埼玉県秩父市浦山の県道で、乗用車がガードフェンスを突き破り、15メートル下に転落する事故がありました。この事故で運転手が死亡、同乗していた他の3人が重軽傷を負いました。4人は心霊スポットに行く途中だったということです。 概要 22日午後9時半ごろ、秩父市浦山の県道を走っていた軽自動車が、対向車線を越えて、ガードフェンスを破り、およそ15メートル下に転落した。 この事故で、運転していた柏木海渡さん(18)が胸を強く打って死亡、18歳の少年が重傷、18歳の大学生と職業不詳の少年(18)が全身打撲の軽傷を負った。 柏木さんらは中学時代の同級生で、心霊スポットに向かう道中だったという。路上にあった長さ50cm、幅30cmほどの卵形の石にぶつかり、エアバッグが膨らんで前が見えなくなったため運転操作を誤り、転落したとみられている。 ニュースソース:FNN 事故発生場所 埼玉県秩父市浦山 画像出典:FNN 事故があったのは浦山ダムにかかる橋の近くで、この付近のみ道路が直線となっています。   この辺りに有...