1: 2017/08/16(水) 13:49:30.61 ID:CAP_USER9 酒を飲んで車を運転し、当て逃げ事故を起こしたとして、大阪府警東淀川署は16日、道交法違反(酒気帯び運転など)の疑いで、滋賀県湖南市に住む同県立高校教諭の男(31)を書類送検した。「飲酒運転が発覚すると教諭を辞めなくてはいけないと思い、逃げた」と供述しているという。 ■ひとり飲み、大阪府で…帰路に白昼、追突事故 送検容疑は、今年6月12日午後2時40分ごろ、大阪市東淀川区東淡路の府道交差点で、酒に酔った状態で乗用車を運転し、交差点で信号待ちをしていた40代の男性会社員が運転する軽ワゴン車に追突し、そのまま逃走したとしている。 同署によると、教諭はこの日は休みで、大阪市北区の居酒屋で瓶ビールや日本酒などを一人で飲んだ後、帰宅途中だったという。 事故後に前輪がパンクするなどしており、修理のため訪れた大阪府守口市のガソリンスタンドで店員が酒のにおいに気付き、通りかかった守口署員に相談した。 教諭は、生徒の個人情報が記載された書類などを公園に捨てたとす...