【体験談】エピレ徹底解剖!VIO脱毛の施術体験。クーリングオフも問題なし!

私の脱毛実体験記。ミュゼ編の続きです。

ミュゼに2年間通ったことで脱毛サロンの効果を実感した私は、VIOライン(ハイジーナ)脱毛の欲求が生まれていました。

羞恥心が伴う部位の脱毛ですので、スタッフさん1人による施術であることと、予約の取りやすいことを重要視しました。

そんな私が次に選んだのはエピレです。

第2回である本稿では「エピレ」について、ご紹介したいと思います。

店舗について

天王寺店に通いました。

住所は「大阪市阿倍野区阿倍野筋1-3-15阿倍野共同ビル6F」です。

画面右手の茶色いビルです。なかなか目立ちにくいビル構えで、さらに入り口は隣接するビルよりも少し奥まっています。
初めて行ったときには気付かずに通り過ぎてしまいました(´,,•ω•,,`)

店内はベースカラーのホワイト・ブランドカラーの淡いピンクの組み合わせで、ふんわり・可愛らしく仕上がっていました。

epire

エピレ公式HPより

エピレのコンセプトは以下の通り。

ユーザーからの「こんな感じのサロンがあるといいのになあ」「このような内容の脱毛をやって欲しい」をエステティックTBC監修に従ってかたちにしました。

この〝ユーザー″の言葉尻からも可愛らしさや若さを感じますが、実際に店舗でも10~20代であろう客しか見かけませんでした。

ミュゼと比較すると、よりカジュアルな雰囲気です。

guestcard

スタッフの容姿・接客について

スタッフさんは20代前半~40代であろう方まで、年齢層は幅広いです。

髪はまとめている人の方が少なく、私が目にしたスタッフさんは全員茶髪で、巻き髪の方もチラホラ。しかし不快になるほどの明さではなく、化粧もナチュラルメイクでした。

制服は白。綺麗にまとめているイメージを持ちましたが、洗練度からいえばミュゼの方が優れているように思いました。

接客は丁寧です。
それでいて決して仰々しいものではなく、笑顔・声のトーン・話し方が自然で、私はリラックスできました。必要最低限の会話の内容や声のかけ方は思いやりを感じ、終始落ち着いて施術を受けることができました。

施術室について

施術室はカーテンにより仕切られているだけです。

ベッドの両サイドは60㎝ほどしか余裕がありません。その狭い感覚で脱衣をする必要があるので、うっかりバランスを崩すと、隣のブースにお邪魔してしまいます(´,,•ω•,,`)

室内照明は、電球色の電球を使っているために落ち着いた明るさになっています。狭さと相まってか、私は毎度眠気に襲われまし・・・

個室内にロッカーはありません。着ている服・持ち物はブースの隅に置いてあるカゴに入れます。
施術中は目隠しをされるので、貴重品を自己管理できないシステムには不安を覚えました。

施術前チェックについて

私が契約した部位は脇(無料)とVIOラインでしたので、下着はブラジャーのみ着用OK。

個室内でブラジャーのみになり、あらかじめベッドの上に用意されているまきまきタオル(ラップタオル?)をチューブトップのように着ます。使い捨ての紙パンツを履けば、準備完了。

まもなくスタッフさんが施術前のお肌チェックにやってきます。

VIOラインは剃り残しがあった場合、その部分は照射してもらえません。
剃り残し部分を避けての照射になります。

他の部位であれば、エピレ指定の電気シェーバー(パナソニック・品番ES-WF50)をエピレにて購入すれば、スタッフさんに処理をお手伝いしてもらえるそうです。
次回以降もこの電気シェーバーを持参することで、そのサービスは無料で受けることが出来ます。

施術・痛みについて

エピレで使用している脱毛機器(フェリークFv4)は日本人女性の肌に合わせて開発したオリジナルマシンだそうです。

照射レベルは調整してもらえます。
照射レベルを上げると比例して効果も上がるそうですが、伴う痛みも強くなります。

VIOラインはデリケートなのか、他の部位よりも痛みは強く感じました。。
とはいっても瞬間的に熱さを感じる程度です。
あまりに痛みを感じる場合、最初の照射テスト時にその旨をスタッフさんに伝えれば、照射レベルを下げてもらえるはずです。

気になったのは、使い捨て紙パンツを着用したままの照射
スタッフさんが紙パンツをずらしながら照射します。羞恥心への配慮だとは思いますが、私は逆効果に感じました。

どうせならば思い切りよく、手早く、照射残しのない施術方法である方が助かります。
照射時にはハサミで切りながら行うというのもひとつではないでしょうか。

次回予約

2か月毎の予約です。

また、予約日近くになって予約の変更を申し出ても、その前後に振替可能です。

安定して毛周期に合わせて施術を受けることができます。

施術費用例

私が契約した内容は、VIO5プランを14回と、両ワキの脱毛し放題が無料で付いてきました。

金額は13万1,544円です。

e-vio

契約後すぐにクーリングオフした、エピレチョイスLプラン(背中)の18回分の金額は7万6,704円です。

e-senaka

ご参考までに、どうぞ。

勧誘について

初回時はwebで無料カウンセリングを申し込んだ際に入力した内容のみの説明しか受けていません。

勧誘も全くありませんでした。

ただ、4回目か5回目かの施術後、他の部位の追加契約を促す勧誘がありました。
他に気になる部位の有無を尋ねられ、スムーズに契約へと至っていました。

気づけばエピレチョイスLプラン(背中)の18回分を契約していました(´,,•ω•,,`)
クーリングオフ(後述)はできましたが、途中勧誘があることは覚えておきましょう。

効果がいまいち・・?

わたしは脱毛効果をあまり感じることができませんでした。
細くなっている気はしましたが、毛量が減少していく実感は得られませんでした。

中途解約・クーリングオフについて

私はTBC契約事務センター(TEL:0120-446-057)に電話をかけました。
中途解約とクーリングオフをしたい旨を話すと、契約店舗や解約したい理由を聞かれますが、あくまでマニュアル通りのような質問のみです。

積極的な引き止めはありませんでした。

henkin

10%も解約手数料がかかるのが解約手数料0のミュゼとの大きな違いですね(´・ω・`)

中途解約手続きの流れ

1.この電話から1週間ほどでこちらに返金の書類が届く
2.口座番号等の必要ヶ所を記入し、エピレ側に返信
3.エピレ側に返金書類が到着後1か月後に返金(口座に振り込み)
4.後日清算のお知らせがこちらに届く。

合わせてクーリングオフは、この電話にて手続き完了
クレジットカード払いでしたので、エピレ側で取り消し作業が行われました。

感想

接客、衛生面、そして予約の取りやすさについては問題ありませんでした。
ただ効果を感じないことには、元も子もありません。
そんな折に脱毛ラボの魅力が高まってきたことが、解約のきっかけとなりました。

すべて同じだと思っていた脱毛サロンでしたが、使用している機器により効果に差があるようです。

効果が見られなければ、すっぱりと次のサロンに移ってしまう、というのも一つの方法です。

ただ、ミュゼより規則正しく施術を受けることが出来ますし、費用も比較的経済的です。
相性さえ合えば、安い費用で・規則正しく・気負うことなく通うことができるエピレは、チョイスの一つとして有力候補になるのではないでしょうか。

ミュゼ編脱毛ラボ編フェミークリニック編も併せてお読み下さい

まとめ

陰毛を永久脱毛する人が増えている
1: ボ ラギノール(東京都) 2019/07/16(火) 08:24:50.75 ID:iBGQzVfo0 BE:937989229-2BP(1600) 「アンダーヘアがあるときには、便とアンダーヘアがくっついてしまっていることも ありますね。そんなときも微温湯でゆっくりと洗い流すんですけど、けっこう時間が かかるときもあります。」 45歳を超えた患者の来院数は8年で15倍に増えていて、その大半が介護を見据え アンダーヘアの脱毛を希望するのだといいます。 「自分の親を介護している経験を持っている方が多い。特に高齢者は抵抗力が 落ちている方が多いので、(排せつ後の)処理が十分でなかったりすると感染症や においの原因にもなる。脱毛することによってリスクが軽減される。」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00010000-mbsnews-life 以下、反応 8: ジャーマンスープレックス(中部地方) 2019/07/16(火) 08:27:27.82 ID:2kPg

続きを読む

【朗報】ま~んだけど、髭伸ばし始めたんだが快適過ぎワロダァwwwwwwwwwwwww
【coloreeコロリー脱毛体験】体験脱毛をした感想、ミュゼと比較してどうだった?
【2017】脱毛サロン徹底比較!【ミュゼ・エピレ・脱毛ラボ・フェミー】~実体験をもとに~
実体験!フェミークリニックの口コミ・感想。ミュゼエピレ脱毛ラボ・・・今までのサロンより5倍いい!

「女性脱毛」記事をもっと見る