愛知県名古屋市の銀行前で、売上金を夜間金庫に預けに来た風俗店の店長らが2人組の男に襲われ、およそ700万円を奪われる事件がありました。県警は強盗致傷事件として、逃げた男らの行方を追っています。 概要 4月29日午前1時半ごろ、名古屋市中区松原の十六銀行大須支店の前で、およそ700万円が入ったスポーツバッグを奪われたと風俗店の店員から110番通報があった。 店員と店長が10店舗分の売り上げ金を夜間金庫に入れようとしたところ、2人組の男たちに突然、催涙スプレーのようなものを顔にかけられバッグを奪われたという。その際、店長は、男たちともみあって転び、膝に軽いけがをしたという。 2人の男はいずれも上下ともに黒い服装で、黒の目出し帽をかぶっていて、1人は身長175センチから180センチでがっちりした体格、もう1人は身長170センチくらいで細身だったという。警察は強盗致傷事件として逃げた男の行方を追っている。 ニュースソース:NHK 事件発生場所 愛知県名古屋市中区松原 十六銀行・大須支店 画像出典:NHK 事件があった場所は大通り...