【勝又被告】吉田有希ちゃん殺害事件で自白の信用性が認められ、被告に無期懲役の判決。

time 2016/04/08 公開

time 2016/04/08 更新

991 PV

2005年12月に、栃木県の旧今市市で、吉田有希ちゃんが連れ去られ、殺害された事件の裁判員裁判で、無期懲役を求刑された被告人の勝又拓哉の判決が下り、求刑通りの無期懲役となりました。

弁護側は「自白は強要されたもので信用性がない」と一貫して無罪を主張。JNNの単独取材に、勝又被告は「有希ちゃんを殺害していない。警察によって自白された」と語っていました。

一方検察側が約7時間にわたる取り調べ映像を公開し、自白の強要などを否定。

裁判員らは自白の信用性があるとみて、判断したものと考えられます。

カテゴリー (総合)

1: 2017/01/18(水) 10:53:34.91 ID:CAP_USER http://jp.reuters.com/article/ivory-trade-idJPKBN1511K0 [東京 17日 ロイター] - 日本の象牙取引が国際的な非難の矢面に立たされている。 野生生物保護団体は日本政府が取引を容認していることが、ゾウの密猟を誘発していると批判。 その矛先はオークションで取引の場を提供しているヤフー(4689.T)にも向かっている。 日本政府は規制強化に乗り出したが、象牙市場の年内閉鎖を打ち出した中国とは対応に隔たりがあり、対日非難が静まるかはなお不透明だ。 <中国象牙禁止で日本孤立イメージ> 象牙取引をめぐる国際世論の中で日本が窮地に陥っている背景には、密輸大国と非難されてきた中国の「転向」がある。 「全形の象牙の在庫を多く保有しているのは日本と中国だけ」(NGO関係者)という状況が続く中、中国はさらに一歩進め昨年12月30日、今年末までに商業目的の象牙の取引を全面禁止すると発表した。 中国はこれまで禁止の方針だけ...
続きを読む
1: 2017/01/17(火) 15:39:54.89 ID:hqNH3jpw0● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典   【常識破り1】 (中略) 煙が出る位まで充分に熱する事、それまでは餃子を乗せてはいけません! 充分に熱した後にようやく餃子を並べるのです。生の餃子も冷凍餃子も一緒です。油(ごま油がいちばん良い)を軽くひき、充分に熱したフライパンに餃子を並べると、1分も経たないうちに餃子の裏に焼き色がつきます。 【常識破り2】 水は入れずに熱湯を注ぐ 餃子を手にとりきつね色になった事を確認したら、ここでふたつ目のポイント。「熱湯」を60~100ccほど注いで蓋をします。 水ではなく「熱湯」です。熱湯を入れ、蓋をした後に火力を弱火に戻し約4分、パチパチと音がしてきますがこれが水分がなくなった合図ですこれで完成です。お皿に移して終わり。 ご家庭でカラッと焼き上がらない一番の原因は家庭の火力(IHもしかり)なのです。しかしながら当然お店の火力より家庭のものは低いです。なので、はじめに充分熱する事...
続きを読む

人気記事BEST20

続きを表示 down

カテゴリー

カレンダー

2017年1月
« 12月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

月別投稿