佐賀県嬉野市で、常用型の茶摘み機械で作業中に誤って高さ2メートルの崖下に転落し、死亡する事故がありました。県警が転落した原因などを調べています。 概要 5月25日午後1時50分ごろ、嬉野市嬉野町岩屋川内の茶畑で、土木作業員・永尾豊さん(62)が乗用型茶摘み機械で作業中に高さ約2メートルのがけ下に転落、機械の下敷きになった。 永尾さんは心肺停止の状態で市内の病院に搬送されたが、約3時間半後に死亡した。 県警が転落した原因や死因を調べている。 ニュースソース:佐賀新聞 事故発生場所 佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内 ネット上の反応 via:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495769404/ 2: 2017/05/26(金) 12:31:23.21 ID:k3IV40gd0 どういう状況なんだろう 落下した弾みにコントみたいに上から機械が落ちてきたのかな   29: 2017/05/26(金) 13:36:04.75 ID:jltKjTFh0 >&g...