走行中の車から交際相手の女性を2度蹴り落としたとして、奈良県の職業不詳の男が殺人未遂と傷害の容疑で逮捕されました。男は容疑を一部否認しているとのことです。 概要 殺人未遂と傷害の容疑で逮捕されたのは、奈良県大和郡山市の職業不詳・太神隆範容疑者(44)。 3月21日午後6時半ごろ、大阪市東成区の中央大通で走行中の車の助手席から運転席の扉を開け、運転中の女性を蹴り落としたほか、約30分後にも東大阪市の阪神高速の非常駐車帯で停めていた車の運転席の扉を開けて女性を走行車線に蹴り落とした疑い。 調べに対し太神容疑者は「怒りに身を任せて何発も殴ったが、殺害しようとは考えていない」と容疑を一部否認している。容疑者は直前まで居酒屋などで酒を飲んでおり、女性は「ふだんから酔うと暴力を振るっていた」と話しているという。 ニュースソース:朝日新聞デジタル 事件発生場所 大阪府大阪市東成区 東成区の北端、阪神高速13号東大阪線の下を走るのが中央大通です。 容疑者について 名前:太神隆範(おおがたかのり) 年齢:44歳 住所:奈...