東京都杉並区の住宅で、同居していた80代の女性の遺体を隠していたとして、79代の男が逮捕されました。 概要 死体遺棄の容疑で逮捕されたのは、杉並区の無職・三浦昭男容疑者(79)。 2月上旬ごろ、同居していた80代とみられる女性が自宅で死亡していたにも関わらず、遺体をベッドの上に放置した疑い。 逮捕前の任意の調べに対し三浦容疑者は「足腰が悪くて面倒だった」「金銭的に不自由していた」と話していたという。警視庁は遺体の身元の特定を急ぐとともに、当時の状況を詳しく調べている。 ソース:JNN 事件発生場所 東京都杉並区上荻 容疑者について 画像出典:JNN 名前:三浦昭男 年齢:79歳 住所:東京都杉並区上荻 職業:無職 ネット上の反応 引用元:ヤフーコメント aji***** | 2017/02/23 14:45 どういう仲だったのかな。 どれくらい同居していたのかわからないが 籍入れてなくても連れ添いだったとしたら 最後、面倒だからなんて理由で放置されたらたまらない。 ...