千葉県船橋市の国道で、特別支援学校の教諭が酒気帯び運転をしたとして逮捕されました。教諭は直前に事故を起こしており、警察官が呼気を調べたところ基準値を超えるアルコールが検出されたとのことです。 概要 道路交通法違反(酒気帯び運転)の容疑で逮捕されたのは、千葉県立特別支援学校「市川大野高等学園」の教諭・吉田岳史容疑者(35)。 3月25日午前12時半ごろ、船橋市の国道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。吉田容疑者は直前に追突事故を起こし、警察官が調べたところ呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたという。 調べに対し吉田容疑者は「酒は飲んでいたが、抜けているので車を運転するのは大丈夫だと思った」などと供述しているという。 ソース:JNN 事件発生場所 千葉県船橋市本町 国道14号 画像出典:JNN 容疑者について 名前:吉田岳史 年齢:35歳 住所:千葉県船橋市浜町 職業:千葉県立特別支援学校・教諭(市川大野高等学園) ネット上の反応 引用元:ヤフーコメント まだ飲酒...