東京都調布市の工事現場で足場の組み立て作業をしていた男性作業員が転落し、地面に組まれていた鉄筋に刺さりました。男性は重傷ですが、命に別状はないということです。 概要 4月19日午前9時20分ごろ、東京都調布市の工事現場で、46歳の作業員が足場を組み立てていたところ、足を踏み外し約3メートルの高さから落下した。 男性は地面に組まれていた鉄筋の上に落ち、上を向いていた約2センチの鉄筋が脇腹に刺さったという。 男性は重傷だが命に別状はないという。警視庁は工事現場の安全管理に問題がなかったか捜査している。 ニュースソース:ANN 事故発生場所 東京都調布市国領町3丁目 画像出典:日テレNEWS24 現場では、交差点の下に地下道を作る工事をしており、男性はポンプ室を建てるための足場を組み立てる作業をしていたということです。...