神奈川県警は、男児にわいせつな行為をしたうえ、その様子を撮影したなどとして、小学校教諭や子ども向けキャンプ教室の元添乗員ら6人を逮捕・起訴したと発表しました。 概要 強制わいせつや児童買春・ポルノ禁止法違反(提供目的製造)などの容疑で逮捕・起訴されたのは開発哲也被告(35)、鈴木龍哉被告(23)、鈴木航平被告(22)、橋本顕被告(45)、田中耕一郎被告(66)、大学2年生の男(20)のあわせて6人。 6人の所持品などからは計168人分の男児の画像・動画約10万点が確認され、うち21人分について立件したという。他の県警と連携してさらに捜査を進める方針。 調べに対し容疑者らはいずれも「幼い男児に興味があった」などと供述しているという。 ソース:日テレNEWS24   容疑者について 名前:開發哲也(かいほつてつや) 年齢:35歳 住所:大阪府東大阪市 職業:無職(元ツアー添乗員) 関連記事 開發哲也被告(35)自然体験教室で男児にわいせつな行為をしたNPOのスタッフが逮捕・起訴 撮影動画を他の職...