新潟県にある東京電力の柏崎刈羽原発のサービス建屋内のロッカー室で火災報知器が作動し、発煙が確認されました。東電などによると、既に初期消火は完了しているということです。 概要 2月23日午後3時25分ごろ、新潟県の東京電力柏崎刈羽原発で運転停止中の6号機と7号機の近くにあるサービス建屋2階のロッカー室で火災報知器が作動し、発煙が確認された。 東京電力や新潟県によると、初期消火は完了しており、放射能漏れなどはないという。 ソース:産経ニュース 火災発生場所 新潟県柏崎市青山町 柏崎刈羽原子力発電所 が画像出典:清水建設 ネット上の反応 引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487836361/ 3: 2017/02/23(木) 16:54:15.77 ID:5Qgzrc1g0 >放射能漏れなどはないという ロッカー室から放射性物質が漏れだしたら大ニュースだな 漏電?放火?   5: 2017/02/23(木) 16:54:...