【今井隼人(23)】川崎の老人ホームSアミーユ転落死事件の概要・容疑者の素性に迫る。

川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で入所者3人が2014年に相次いで転落死した事件で、殺人容疑で逮捕された今井隼人容疑者(23)の素性に迫り、事件の詳細や動機などを考察したいと思います。

事件概要

発生場所は神奈川県川崎市幸区幸町2丁目632−1の「Sアミーユ川崎幸町」、今井容疑者は2014年11月3日夜から4日未明に、87歳の男性入所者を4階ベランダから投げ落とし、殺害した疑いで逮捕・起訴されました。

キャプチャ(GoogleMAPより)

また、11月の事件の後、同年12月に86歳の女性が4階ベランダから、96歳の女性が6階ベランダから転落して死亡しています。

県警は事故と事件の両面から捜査していましたが、2カ月に3人の転落が相次いだことや、高さ約1.2メートルのベランダから、高齢の入所者が自力で転落するのは不可能とみられることから、事件としての捜査を進め、逮捕に至りました。

現在までの経緯は以下のとおりです(3月9日現在)

日付 事件・状況
2014年11月3日 丑沢民雄さん(87)が4階から転落死
2014年12月9日 仲川智恵子さん(86)が4階から転落死
2014年12月31日 浅見布子さん(96)が6階から転落死
2015年1月 入居者の現金を窃盗(全部で19件)
2015年5月 今井容疑者を窃盗罪で逮捕・起訴
2015年9月 今井容疑者が取材を受け、転落事件への関与を否定
2015年9月~10月 入居者家族の隠し撮りにより暴力が発覚
市が計3回の立ち入り検査
2015年12月 川崎市が施設に対して行政処分
県警も元職員3人を書類送検
2016年1月 元職員の男性1人を在宅起訴、2人を不起訴
下旬、警察が今井容疑者に事情聴取
2016年2月 丑沢さん殺害を認めたので逮捕・起訴
2016年3月 仲川さん殺害容疑で再逮捕・起訴
2016年3月 浅見さん殺害容疑で再逮捕

容疑者今井隼人の素性について

概要

キャプチャ

  • 年齢:23歳(1992年生まれ)
  • 住所:横浜市神奈川区立町
  • 学歴:横浜商科大学高等学校 卒業→湘央生命科学技術専門学校 救急救命学科 卒業
  • 職歴:2014年5月にSアミーユ川崎幸町に就職。翌年5月に退職(解雇)。

救命救急士の有資格者

医療系専門学校を卒業後、2014年5月にSアミーユに就職。

施設内では、有資格者であり、若かったこともから「期待の星」とされていたようです。

ただ、当時当時1ヵ月先輩だった職員は救急救命士の資格を取得したのに、「なぜ救命士の道には進まずこの職場を選んだのか」と不思議に思っていたようです。

また同先輩職員によると、一連の転落事件発生前に、今井容疑者が「そろそろやばいかも・・」と漏らしていたとのことです。

窃盗罪で逮捕起訴

働き始めて1年ほどした2015年5月、入所者の現金を盗んだとして逮捕起訴され施設を解雇されています。その被害額は200万円以上で、すべて遊ぶ金などに使ったようです。

「目の前の入居者たちがお金を持っていると思うと、盗みたくなったのです。同僚にお金を持っているところを見せたい、見栄を張りたいとも思っていました……」

「バレなければいいと……。施設からは(窃盗について)聞かれたこともなかったので、自分は疑われていないと思っていました……」

というのが公判中の彼の言葉です。自己中心的な性格がうかがえます。

母親の対応

本件を取材した記者によると、窃盗額約200万円は、母親が親戚などから借りて弁済したとのことです。

また、逮捕直前に母親に転落死事件のことについて相談したという話もあり、母親の存在が特異的に浮かび上がります。

専門家によると、「甘やかせて育ててしまった結果自己愛が肥大し、社会性が未熟なまま『ばれなければ何をやってもいい』と犯行を繰り返すに至ったのではないか」と指摘しています。

Facebook/Twitterなど

今井隼人容疑者が普段はどういう人物か?と思い、ツイッターやフェイスブックのアカウントを調べたのですが、特別な情報は見つかりませんでした。

まとめ

  • 救命救急士の資格があるが介護士職に就く
  • 転落事件・窃盗に関与し逮捕
  • 「バレなければいい」と未熟な社会性
  • 子育てに問題があったのではと専門家は指摘

バレなければという安直な感覚で人を平気で殺してしまう点、未熟なままに成長してしまった感じがします。そもそもすべての事件が今井容疑者の当直の際に発生していますから、バレるに決まっています。

世間に対する認識の甘さがはなはだしく、禍々しいながらも「幼児の無邪気さ」までも感じてしまうこの事件。子育てや成長過程に大きな問題があったとしか思えません。


ニュース

【ヤバスギ】《和菓子店娘殺害》近隣住民の証言で明らかになった、父の女グセと “娘との距離”
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/16(火) 21:01:21.85 ID:G1Gq0WUf9 東京・荒川区の和菓子店『菓匠 木津屋』の店主、木津英喜さん(43)の足取りが途絶える直前、7月6日土曜日午後4時ごろに木津さんに会ったという人物がいる。 70代後半の知人男性は、 「暗い表情をしていて、いつもは目を合わせてしゃべるんだけど、あの日は合わせないのよ。それでオレは、体調を気にして“病院に行ったら”って言ったけど、何も答えなかった」 いつもと違う様子の木津さんが気になったという。 肉体関係を迫った可能性もある その後、木津さんは、午後4時半ごろ→妻に連絡。「仕事が終わった」午後6時半過ぎ→自宅に電話。 「手首を切って死ぬ。川に沈んで死ぬ」午後7時ごろ→再び自宅に電話。「娘を店で切った。死にたい」と3度、家族に連絡をした。 「2度目の電話の際、木津さんの息子が“お父さんが自殺しようとしている。お母さんが電話で止めている”と110番通報。 捜査員が和菓子店を捜索したところ、7日午前0時50分ごろ、業務用冷蔵庫内で女性の

続きを読む

【 菓匠木津屋 】店主の娘、木津いぶきさん(18)が冷蔵庫で死亡…父親不明「都合によりしばらくお休み致します」
【胸糞】平塚殺人「クレカの使い込みと働いてないことがバレたから殺した」なお嫁の言葉…
【氏家美穂】モルタル夫殺しの被告と夫との馴れ初めと顛末が謎に満ちていると話題に
【山形女医刺殺事件】大学生逮捕!殺害後普通に講義に出席するPsyco-passぶりを発揮 闇が深い

「殺人・死体遺棄」記事をもっと見る

殺人・死体遺棄 人気記事

【動画】山城清幸容疑者の栄殺人事件、凶器が特定される【100L450】
【ともひろ】また一人ともひろに凶悪犯が誕生した【鹿児島親族殺害】
【格闘技】山本勇気容疑者(29)、傷害容疑で逮捕 重体の男性が死亡……
【閲覧注意】〈画像〉高岡由佳容疑者(21)のホスト殺人(未遂)事件現場と思しき写真が掲載される
京都市伏見区桃山町日向の路上で血を流した男性が死亡。事件のあった場所は?
北川ひかるさん、「よくやった、阪大合格」父の声虚しく…予備校生刺殺事件、19歳少年を逮捕。犯人の名前や顔は?
【万井大輝被告】小谷川さんを殺害した元人材派遣会社の男が起訴。
【濱野慶治】ちゃんこ料理店撲殺男は前科10犯、事件から逮捕まで1週間かかった県警の怠慢も浮き彫りに(まとめ)
【池谷佳峰(31)】静岡県浜松市北区で家族4人を死傷させた長男が緊急逮捕される。犯行時の状況や動機について※追記あり
【万井大輝容疑者(よろずいだいき、24)】小谷川彩さんを死体遺棄したとして男を逮捕。