と考えられる病気の種類について。悪性黒色腫は最も危険!
【加齢悲報】出産した女性の遺伝子は“11年老けている”ことが判明
【寒冷蕁麻疹】冬に起こりやすいじんましん、「冷やす」のではなく「温める」原因と対処・予防法に迫ります。
【上小阿仁村】「医者イジメの村」はデマだぞ!ネットリンチはやめたまえm9(`・ω・´)
【悲報】歯医者「ツブツブが入っている歯磨き粉はオススメしません。たまに患者さんの炎症している歯茎の中から大量に見つかる事があります」
【粉瘤】手術体験したことのある人々が集うスレ
【低音障害型感音難聴】早めの受診と対策が肝心!女性に増加中の耳の病気の治療・予防法について。
【新時代】民間の「精子バンク」サイトが個人運営含め60以上も存在 法的規制なし ひらめいた!
【驚愕】高須院長が裏切った部下を10年かけて合法的に潰した方法 (画像/まとめ)
【薬】個人輸入に頼っていた者だが、デパスかマイスリーの代わりはありませんか?