1: 2017/08/10(木) 11:56:02.90 ID:CAP_USER9 警視庁高井戸署員が2015年12月、万引き事件の捜査で、 当時中学生の少年2人に対し、「認めないと逮捕するぞ」などの暴言を吐いていたことがわかった。 同庁は、署員2人を注意処分とし、少年の両親に謝罪した。 少年から申し立てを受けた東京弁護士会は10日、人権侵害があったとして、高井戸署に警告した。 同庁幹部によると、2015年12月、スーパーで起きた万引きで、同署の警部補と巡査部長が、 同級生に万引きを強要した疑いがあるとして、中学生の少年2人を任意で取り調べた。 少年らは事件への関与を否定したが、警部補らは黙秘権を告知せず、 「高校に行けなくしてやる」「鑑別でも少年院でもぶちこむしかない」などと強い口調で迫ったという。 少年の1人が取り調べをICレコーダーで録音していた。 最終的に、少年らの万引きへの関与は認められなかったという。 以下ソース:YOMIURI ONLINE 2017年08月10日 11時35分 http://www.yomiu...