【医療】朗報!ビタミンDで肺炎、インフル発症リスク2割減 国際チーム研究

1: 2017/04/13(木) 23:06:45.52 ID:CAP_USER

ビタミンDを継続的にとると、肺炎やインフルエンザなどの感染症の発症を2割減らせることが、
東京慈恵会医科大などの国際共同研究チームの大規模なデータ解析で分かった血中のビタミンDが欠乏している人がとると発症が7割減ったという。16日に東京都内で開かれる日本小児科学会で発表される。

ビタミンDは日光にあたると体内で作られるほか、食品からもとれるが、極端に不足すると骨が変形する「くる病」を起こす。
また最近、ビタミンDが不足すると、体を守る免疫細胞が分泌する抗菌物質が減り、結核菌を増やす成果が報告されるなど、感染症との関係が注目されている。

研究チームは、ビタミンDの投与と呼吸器の感染症との関係を調べた世界の25の報告(2009~16年)を統合し、0~95歳の約1万1000人のデータを分析した。この結果、ビタミンDの錠剤を飲んだグループは、飲んでいないグループに比べ、インフルエンザや気管支炎、肺炎などの急性の呼吸器感染症の発症が2割少なかった。特に、血中のビタミンD濃度が欠乏状態にある人では、ビタミンDを飲んでいたグループは発症が7割少なく、不足している人に予防効果が高かった。

研究に参加した浦島充佳・同大教授(小児科)によると、日照時間の短い冬場は血中ビタミンD濃度は夏の半分程度で、冬にインフルエンザが流行する理由の一つと考えられるという。浦島教授は「ビタミンD不足が、これらの感染症の原因にもなっているとみられる。適度に外を散歩したり、ビタミンDが豊富なサケやイワシなどの食品から補ったりしてほしい」と話す。.
https://mainichi.jp/articles/20170413/k00/00e/040/233000c

関連記事:【医療】慢性的頭痛の原因はビタミンD フィンランド大学の研究で明らかに

以下、反応

2: 2017/04/13(木) 23:10:34.88 ID:u1XvnwyT
ビタミンC風邪予防の迷信がビタミンD風邪予防の迷信に変化しそう

 

4: 2017/04/13(木) 23:15:44.55 ID:0lwqw5DD
D3飲んでるが今年はインフルにならなかったお?

 

5: 2017/04/13(木) 23:23:16.65 ID:b154lJWX

Cのほうが効果でかいんじゃね、免疫力もアップするし

つうか肺炎だったら65才以上は肺炎予防ワクチン接種推奨

 

6: 2017/04/13(木) 23:23:44.32 ID:fpV+FYmr
CもDも摂ればいいのね

 

7: 2017/04/13(木) 23:32:38.44 ID:6isvuGA0
リポビタン飲めばいいのか

 

11: 2017/04/14(金) 00:54:30.53 ID:rO3sw0T/
ファイットォォォォォ!

 

12: 2017/04/14(金) 01:28:08.59 ID:PkVE1ns6
身長が伸びる副作用があるし、ジャーキングが発生する

 

15: 2017/04/14(金) 06:22:09.43 ID:hSZUcdwi
なんてこと言うんです。飲み続けることによって
クスリ屋の儲け…オトト 効果が現れてくるのですよ

 

16: 2017/04/14(金) 06:56:24.17 ID:NF55nCsr
肝油ドロップの時代が来た

 

17: 2017/04/14(金) 07:29:52.98 ID:TpVIjjIp
ビタミンCは水溶性だから過剰症になりにくいけど、Dは脂溶性だから注意が必要
マスコミが面白半分に紹介したりしないといいけど

 

folder


美容・健康

【サプリ】ビタミンD徹底比較!記憶形成に関与する海馬や 精神障害予防に欠かせない 注目成分
最近の米国の研究で、ビタミンDの不足が脳機能の低下に影響するのではないかということがわかってきました。ビタミンDの摂取が欠乏したマウスは、学習と情報を記憶する能力が低下したというのです。 したがって適切なビタミンDの摂取は必要なのではないかと思われたかたもいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は上記話題に関する反応と、ビタミンDサプリの比較をしていきたいと思います。 反応 1: プティフランスパン ★ 2019/03/24(日) 21:02:05.39 ID:xQoaei4P9 2019年03月24日 05:17 https://jp.sputniknews.com/science/201903246069595/ 米国クイーンズランド大学は、体内のビタミンDが不足した場合、人間の脳内でどのようなプロセスが発生するかを研究した。研究者らは、ビタミンDが健康にとって重要度が高い理由はなにか、そしてその欠乏がどのようにうつ病と統合失調症の原因となるのかを解明した。 実験中、研究者たちは健康な成体マウスの食事からビタミンDを除き、20週間後に彼

続きを読む

【サプリ】専門性の高さと価格の安さで他を圧倒 サプリンクスをおすすめしたい5つの理由
【医療】朗報!ビタミンDで肺炎、インフル発症リスク2割減 国際チーム研究
【医療】慢性的頭痛の原因はビタミンD フィンランド大学の研究で明らかに
【研究】ビタミンDが脂質の合成を抑制?脂肪肝、がん対策にも期待―京大

「ビタミン」記事をもっと見る